トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

TDF for Triathlete

トップチューブ前部に沿って、フィンのようなデザイン形状を取り入れたステム、専用設計されたハンドルとエアロバーなど、現在のTTバイクでは定石ともいえる機能ををひちはやく取り入れた ジャイアント・トリニティ ADVANCED PRO TT。ツール・ド・フランスでは、チーム バイクエクスチェンジ・ジョイコが導入している。

バイクメーカーとしての表記は『トライアスロン/TTバイク』となっていて、その順序からしても、トライアスロン色が強い印象がある。実際、フロントにボックス型&ハンドル一体式デザインのハイドレーションや、トップチューブには補給食入れをセットできるようにもなっている。

リア周りのフレーム形状などをみるとトライアスロン専用設計に見えなくもないが、ロードレースのTTバイクの基準も満たしているモデルだ

一方で、UCIのロードレース車両規定にも完全対応しており、ロードタイムトライアル向け仕様としても利用できる。サーヴェロのP5と同じ位置づけともいえるだろうか。

このバイクの別の特徴のひとつに、CADEX(カデックス)のホイールが装着されている点が挙げられる。
カデックスは世界最大規模の自転車メーカーであるジャイアントが、実戦でのテストを経てリリースしたプレミアム・パーツブランド。独立したプロダクトメーカーとして誕生以来、カーボンスポークを用いた軽量ホイールや、専用設計のサドルなど、技術の粋を結集させたプロダクトを数多く排出してきている。

一方で、現在もっとも注目されているトライアスリートのひとり、クリスティアン・ブルンメンフェルトが、カデックス初となるトライアスロンバイクを導入し、5月のアイアンマン世界選手権(セントジョージ)などを制したことは記憶に新しい。

一方、トリニティ ADVANCED PRO TT に関しては、トライアスリートでは、昨シーズンまでブルンメンフェルトがノンドラフティングレースで使用(写真下)。12月にメキシコで行われたアイアンマン・コスメルで、7時間21分12秒の男子アイアンマン・レコードを叩き出したことでも知られている。そして現在も、同僚であるグスタフ・イデンが決戦バイクとして使用している。

そういう点でも、ジャイアント ✕ カデックスというセッティングは、トライアスリートも注目すべき組み合わせといえるだろう。

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  2. 2

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  3. 3

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  7. 7

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  8. 8

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】タデイ・ポガチャルの注目決戦バイクをチェック

  2. 【Harry’s Shots 2024】 全日本トライアスロン宮古島大会

  3. 【ミヤヅカの提言】理想的フォーマットだった今年の宮古島大会 / “宮塚英也のトライアスロン EYE”

  4. PTO USオープンが 8月5日、8月6日の 午前6:00(日本時間)にそれぞれ開催 / ヤーン・フロデーノのミドル・ラストレースに注目

  5. 6月16日にアイアンマン・ケアンズが開催。プロシリーズ戦に参加する上田藍選手、巖淵知乃選手、そして寺澤光介選手を応援しよう! ライブストリーミングも実施 / 今週末はアイアンマン・フランス(ニース)にも注目

  6. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  7. ブルンメンフェルトが駆る “CADEX・トライアスロンバイク”/2022シーズンを席巻するか

  8. アイアンマン世界選手権2023・ニース大会。そのレースプロフィールに迫る ①

  9. アイアンマン世界選手権 Women(ハワイ)のプロ出場者リストが発表 / テイラー・ニブのフルディスタンス初挑戦なるか

  10. PTOとワールドトライアスロンが提携してロングディスタンス世界選手権ツアーを来年開催

  1. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  2. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  3. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  6. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  7. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  8. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  10. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

TOP