2021アイアンマン70.3シリーズがドバイで開幕

IRONMAN

アイアンマン70.3ドバイが3月12日、日本時間の午前11時30分に男子プロカテゴリーからスタートする(エイジは11時40分より順次スタート)。2021年のアイアンマン70.3シリーズのキックオフとなるこのレース。新興トライアスロンエリアといえる中東・UAE(アラブ首長国連邦)に、プロを含む約1,400人のトライアスリートが集結し開幕を迎えることとなった。


近未来的都市ともいえるドバイを舞台に待ちに待ったシーズンが開幕 photo/Getty Images for IRONMAN

注目されるのは運営方式。このコロナ禍から生み出された新たな様式、『IRONMAN Safe “Return to Racing”』に基づいてレースは行われる。これは安全にレースを再開させるために衛生面やソーシャルディスタンスなど、アイアンマン主催者が熟考に熟考を重ねて作り上げた規格。具体的には、スイム待機所やトランジションエリアの拡大、1台のラックにセットするバイク数の制限、密を避けるためスイムスタートエリアを細分化しタイム(個別)スタート制を導入するなど。また非接触の体温計測ポイントを主要な場所に設置し、選手やボランティアのコンディションをスクリーニング。大会に関わるあらゆる関連者、ホストシティーなどの感染リスクを減らすことを目的としたレギュレーションになっている。これらを経てレースは、ついに2021年のスタートラインにつくことができたといえる。

ハンドブレーキがかかったシーズンが動き出す

前日11日に行われた記者会見で顔をそろえたプロ選手たちも、気持ちの高ぶりを抑えられなかった模様。昨年の女子プロカテゴリーの覇者、イモージェン・シモンズ(スイス)は、
「この素晴らしいドバイで13カ月前に行われた大会以降、私のシーズンもハンドブレーキがかかったままでした。そして今、再びレースに戻れることにとても興奮しています。正直、コンディションはベストではないと思いますが、そんなことはぜんぜん気にしていない。私にとってこの場にいること自体がスペシャルなことなのです。レースで38度の気温が予測され、過酷なコンディションが待ち受けていたとしても、この幸運を噛み締め、笑顔でレースに臨みたいです」とコメント。

ディフェンディングチャンピオンのイモージェン・シモンズも約1年ぶりのレースに喜びを噛みしめる(写真は昨年時のもの) photo/Getty Images for IRONMAN

アイアンマン・ハワイ4度の制覇、そして5回のアイアンマン70.3世界チャンピオンに輝いているダニエラ・リフ(スイス)は、
「ロックダウンの間、エンドレス・プールを導入するなどしてトレーニングしてきました。どのような結果がでるのか楽しみでもあります。この1年は次のレースがいつになるのか不安が続きましたが、一日一日できることを重ねてきて、ついにこの日を迎えることができました! こんなハッピーなことはありません」
プロカテゴリー優勝者のフラワーセレモニーは日本時間12日の午後4時に行われる予定。レースの成功と世界のトライアスロンシーズンの安全な船出を盛大に祝おうではないか。

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  6. 6

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  10. 10

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

おすすめ記事 過去の記事
  1. トライアスリートのためのTDF【TTバイク・番外編】スタート前のレースパドックをチェック

  2. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  3. コリンズ・カップは世界トッププロたちの重要ターゲットになり得たか

  4. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク② 〜セバスチャン・キーンレ & スコット・PLASMA 6 編〜

  5. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  6. IMセントジョージ特集 / 注目選手④ 〜クリスティアン・ブルメンフェルト & グスタフ・イデン/ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO 編〜

  7. 《Hawaii 特集》ダニエラ・リフ / シーズン・マネジメントの集大成を 〜アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介〜

  8. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  9. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  10. トライアスロンのグラミー賞 “GTA ’s” が開催 / ニナー賢治がルーキーオブザイヤー・アスリートにノミネート!

  1. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  2. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  3. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  4. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  5. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  6. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  7. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  8. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  10. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

TOP