ベェケゴーがコースレーコードで優勝/アイアンマン70.3 ドバイ

IRONMAN

2021年アイアンマン70.3シリーズのキックオフとなるドバイ大会が3月12日に開催された。
世界屈指の観光立国でもあるUAE(アラブ首長国連邦)で行われるレースの魅力のひとつはコースレイアウト。図抜けたラグジュアリー度を誇る公称“7つ星”ホテル、ブルジュ・アル・アラブを臨みながら泳ぐスイム。近未来都市を彷彿とさせる中心街を走り抜ける往復コースのバイク。ペルシャ湾をバックに整備されたランニングコースが映えるサンドビーチ沿いを1.5往復するこのレースに、約1,400人のトライアスリートが集結。記念すべき新しいシーズンを迎えた。

現地時刻の6時30分から順次レースがスタートした photo/Activ Images for IRONMAN

スイムはドバイのランドマークのひとつ、ブルジュ・アル・アラブホテルをバックに泳ぐ photo/Activ Images for IRONMAN

注目の男子プロカテゴリーは大接戦の中、1時間10分01秒のランラップをマークしたデンマークのダニエル・ベェケゴーが逆転優勝。女子プロは5度のアイアンマン70.3世界チャンピオンに輝いているダニエラ・リフ(スイス)が唯一4時間を切るタイムで制した。ベェケゴーは、ヤーン・フロデノ(ドイツ)がもつコースレコードを更新。いずれもレベルの高いマッチアップだった。

約1年のレースブランクを感じさせない力強さを見せたダニエラ・リフ photo/Activ Images for IRONMAN

「またレースに戻ってくることができて本当に幸せ。久々にほかの選手たちとスイムコースに飛び込み、レースを行う感覚は心地よいものでした。私がいるべき本来の舞台に帰ってきたような気分です」とレース後のダニエラ・リフ。
これはトッププロのみならず、1,400人すべての参加者が抱いた感覚であっただろう。
さて、このドバイに続くのは3月27日に延期となっているアイアンマン・ニュージーランド(アイアンマン70.3と同日開催)。いよいよフルディスタンスのアイアンマンもスタートする。

トランジションのラックにセットするバイク数を制限するなど、新型コロナウイルス感染対策として築き上げられた規格『Return to Racing(衛生面やソーシャルディスタンスなどをルール化した新しい運用様式)』に基づきレースは進行。この光景は今後世界各地のアイアンマン・シリーズで見ることになる photo/Activ Images for IRONMAN

【男子プロ結果】 SWIM BIKE RUN FINISH

1. Daniel Bakkegard         DNK   0:23:21  1:55:45  1:10:01 3:33:02
2. Filipe Azevedo              POR   0:24:13  1:54:40  1:10:58  3:34:03
3. Rasmus Svenningsson SWE   0:24:55  1:54:03  1:09:20  3:34:04
4. Andrea Salvisberg         SUI   0:23:21  1:55:38  1:11:06  3:34:05
5. Antony Costes             FRA   0:24:12  1:54:37   1:11:51  3:34:36

【女子プロ結果】

1. Daniela Ryf                SUI  0:26:39   2:08:36   1:16:50   3:56:54
2. Imogen Simmonds     SUI   0:26:31   2:08:54   1:22:10   4:02:02
3. Sara Svensk              SWE   0:29:18   2:09:32   1:21:22  4:05:17
4. Elena Danilova           RUS   0:26:34    2:16:39   1:19:40   4:07:37
5. Cecilia Perez              MEX   0:26:32    2:16:38   1:20:19   4:08:27 

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  6. 6

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  10. 10

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

おすすめ記事 過去の記事
  1. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  2. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト②

  3. ブルンメンフェルトがアイアンマン70.3世界選手権に出場 / ノーウィージェン・デュオの熱戦再び

  4. ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  5. 編集日記 〜劇的な再会〜

  6. 《Hawaii 特集》10月9日(日本時間未明)にアイアンマン・ハワイ男子プロがスタート / クリスティアン・ブルンメンフェルトの同一年世界選手権制覇なるか(男子プロ有力選手展望)

  7. IMセントジョージ特集 /【動画】で見るトップ選手のレース前ウォーミングアップ

  8. アイアンマン世界選手権2023の男子レースはフランス・ニースで開催決定。2026年まで男女レースの舞台をハワイ&ニースで交互開催に

  9. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  10. 《Hawaii 特集》“ラッキー・ハット”/ コナの王座をつかみとったグスタフ・イデン

  1. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  2. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  3. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  4. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  5. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  6. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  9. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  10. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

TOP