FORM・スマート スイムゴーグル / トレーニング内容をリアルタイム表示&データ化が可能

The 逸品

先端スマートゴーグルと表現できるだろうか。
スイムトレーニング時のタイムやアベレージ、メニューの経過状況など、リアルデータをレンズを通して視認&把握できるガジェットが、一部の海外トップ選手間に浸透してきている。

メーカーの視認イメージ写真。レンズにディスプレイ表示されたデータを水中で確認できる 

代表的なのがクリスティアン・ブルンメンフェルトとグズタフ・イデン(写真下)。今年もワールドシーズンの話題の中心を担うノーウィージェン・デュオだ。
彼らは、今夏からこのデバイスを普段のトレーニング時などに有効活用しているという。

このFORM(フォーム)のデバイス・ゴーグルは、まさに水中のスマートウォッチ。タイムやペース、ワークアウトの内容など、トレーニング時の指標となる情報をライブで(視覚的にはレンズ越しに)視認できるというのが特長だ。

たとえば泳いだ距離やプールでのターン数、タイムやペース、消費カロリーなどをゴーグル側部(写真上)にある小型センサーがデータ収集。それをデバイス表示機能でゴーグルのレンズにコンパクトに映し出す。

スイマーは予めセットしたデータ内容をもとに欲しい情報をダイレクトに視認し、トレーニングに集中できるというわけだ。

スロバキア開催の コリンズ・カップ でのレースウィークに行われたプレス発表では、ブルメンフェルト(写真上)やイデンのデモンストレーションが行われた

長水路(あるいは短水路)での泳ぐ距離やセット数(トータル距離など)、そしてセット間のレスト。またペース設定やインターバルの進捗状況など、セッティング内容のバリエーションも豊富。そのほか、
・ストローク数&平均ストローク
・スプリットタイム
・専用デバイスとのリンクによる心拍数
などをカウント(表示)することが可能。

さらにはガーミンやアップルウォッチとペアリングさせることで、オープンウォーターでの泳いだ距離やペースの確認、そしてデータ蓄積が可能。

目標ワークアウトのセッティング方法は、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンに、トレーニングプランなどを入力。そのデータをゴーグルに同期させることで完了する。

もちろんトレーニング後のデータはスマホにフィードバック&累積させ、パフォーマンス分析などに活用することが可能。デバイスのバッテリーは充電式だ。

新たなトレーニングアイテムともいえるこのスマートゴーグル。各自のセッティング&活用次第で、水中コーチとしても利用できるかもしれない。
現状、海外展開のみのアイテムだが、今後ゴーグルのデジタル化もスタンダードになっていくのではないだろうか。
興味のある方は下記サイトで詳細確認してみよう。

>> FORM のホームページ ※リンク

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

おすすめ記事 過去の記事
  1. “ライスピュレ”/ パラチノース配合の日本人に適したお米のサプリ。新たに巨峰味が登場して 4フレーバーで展開

  2. アイアンマン・セントジョージ特集 / 写真で見るチャレンジングなコース。タフなバイクパートが勝負を分ける

  3. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】ブルンメンフェルトが選ぶ世界最高基準のエアロロード / ジャイアント PROPEL ADVANCED SL

  4. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  5. 《Hawaii 特集》10月9日(日本時間未明)にアイアンマン・ハワイ男子プロがスタート / クリスティアン・ブルンメンフェルトの同一年世界選手権制覇なるか(男子プロ有力選手展望)

  6. 【IMニース特集】アイアンマン世界選手権 Men・ニース大会のプロ出場選手リストが発表

  7. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

  8. トライアスリートのためのTDF【TTバイク・番外編】スタート前のレースパドックをチェック

  9. ブルンメンフェルト『ついに闘う日が来た』。フロデーノ『鳥肌が立つね』 。世紀の一戦がスペイン・イビザ島で開催 / PTOヨーロピアン・オープン

  10. ブルンメンフェルトが駆る “CADEX・トライアスロンバイク”/2022シーズンを席巻するか

  1. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  6. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  7. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  8. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  9. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  10. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

TOP