2022ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ横浜 / “Go for PARIS 2024 ! ” ②

大会レポート(国内)

2022年のワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ(WTCS)の開幕戦となった5月14日の横浜大会。女子に続き13時06分からスタートした男子エリートの日本人選手では、昨年東京オリンピック出場の小田倉真(三井住友海上)が9位に追い上げ、大いにレースを盛り上げた。

バイク終了時には出場者ほぼ全員が集団となる混戦に。そこから日本人選手では、まず北條巧(NTT東日本・NTT西日本)がトップグループでランをスタート。しばらくして、ニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)も上位を伺える位置につけるなど、沿道の応援者に大きな期待を抱かせた。(写真下)

ただレースが進むに連れふたりの順位は後退し、代わって後半に小田倉が、「久しぶりの世界トップ選手とのレースだったので、(ラン)序盤は手探りでのペーシングでしたが、中盤過ぎから上げていけました」と粘り強く順位を上げ、ラストのスパート合戦を経てシングル順位を獲得。ただ、レース後のインタビューでは意外な葛藤も吐露していた。

「今回は東京オリンピック後の初レースで、自身のトライアスロン人生第二のスタートという位置づけでした。昨年の五輪後に3カ月ほど休養をとったのですが、その間いろいろなことが頭をよぎり、『自分はトップで世界と戦うのには相応しくないのかな』と引退することも考えていたのです」(小田倉)
「その間、東京五輪のVTRを何度も見ました。そうしているうちに、敵わないと思っていたトップ選手たちに対して、少しやりかたを工夫すればまだまだ(差を)詰めていけるのではないか、という思いが芽生えてきたんです。そしていろいろな方にも相談して、続けていくことを決めました」
現状は、いきなり「パリを目指す」というのではなく、一歩一歩ステップを積み上げていくイメージだという。

「その過程で、いろいろな自分の可能性にチャレンジしていければとも考えています。将来はアイアンマンなどロングのレースにも挑戦したいですし」という。
昨年の同レースではオリンピック出場を確実のものとし、キャリアのターニングポイントになった。そして今年また同じ横浜で、次のステージへの大きな鍵をつかんだような印象であった。

さて、ラン勝負に持ち込まれたトップ争いは、序盤からイギリスのアレックス・イーとヘイデン・ワイルド(ニュージーランド)の激しい一騎打ちに。お互い、一歩も引かずフィニッシュ目前まで勝負はもつれたが、最後はランのキレを生かしたイー(写真下)が接戦をものにしトップでテープを切っている。

【アイアンマン70.3世界記録保持者、マルテン・ファンリールをキャッチ】
今回 TRIATHLON LIFE が気になった選手のひとりにベルギーのマルテン・ファンリールがいる。オリンピックディスタンスを主戦場にしながらも(昨年は東京五輪にも出場)、今年3月の アイアンマン70.3ドバイ で、3時間26分06秒という世界記録を樹立。そのポテンシャルの高さを世に知らしめており、彼に今後のレース予定などについて聞いてみた。

「ショートとミドルの両立は私には難しいかな。今はミドルは比較的対応できる自信があるのですが、ショートに難しさを感じています。オリンピックディスタンスはますます厳しくなっている。バイクでは決着がつきにくく、ランでの決定力がさらに重要になっているので、その部分を強化しなければなりませんね。
70.3の世界選手権ですか? う〜ん、ちょっとそれはまだ何とも。これまで同様51.5kmを中心にやっていく予定で、パリ・オリンピックを目指すのが第一の目標なので。2024年以降はアイアンマンもあり得ますね」(ファンリール)
彼のコメントを聞くと、クリスティアン・ブルンメンフェルトのすごさがさらに伝わってくるようでもあった。

【エリート男子・上位リザルト】
1位 アレックス・イー(イギリス) 1:43:30
2位 ヘイデン・ワイルド(NZ)   1:43:40
3位 レオ・ベルジェール(フランス)1:43:59
9位 小田倉真           1:45:02

>> エリート女子レースレポート ※リンク

>> 詳細リザルトはこちら ※リンク


関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  6. 6

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  10. 10

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

おすすめ記事 過去の記事
  1. アイアンマン世界選手権2023の男子レースはフランス・ニースで開催決定。2026年まで男女レースの舞台をハワイ&ニースで交互開催に

  2. 世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  3. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

  4. 《Hawaii 特集》チェルシー・ソダーロ / アメリカン・ニューヒロイン誕生の瞬間 〜アイアンマン・ハワイ女子プロレースレポート〜

  5. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  6. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク① 〜ローラ・フィリップ & キャニオン・Speedmax CFR 編〜

  7. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  8. コリンズ・カップは世界トッププロたちの重要ターゲットになり得たか

  9. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  10. ブルンメンフェルトがアイアンマン70.3世界選手権に出場 / ノーウィージェン・デュオの熱戦再び

  1. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  2. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  3. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  4. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  5. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  6. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  7. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  8. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  9. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  10. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

TOP