バンサン・ルイが参戦 “CLASH DAYTONA”/ 観戦&参加型へと進化する世界のミドルレース

大会レポート(海外)

アメリカ南東部、温暖な気候で保養地としても有名なフロリダで12月2〜4日にラッシュ・デイトナが開催。アメリカ国内で実施される新興シリーズ『CLASH ENDURANCE(クラッシュ・エンデュランス)』がスタートした。(全3戦実施予定)

今回のプロ・レースで注目を集めたのは、この1週間前にUAE・アブダビで実施されたワールドトライアスロン・チャンピオンシップ大会の男子エリートを征し、シリーズランキング1位となったレオ・ベルジェール(写真下)と、同レース7位に入ったバンサン・ルイのフランス勢のエントリー。

今年5月のワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ横浜大会(写真)で3位に入ったレオ・ベルジェール。世界一を決める11月のアブダビ大会ではポディウムの中央に立った

51.5km最高峰レースの激闘後すぐに舞台をアメリカに移し、(アブダビ大会から)レース距離を延ばしてのエントリーとなった。(その後、ベルジェールは体調不良により出場をキャンセル)

このイベント、一昨年までは “チャレンジ・デイトナ” の名称で、2020シーズン締めくくりとして、男女プロの優勝者それぞれに約1,100万円、総額1億1,500万円という破格の賞金を用意。
当時は新型コロナウイルスの蔓延により、各国ほとんどのレースがキャンセルになる中開催され、ポストコロナ・イベントの先駆けとなった大会で、昨年はクリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー)が出場&優勝したレースでもある(写真下)。

大会の舞台となったのはデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ。
カーレースで有名なオーバルコースを主会場として3種目を実施し、メインとなるプロカテゴリーのレース距離は、今年はスイム1.6km+バイク60km+ラン16km。賞金の総額が1,350万円のイベントとなっている。

大きな特徴はそのプロ・レースを中心に、一般参加・エイジグループの多様なカテゴリーが開設されている点だ。
レースウィークとなる12月2日(金)から4日(日)の間、5kmのラン&ウォークに始まり、キッズトライアスロン、スプリントトライアスロン(S800m+B21km+R5km)、スプリントデュアスロン(R1.6km+B20km+R5km)、ミドルトライアスロン(S1.6km+B90km+R21km)、ミドルデュアスロン(R5km+B90km+R21km)、そして1マイル・スイムの一般種目がラインアップ。
まさにトライアスロンの祭典といえる。

3月開催となる『CLASH ENDURANCE』シリーズのマイアミ大会もサーキットコース(マイアミ・スピードウェイ)が舞台となっている

近年、海外では潤沢な賞金総額などを打ち出した新規のミドルディスタンス・シリーズが誕生し、トップ選手たちの動向にも変化が生まれている。
それは、フローラ・ダフィ(バミューダ/写真下)やテイラー・ニブ(アメリカ)、ブルンメンフェルトなど、五輪チャンピオン&メダリストの2022シーズンを見ると分かりやすい。

ダフィは今年、コリンズ・カップに代表されるPTO (Professional Triathletes Organization)が主催するミドルディスタンス・レース2大会(S2km、B80km、R18km)、そしてアイアンマン70.3世界選手権に出場。ニブもPTOレース、アイアンマン70.3(2大会)に出場している。
一方でブルンメンフェルトの今季の活躍については説明の必要がないだろう。

4月のアイアンマン70.3オーシャンサイド大会(カリフォルニア)で優勝。51.5kmからミドルまでトップランクの走力を示したテイラー・ニブ

そして今回、バンサン・ルイとレオ・ベルジュールのオリンピアンたちがクラッシュ・デイトナにエントリーしてきたというわけだ。
ただ残念ながら、ベルジュールはマイアミ入りした後、体調の不良により出場をキャンセルしたが、ルイがバイクパートでスペシャライズド・S-Works Shiv を駆り優勝。
また新たなフィールドを広げることに成功している(タイトル写真)。

前述のとおり、このイベントの特徴のひとつは単なるエリート・レースではなく、多くのエイジグループ・トライアスリートがレース期間中に各々のイベントに出場。そして自身のレースとあわせてトップ選手のパフォーマンスを楽しめるというスタイル。
こうして新生スタートを切っている “クラッシュ・エンデュランス” シリーズは、来年3月10〜12日にアメリカ・フロリダ州マイアミで、その後ニューヨーク州ウォトキンズ・グレンでも開催される予定だ。

クラッシュ・デイトナのプロ・女子レースで優勝したアンジェリカ・オルモ(イタリア)。彼女も昨年の東京五輪に出場したオリンピアンだ

このようなミドルディスタンス・イベントはここ数年増えてきており2023年以降、その傾向はさらに加速すると考えられる。もちろん、世界のトッププロたちも活動視野に入れていることだろう。

《クラッシュ・デイトナ上位リザルト》
【プロ男子】
1位 Vincent Luis (FRA) 2:23:48      
2位 Joao Pereira (POR) 2:24:12
3位 Jason West (USA) 2:24:58
【プロ女子】
1位 Angelica Olmo (ITA)  2:40:11
2位 Sara Perez Salla (ESP) 2:40:39
3位 Julie Derron (SUI)   2:41:55         

>> クラッシュ・エンデュランスのホームページ ※リンク

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  6. 6

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  10. 10

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

おすすめ記事 過去の記事
  1. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  2. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

  3. トライアスリートのためのTDF / ピナレロ史上最速のTTバイク “BOLIDE F” はハワイでも見られるか?

  4. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  5. 【コリンズ・カップ特集】五輪メダリスト5名 vs. アイアンマン世界選手権覇者4名 vs. 70.3世界選手権チャンプ3名 / 規格外の “コリンズ・カップ 2022” が開催

  6. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  7. 賞金総額 “4億円” のシリーズ戦。2022シーズンの新基軸に加わる注目の “PTOツアー”

  8. ブルンメンフェルトが駆る “CADEX・トライアスロンバイク”/2022シーズンを席巻するか

  9. 《Hawaii 特集》アイアンマン・ハワイ / プロ選手レース記者会見【動画レポート】

  10. アイアンマン・セントジョージ特集 /3年ぶりの王座を獲得するのは誰か? 出場者リストが発表

  1. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  2. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  3. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  4. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  5. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  6. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  7. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  8. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  9. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  10. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

TOP