【IMニース世界選手権・特集】 IRONMAN Village・大会エキスポ探索 ① 〜アイアンマン・グッズ編〜

プロダクト

フランス・ニースで初めて開催される ”世界選手権” のアイアンマン・エキスポ。その注目アイテムなどを2回に分けて紹介する。

第一弾は大会オフィシャルショップで販売&展示されていた、アイアンマンのパートナーシップ・メーカーの垂涎ものプロダクトをダイジェストでピックアップ。ワールドチャンピオンシップ特別のアイアンマンのマークをあしらった限定モデルもあり要チェックだ。(※写真をタップするとフルサイズで見られます)

【 エコイ / ekoi 】
2001年にフランスで誕生したサイクル用品メーカーの ekoi(エコイ)。ヘルメットやアイウエア、アウターなどを中心にリリースしている新興サイクルブランドは、主にヨーロッパ市場で評価を高め、輩出されてきたレーシング・エキップメントだ。

昨年からはアイアンマン・ヨーロッパシリーズのサプライヤー・パートナーとしても商品をリリース。オフィシャルショップではヘルメットを中心展開していた。

ekoi はトライアスロン界ではパトリック・ランゲ、アンネ・ハウクのアイアンマン世界選手権チャンピオンなどが使用していることでも有名。
そういったトップアスリートからのフィードバックをさらなる商品開発に反映させている点も、メーカーアドバンテージにつながっているという。

【 ブライトリング 】
アイアンマンのプレミアム・グローバルパートナーである BREITLING(ブライトリング)。注目は世界選手権の特別アイアンマン・マークが印されたモデルだ。まさに一点ものようなスペシャル・ウォッチはプレミアがつくこと間違いなし。ちなみに価格は 3,950ユーロなり!

またタイトル写真にある ノーマル(?)マークモデルは 3,550ユーロと記載されていた。。。

【 サンティーニ(Santini)】
イタリアのサイクルウェアブランドのサンティー二。こちらもアイアンマンのプレミアム・グローバルパートナー、そして国際自転車競技連合(UCI)の公式パートナーでもある。

エキスポではおなじみのトライウエアのほかに、やわらかな色合いのモデルが印象的なサイクルジャージも見られた。ちょっとほかと違ったデザインを着こなしたいという人にもオススメだ。

ブルーやピンクなどソフトなカラーデザインが印象的

【 HOKA 】
HOKA のコーナではリカバリー・フリップにフォーカス。レースに持っていけば目立つこと請け合い。大会期間中の移動やレース後、足元をリラックさせるデザインが採り入れられている点がグッドだ。

また昨年から展開してるというアイアンマン・バーションのアパレルにも注目したい。

【 ROKA 】
サイド部にワンポイントであしらわれたマークがオシャレなアイウエアに注目。

また ROKA のコーナーでは、フレンチ・トリコロールに色分けされた、ご当地レースのスペシャルモデルを(販売員に)強く進められた。フランスに来たからには、やはりこちらのほうか?

【 コンプレスポーツ 】
ジャンルを問わず世界のトップアスリートも愛用する、スイスで生まれたアウトドアスポーツブランドのコーナでも、世界選手権の特別アイアンマン・ロゴがデザインされたモデルに注目が集まる。

ミッド・コンプレッションソックス(写真上)とトップレーシング(下)2種類のモデルが展開されていた。

トップレーシング・ソックスはハイカットモデルで走りのスピードを追求するアイテムだ

【 LULULEMON(ルルレモン)】
ルルレモン・アスレティカは、もともとはヨガウェアなどを展開していた北アメリカ発のスポーツアパレルメーカー。シンプルなデザインと素材の質感が特徴的でカジュアルに走るときにも合いそう。 

>> アイアンマン世界選手権ニース の特集ページ

《 次回のエキスポ特集② はスペシャル・ブース編》
これまで一般公開されて来なかった BMC のトライアスロン&タイムトライアルバイクなど、注目のプロダクトを紹介!

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  6. 6

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. トライアスリートのためのTDF / ヨナス・ヴィンゲゴーのマイヨジョーヌ獲得をアシストしたサーヴェロ・新型 S5

  2. ツール・ド・フランス2021特集 バイクシェア1位。キャニオンの新モデルに注目 <キャニオン/エアロードCFR Disc>

  3. “BOULDER/メッシュバッグ”  あらゆるシーンにフィットする多機能ストレージが登場

  4. アイアンマン世界選手権2023・ニース大会。そのレースプロフィールに迫る ②

  5. ブルンメンフェルトがアイアンマン70.3世界選手権に出場 / ノーウィージェン・デュオの熱戦再び

  6. 【4K動画レポート】スワコ エイトピークス トライアスロン2022/注目ミドル大会のコースの魅力を徹底紹介

  7. 【 IM世界選手権ハワイ】テイラー・二ブ。無限の可能性を秘めたタレント / ハワイ注目選手 ③

  8. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  9. 《Hawaii 特集》アイアンマン・ハワイ / プロ選手レース記者会見【動画レポート】

  10. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

  1. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  2. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  3. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  4. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  5. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  7. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  8. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  9. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  10. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

TOP