また注目レースを制したブルンメンフェルト。2021シーズンを締めくくる “CLASH DAYTONA” が開催

大会レポート(海外)

クラッシュ・デイトナ。2000年前半にドイツ南部、ロートで誕生した「チャレンジ・ロート」が発祥となり、ミドル〜ロングディスタンスの種目を中心としたトライアスロン大会として、世界各国でネットワークを広げている “チャレンジ・ファミリー” のシリーズ・イベントのひとつで、アメリカ・フロリダ州にて12月に行われるレースだ。
前回までは “チャレンジ・デイトナ” として開催。昨年は世界中のメジャーレースがコロナウィルスの影響で中止になる中、男女プロの優勝者それぞれに約1,100万円、総額1億1,500万円という破格の賞金を用意して大きな注目を集めていた。
今年は、その相当賞金を8月に実施された コリンズ・カップ に譲ったかたちで、大会名も一新され開催されている。
ちなみに、2022年3月には同じフロリダで、シリーズレースとなる「クラッシュ・マイアミ」が予定されているとのこと。

舞台となるのはデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ。
カーレースで有名なオーバルコースをメイン会場として3種目を実施。レースウィークとなる12月3日(金)から5日(日)の間、キッズトライアスロンに始まり、5kmのラン&ウォーク、スプリントトライアスロン(S800m+B20km+R5km)、スプリントデュアスロン(R1.6km+B20km+R5km)、ミドルトライアスロン(S1.9km+B90km+R21km)、ミドルデュアスロン(R5km+B90km+R21km)と一般種目がラインアップ。
まさにトライアスロンの祭典で、メインとなるプロカテゴリーのトライアスロンは12月4日に実施、距離はスイム2km+バイク80km+ラン18kmのレースとなる。

注目はアイアンマンでも注目されている豪華な出場アスリートたちだった。
男子は何といってもクリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー/写真下)だ。彼は2週間前にメキシコのリゾート地で行われたアイアンマン・コスメルで7時間21分12秒のアイアンマンのレーコードタイムをマークして優勝。そのまま舞台を約800km北東へ移し、3時間8分31秒という、これも圧倒的なパフォーマンスを披露して優勝している。

女子は9月に実施されたアイアンマン70.3世界選手権で9位に入っているアメリカのジャッキー・へリング(写真下)が、ルーシー・ホール(イギリス/写真最下)を抑えてトップでフィニッシュ。タイムは3時間32分49秒だった。

このクラッシュ・デイトナは先述のコリンズ・カップを主催する組織、PTO(Professional Triathletes Organization)の関連大会であり、各国のトップアスリートからも注目されているイベント。もちろん、PTOが主催するプロランキング・ポイントの対象大会だ。
この2021年ランキングは12月末で確定し、男女ランキング1位に与えられる賞金1,100万円(総額で2億2,000万円)の行方にも注目が集まるところ。

世界のトライアスロン・シーンは新しい価値観の創出や、次世代イベントの誕生による影響も受けながら、2022シーズンに向けて激しく動き始めている。

【注目記事】
ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー/次世代トレーニング・アイテムに注目

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

おすすめ記事 過去の記事
  1. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  2. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  3. アイアンマン世界選手権ニース 写真集 / Galerie de ONOGUCHI 〜ギャレ・ドゥ・オノグチ〜

  4. 《Hawaii 特集》ブルンメンフェルトが語る “カデックス TRI” / アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介 & 注目バイクチェック

  5. 22歳のボーゲンがIM70.3世界選手権の史上最年少チャンピオンに輝く / 男子プロの表彰台はドイツ勢が独占

  6. 『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

  7. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. チェルシー・ソダーロ / トライスリート、母親、そしてフロントランナーとして。

  9. 〜 IMセントジョージ・大会レポート② 〜 トライアスリートの肖像

  10. アイアンマン世界選手権ニース【動画レビュー】

  1. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  2. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  3. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  4. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  5. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  7. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  8. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  9. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  10. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

TOP