【Harry’s Shots】ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ 横浜2023

大会レポート(国内)

トライアスロンの “今” を35年間撮り続けてきたハリーこと播本明彦カメラマンの目がとらえたトライアスロン・ギャラリー特集『Harry’s Shots』。5月13日に行われたワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ(WTCS)2023横浜大会では、優勝者のコメントなども交え、2024年パリオリンピックを目指すアスリートたちのパフォーマンス・シーンを切り取る。(写真をタップするとフルサイズで見られます)

【男子優勝】ヘイデン・ワイルド(ニュージーランド)
「ランは自分のストロングポイントなので、(バイク終了後)迷うことなく先頭に出ることができた。日本は僕にとって良い印象があるよ。東京でメダルを獲っているし、横浜でも過去2回表彰台に乗っているしね(昨年のWTCS横浜大会2位)」

【男子11位】ニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)
スペイン・シエラネバダでノルウェー・チームと約1カ月間の高地合宿を経て参戦したレースに、「高地トレーニングの手応えは十分に感じられました。今回トップとは55秒差でしたが(今日の)2位、3位はそんなに遠くなかったと思う。世界のトップは手の届くところにある。自信はあります」

【男子19位】北条巧(NTT東日本・NTT西日本/写真先頭)
「去年の横浜大会後からなかなか良い結果が残せていなかったのですが、今回、バイク、ランは今までのレースに比べるとたいぶいい動きができていたので、もう少し修正すればベストテンは取れるかなという手応えでした。パリオリンピックの表彰台を狙っているので、あらためてこのレースをきっかけにして頑張っていきたいと思います」

バイク途中では非常に激しい雨が打ち付けるタフなレースコンディションだった。

スイムで出遅れたが、バイク40kmをひとり53分30秒を切るタイムをマーク(53分20秒)し終始トップを伺う位置でレースを進めたクリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー/写真上)。1週間前にスペイン・イビザ島で PTOツアー(S2km/B80km/R18km)に出場し、長時間の移動を経ながらも驚きのパフォーマンスを見せた。

マシュー・ハウザー(オーストラリア/左)が男子2位、バスコ・ビラサ(ポルトガル/右)が3位のポディウムを獲得

【女子優勝】ソフィー・コールドウェル(イギリス)
男子に先駆けてスタートした女子のレースも途中、非常に強い雨に打ち付けられる厳しいコンディションの中、ランでライバルたちを引き離して勝利した。

「(ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ)初めての優勝で、言葉を失うくらいとてもエモーショナルな気持ちが湧いています。来年のオリンピックに向けては、まずはイギリスの代表に選ばれるよう、そこを目指して頑張っていきたいと思います」(コールドウェル)

【女子2位】ロサ マリア・タピア ビダル(メキシコ)
初めての来日、もちろん日本のレース初出場での表彰台獲得に、「(来るのを)楽しみにしていた日本で勝てて非常に幸せ。次のチャンピオンシップ・レースになる2週間後のカリアリ大会(イタリア)に向けて頑張ります」

【女子29位】佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ/写真中央)
「バイクでは第2集団を走り、その中で勝負できれば16位以内も見えていたのですが、ラン前半で後続集団の何人かに抜かれて順位を落としたのは痛かったなと思います。バイクは自分の弱点なのですが、今日は集団の前方で積極的にレースを進められたという手応えはありました。でもその後のランに繋がっていないので、そこは今後の課題として次のレースにもっていきたいと思います」

【女子3位】テイラー・ニブ(アメリカ)
「もちろん、この後(オリンピックを目指して)ショートのレースをメインに出場していきますが、それに限らず(今年も)ミドルディスタンスなどのレースにチャレンジしていきたい。私はニコラ(・スピリキ/スイス)のようなマルチで強いアスリートに憧れているんです」

 TRIATHLON LFE の Facebookページ

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  6. 6

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  2. 2024年アイアンマン世界選手権ニース(女子レース)の出場枠獲得の新たなフロー & シリーズ全大会の男女スロット内訳を公表

  3. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  4. ツール・ド・フランス2021特集 TTバイク速攻リポート

  5. 〜 IMセントジョージ・大会レポート② 〜 トライアスリートの肖像

  6. 【ロング・トップアスリートバイク最前線】CUBE『AERIUM C:68X』/ ルーシーをハワイ女王へと導いた多機能モデル

  7. トライアスロンのグラミー賞 “GTA ’s” が開催 / ニナー賢治がルーキーオブザイヤー・アスリートにノミネート!

  8. アイアンマン世界選手権ニース【動画レビュー】

  9. チェルシー・ソダーロ / トライスリート、母親、そしてフロントランナーとして。

  10. PTO USオープンが 8月5日、8月6日の 午前6:00(日本時間)にそれぞれ開催 / ヤーン・フロデーノのミドル・ラストレースに注目

  1. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  2. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  3. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  4. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  5. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  6. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  8. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  9. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  10. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

TOP