【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】タデイ・ポガチャルの注目決戦バイクをチェック

TDF for Triathlete

2020年、21年とツール・ド・フランス個人総合連覇、今年のタイトル奪還は難しい状況となったがそれでも総合2位、ステージ2勝を挙げているタデイ・ポガチャル(スロベニア)。
ここでは彼が通常ステージで使用するコルナゴのフラッグシップ・ロードバイク『V4Rs』の注目ポイントをチェックしていこう。(※写真をタップするとフルサイズで見られます)

フレームにはポガチャルのネームとスロベニアの国旗があしらわれている

【170mmのクランク長】
身長176cm、体重66kgのポガチャルは長さ170mmのクランクを使用する。各ライダーにとっての適正クランク長の割り出し方法は万別で、一般的な方程式は存在しないが、今回TDFに出場する選手の中においてポガチャルは標準〜比較的短めの傾向にあるといえそうだ。

たとえば、ツール2連覇をほぼ確定させているヨナス・ヴィンゲゴー(デンマーク)は身長175cm、体重60kgに対して172.5cmのクランクを使用。すべてを洗い出した訳ではないが、TDF出場の注目選手たちのクランク長は172.5cmが比較的多い印象を現場では受けた。

こちろん、これに加えフロント、リアの使用ギアの組み合わせがパフォーマンスの大きな要素を占めるのだが、ポガチャルのロードバイクでの走りは、他の選手と比べてケイデンス(ペダルの回転数)が高い傾向にあるという見る向きはあって、これはクランク長がひとつの要因となっている可能性も考えられるだろう。
ちなみにポガチャルがベースとしているギアの歯数は、フロントがアウター54T ✕ インナー40T、リアが11T〜34Tの12速(メカニック公表)。これと170mmのクランクが彼のライディングのベストマッチになっているわけだ。

われわれエイジグルーパーが完成車を購入する場合、フレームサイズにもよるが 165~175mmの間のクランク長がセットされているモデルが一般的のようで、それをそのまま利用しているアスリートも多いと推察する。繰り返しになるが、ライダーにとってベストなクランクの長さは個人差があり、さらには個々の脚質や目指す走り方によっても変わってくる。そんな中、世界最高峰のサイクリストが170mmをチョイスしていることを現場で見ることができた。

【タイヤ幅28mmモデルを使用】
ポガチャルのチームが使用するタイヤメーカはコンチネンタルで、メインとしていたのはシリーズ最軽量タイヤである Grand Prix 5000 TT TR の28mm幅モデルだった(メカニック公表)。

また、第16ステージで実施された個人タイムトライアルでもポガチャルは コンチネンタル/Grand Prix 5000 TT TR を使用している。(写真下/タイヤ幅は未確認)

【スペシャルパーツのアッセンブル】
ここからはトップチームならではのスペシャルなパーツを写真で紹介。ポガチャルが所属する UAEチームエミレーツ は今年からメインコンポーネンツにシマノを使用しているのだが、細部にカーボン素材を多用した特別なモデルをアッセンブルしている点も注目を集めていた。

コンポーネンツはシマノDURA-ACE DI2 であるものの、チェーンリングは軽量パーツブランドが開発したカーボンモデル(写真上)、ブレーキ・ディスクローターもカーボンを採り入れた特別パーツをセットしている(写真下)

まだ24歳という若さのポガチャル。26歳のヨナス・ヴィンゲゴー(後方)とのライバル対決は来年も続くだろう(photo:A.S.O./Charly_Lopez)

いずれにせよ、世界最大のサイクルロードレースに投入されるバイク、エキップメントの進化はとどまることはなく、『自転車を速く走らせる』要素は随所に見ることができる。
次回コラムではさらに、トライアスロンにも影響を与えるであろうテーマを紹介していく予定だ。

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  2. 2

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  3. 3

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  7. 7

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  8. 8

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

おすすめ記事 過去の記事
  1. “BOULDER/メッシュバッグ”  あらゆるシーンにフィットする多機能ストレージが登場

  2. 6月16日にアイアンマン・ケアンズが開催。プロシリーズ戦に参加する上田藍選手、巖淵知乃選手、そして寺澤光介選手を応援しよう! ライブストリーミングも実施 / 今週末はアイアンマン・フランス(ニース)にも注目

  3. 【Harry’s Shots】 全日本トライアスロン宮古島大会 〜レース前日編〜

  4. 《Hawaii 特集》ブルンメンフェルトが語る “カデックス TRI” / アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介 & 注目バイクチェック

  5. 《Hawaii 特集》“ラッキー・ハット”/ コナの王座をつかみとったグスタフ・イデン

  6. 《Hawaii 特集》チェルシー・ソダーロ / アメリカン・ニューヒロイン誕生の瞬間 〜アイアンマン・ハワイ女子プロレースレポート〜

  7. 【4K動画レポート】スワコ エイトピークス トライアスロン2022/注目ミドル大会のコースの魅力を徹底紹介

  8. アイアンマン世界選手権2023・ニース大会。そのレースプロフィールに迫る ①

  9. 【Challenge Roth 特集】チャレンジ・ロート2023 のトップ選手会見が開催 /「世界でこんなトライアスロンはないと思う」(マグナス・ディトレフ)

  10. 《Hawaii 特集》ダニエラ・リフ / シーズン・マネジメントの集大成を 〜アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介〜

  1. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  2. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  3. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  4. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  5. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  6. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  7. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  9. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  10. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

TOP