ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

TDF for Triathlete

 いよいよ7月末から東京五輪が始まる。トライスロンの舞台はもちろん東京お台場。レースの見せ場のひとつがバイクパートであるのはいうまでもなく、この高速&テクニカルなコースを各国選りすぐりのトライアスリートたちが究極のバイクを駆り疾走する。一方、現在行われているツール・ド・フランス(TDF)を見てみると、今回の五輪に出場するトライアスリートと同じメーカー・モデルを使用しているチームは多い。それらはどのようなスペックで投入されているのだろうか。バイクの特性とともに、TDF現地から最前線の情報をリポートする。

バンサン・ルイ(フランス)
使用バイク>スペシャライズド/S-WORKS TARMAC SL7

 すでに東京オリンピックのフランス代表を決めているヴァンソン・ルイ。2年連続のワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ(WTCS)チャンピオンで、今回のトライアスロン男子優勝の有力候補のひとりとなる彼が使用するのが、ツール・ド・フランスでも注目されているオールラウンドモデル『スペシャライズド/S-WORKS TARMAC SL7』だ。
 スペシャライズド・ブランドのバイクは、アイアンマンのみならずWTCSでも多く使用されている。先月行われた横浜大会を見ても2015年以降、確認できているだけでもダントツのトップシェアを誇り、また多くのウィニングバイクを輩出してきた。
 S-WORKS TARMAC SL7 はターマックのラインはでオールラウンド・ロードモデルのフラッグシップとなる。軽量性、エアロダイナミクス、そしてシビアなハンドリングなど、現行ロードバイクの頂点の一台といえるモデルである。

<ツール・ド・フランスで使用するチーム>
・ボーラ・ハングスローエ(ドイツ)
・ドゥクーニンク・クイックステップ(ベルギー)

ボーラ・ハングスローエ、ドゥクーニンク・クイックステップの2チームとも(タイムトライアルを除く)19ステージすべてを S-WORKS TARMAC SL7 で戦う

 両チームとも2019年まではエアロロードとなるヴェンジと、オールラウンドモデルのターマックをコース特性や選手の好みにあわせて使い分けていた。しかし S-WORKS TARMAC SL7 が出た2020年大会からはバイクを1本化。つまり新型ターマックは、平坦な高速ステージからテクニカルコース、そしてヒルクライムまでをこれ1台で十分乗り切る性能を備えていることを表している。
 このニュータイプ(幅広いコース適応特性をもつモデル)ともいえるオールラウンドバイクは、ここ2年ほど前からのツールでもトレンドとなっていて、ピナレロ/F12に始まり今年はラピエール/エアコードDRSなど各メーカーが新モデルを輩出、あるいは熟成を重ねていることは、トライアスリートも知っておきたいところだ。
 ツールに出場しているボーラ・ハングスローエとドゥクーニンク・クイックステップのバイクの仕様はほぼ同じ。メインとなるコンポーネンツこそシマノ・デュラエースだが、ホイールなどエキップメントはスペシャライズド傘下のメーカーでそろえられている。

シマノ・コンポーネンツのツール・ド・フランスにおけるシェアはもはや圧倒的になった

ボーラ・ハングスローエでは前後で違うリム高のホイールを組み合わせるライダーが多い

 ビッグメーカーらしいアッセンブルともいえるが、特に注目したいのはロヴァールのエアロホイール。リアに50mm、フロントにそれよりもハイト(リム高)が低いホイールの組み合わせをチョイスしている選手が多く、高い次元でのエアロ効果と操作性のバランスを目指していることがわかる。
<取材協力>Triathlon GERONIMO ※リンク

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【Challenge Roth 特集】世界最大のトライアスロン大会エキスポ。チャンレンジ・ロート発信のアイテムをチェック ②

  2. 【 IM世界選手権ハワイ・レビュー】ついに、つかめたタイトル / ルーシー・チャールズ – バークレーの挑戦

  3. アイアンマン・セントジョージ特集 / 写真で見るチャレンジングなコース。タフなバイクパートが勝負を分ける

  4. アイアンマン世界選手権2023・ニース大会。そのレースプロフィールに迫る ②

  5. IMセントジョージ特集 / 注目選手⑤ 【動画】で見るキャメロン・ワーフ & ピナレロ・BOLIDE TR +

  6. 【IMニース世界選手権・特集】 IRONMAN Village・大会エキスポ探索 ① 〜アイアンマン・グッズ編〜

  7. 『完全レース』再び! テイラー・ニブがアイアンマン70.3世界選手権を連覇 / プロ女子レース分析

  8. 『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

  9. トライアスリートのためのTDF【TTバイク・番外編】スタート前のレースパドックをチェック

  10. PTO USオープンが 8月5日、8月6日の 午前6:00(日本時間)にそれぞれ開催 / ヤーン・フロデーノのミドル・ラストレースに注目

  1. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  3. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  6. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  9. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  10. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

TOP