賞金総額各1億1,000万円のシリーズ戦 2022シーズンの新基軸に加わる注目の “PTOツアー”

距離フォーマットや様式は違うものの、ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ、アイアンマン・シリーズ、チャレンジ・ファミリー(シリーズ)など、世界で幅広くネットワーク展開しているメジャー・トライアスロン大会(組織)に、ニューフェイスが2022シーズン加わる。

“PTOツアー”
プロ・トライアスリートのランキング化事業やレース開催などを通じ、トライアスロン・コミュニティの発展&成長を目的として設立された Professional Triathletes Organization(PTO)が2022年に新たにリリースするトライアスロン・イベントだ。
2014年にイギリスで生まれたPTOは2021年の8月、スロバキアで初開催された観戦型エリートレース『コリンズ・カップ』を主催。これはPTOが策定する前述のプロ年間ランキングをベースに選抜された、男女36人のトップトライアスリートが出場した大会で、その賞金の総額はなんと1億6,000万円。優勝者に1,000万円という破格のプライズマネーが与えられ、世界的には非常に大きな注目を集めていた。

今年8月のコリンズ・カップの表彰式ではビッグイベント誕生の祝福ムードが随所に漂っていた

PTOは早くから来年のコリンズ・カップ開催を表明していたが、2022シーズンはさらに規模を拡大し “PTOツアー” として実施するとこの度発表している。
具体的には、USオープン、カナダ・オープンの2レースを新たに立ち上げ、引き続きコリンズ・カップをシーズンのチャンピオンシップ的な位置づけとして開催するという内容。それに加え、2023年にはヨーロッパ・オープン、さらにはアジア・オープンの新規大会を加えていく予定もあるという。
<2022シーズン・PTOツアー大会予定>
・7月23〜24日 PTOカナダ・オープン(カナダ・エドモントン)
・8月20〜21日 コリンズ・カップ(スロバキア・ブラチスラヴァ)
・9月17〜18日 PTO・USオープン(アメリカ・ダラス)

と、ここまで記してイメージされるのは、テニスやゴルフのプロ・シリーズ大会だ。全米オープンや全英オープンなどといったメジャー大会が、これらの競技では高いステータスを誇り、さらにテニスではシーズン最後にチャンピオンシップ・トーナメントが実施されているわけだが、PTOツアーはそんな全体フローにも見て取れる。

実際のところ、PTOが主宰するプロ・ランキングシステムは、ゴルフやテニスの世界ランキングをモデルに創設したとしており、そういう意味でコリンズ・カップは、テニスの年間王者決定戦となるATPファイナルズと同じ位置付けとなる。

今年の男子レースを制したヤーン・フロデノ(写真左)、アイアンマン70.3世界選手権優勝のグスタフ・イデン(右)など豪華なメンバーが集結。2022年大会ももちろん彼らは視野に入れていることだろう

それぞれのレースのレギュレーションはまだ未発表だが、今夏に実施されたコリンズ・カップのフォーマットが、スイム2km、バイク80km、ラン18kmだったことから、ミドルディスタンス基調となることが予想される。
これはアイアンマンを主戦場にしているアスリートはもちろん、51.5kmで実績を残す選手もカバーできるといえる設定。ロングを得意とするトライアスリートにとっては、出場レースでの消耗度が比較的に(フルディスタンスと比べて)低いだろうから、年間レーススケジュールに組み入れやすいはず。一方、オリンピックイヤーが一段落した51.5km組は、すでに新たな活動フィールドを広げている(ミドルディスタンスなどに出場している)選手も多いのが現状だ。

東京五輪3位のケイティー・ザフィアエスなどオリンピック組も多く出場した

それに加えPTOは、このツアーの賞金総額を各100万ドル(約1億1,000万円を2レース)、さらにコリンズ・カップは引き続き150万ドルと発表しており、プロアスリートとしては必然的に注目すべきシリーズとなるだろう。
その賞金内訳はこれからの発表となるようだが、仮に今年のコリンズ・カップのようなレギュレーション(配分)となれば、単一のレースとしては超破格。まさにテニスやゴルフのメジャー大会と肩を並べるチャンピオンシップ・イベントとなり、これらからも、距離関係なく『最強のトライアスリート決めるシリーズ戦』として成長していく可能性も十分秘めているといえる。
(2021年コリンズ・カップの賞金は男女トップに各1,000万円、2位に900万円と順に配分され、出場中最後となる18位の選手にも200万円が与えられている)

実際、今年のコリンズ・カップではヤーン・フロデノ、パトリック・ランゲ、セバスチャン・キーンレ、そしてダニエラ・リフの男女のアイアンマン・ハワイ覇者や、東京オリンピック・女子トライアスロン銅メダリストのケイティー・ザフィアエスやテイラー・ニブ、さらには2017年ITUロングディスタンス世界選手権覇者のライオネル・サンダースなど、世界のメジャーレースのタイトルホルダーたちが名を連ねていた。

2021年はセバスチャン・キーンレ(左)、ライオネル・サンダース(右)の激しいマッチレースも展開された(写真左)/ルーシー・チャールズ-バークレーは女子トップタイムをマーク(写真右)

さらに、2022年の大会ではエリートだけでなく、一般のエイジグループ・レースが実施される予定。シリーズ3大会のいずれも土日の2日開催スケジュールとなっており、自身のレース出場、そしてトッププロのレース観戦がセットで楽しめるイベントとなるのだろう。
この一般カテゴリーのエントリー開始は2022年1月25日予定となっているので、興味のある人は下記の大会HPからチェックしてもらいたい。

まだまだ全容は明らかにされていない部分が多いシリーズ・イベントだが、これはこの先のコロナウィルス感染の動向を勘案すれば、やむを得ないところでもあるだろう。
しかし、いずれにせよ、このPTOツアーは2022シーズンの世界のトライアスロン・シーンにおいて多大な注目を集めるイベントとなることは必至。今後のトップ・プロトライアスリートの動向にも少なからず影響を与えることになるはずだ。
TRIATHLON LIFE では引き続きPTOのシーズン活動にも注目をしていく。

>> TPOツアーのホームページ ※リンク

【プロモーション映像】


関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  3. 3

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  4. 4

    【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  5. 5

    新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  6. 6

    ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  7. 7

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  8. 8

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  9. 9

    ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  10. 10

    沖縄キッズトライアスロン【動画リポート】

おすすめ記事 過去の記事
  1. 九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  2. 水郷潮来トライアスロン2020【動画リポート】

  3. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  4. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  6. ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  7. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  8. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  9. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  10. 編集日記 〜劇的な再会〜

  1. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  6. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  7. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  8. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

  9. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  10. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

TOP