【トピック】タディ・ポガチャルのTTバイクをチェック 〜コルナゴ/K.ONE 〜

     昨年のツール・ド・フランスは、第20ステージの個人TTで大逆転勝利。今年は第8ステージ終了時からマイヨジョーヌに袖を通し、以降盤石の走りで首位をがっちりとキープ。終盤のピレネー決戦では、もはや手のつけようがない爆発力でライバルたちを置き去りにしたタディ・ポガチャル(スロベニア)。勝負に絶対はないが、今夜(7月17日)から始まるステージ2度目のタイムトライアルでよほどのトラブルがない限り、個人総合2連覇は確定的といえる。
     そのポガチャルがスタートする7月18日の午前0時19分(日本時間)を前に、前回(6月30日)行われた1度目の個人TTで、UAE チーム エミレーツ(アラブ首長国連邦)が投入したバイクをチェックしておこう。
     明日の未明、ツール・ド・フランスに新しい歴史が刻まれる前に。

    タディ・ポガチャルが使用するバイクと同じタイプの K.ONE。トップチューブが下がったスローピング形状、そしてコンパクトなフレームデザインに注目

     ポガチャルが駆るTTバイクは昨年と同様、コルナゴ『K.ONE』。いわずと知れたイタリアの名門メーカーがラインアップするファスト・バイクだ。ツール・ド・フランスに出場しているUAE チーム エミレーツの全体仕様はコンポーネンツ&ホイールなどすべてがカンパニョーロ、そしてサドルまでもプロロゴ(Prologo)を使用するなど見る限り“オールイタリアン”で固められている。ヨーロッパが舞台のツール・ド・フランスにあっても、今となってはこの組み合わせは希少といえるのだが、イタルデザインに目がないトライアスリートにとっては気にならないわけがないだろう。

    フレームにスロベニアの国旗をあしらったカラーリングが目につくポガチャルのスペアバイク。コルナゴ ✕ カンパニョーロはすなわちイタリア ✕ イタリアでもある

     K.ONE の特徴のひとつにトップチューブがエンドに向かってゆるやかに下がっている「スローピング」形状のフレームが挙げられる。これによりフレーム重量も含め、全体をコンパクトにまとめて取り回しやすさや機敏性を高める狙いがくみ取れる。市販モデルではトライアスロン専用のアタッチメント&パーツも用意されていて、レースで威力を発揮してくれそうだ。ブレーキシステムがまだディスク化されていない点が少々残念だが、細部にわたり洗練されたTTバイクに仕上がっている。マイヨジョーヌを着たポガチャルがこれを駆り、リスクを冒さず攻めの走りを見せれば、明日(1回目のTTに続き)再びトップタイムを叩き出す確率は高いのではないだろうか。

    トライアスロンでも復活するか?
     一方トライアスロン・シーンに目を向けると、イタリアの老舗メーカーということもあってか、アイアンマン・ハワイなどでもあまり見かけることがないようだ。
     しかし、過去を振り返ると1996年、99年とハワイを制し、2000年前半までアイアンマン・シーンを席巻したルク・ヴァンリルデ(ベルギー)が使用していたのがコルナゴだった。ハワイ優勝バイクは『レコード(Record)』の名を冠し、フロント26✕リア27インチホイールを組み合わせたいわるファニーバイク。このデザインは業界に大きなインパクトを与え、トライアスロンバイクの一時代を築いたといっても過言ではない。
     それから時を経たものの、ツールでさらに存在感を増しているポガチャルが駆るコルナゴは、欧州のトライスロン界にも大きな影響を与えることは間違いない。
     ちなみに、近年のツール・ド・フランスでは個人総合トップに立ったライダーのバイクが、黄色いカラーリングをあしらった『マイヨジョーヌ仕様』にドレスアップされることが定番となっている。ポガチャルが通常ステージで乗るオールラウンド・ロードモデル V3-RS もイエロージャージを着て走るその日から、特別デザインのバイクとなっていた(写真下)。さて今回の K.ONE のカラーデザインはどうなっているのか? 日本時間の17日夜、確認でき次第このコラムに追加速報する予定だ。

    ポガチャルが使用する軽量ロードバイク V3-RS も現在はマイヨジョーヌ仕様となっている

    <7月18日 午前0時30分追記> ※日本時間
     第20ステージ、個人TTスタート前のポガチャルのバイクをチェック。ベースは6月30日走行時のモデルと同じだが、シートポストやペダルなどの一部パーツをイエロー仕様に変更して登場してる。さてどんなタイムを叩き出すのだろうか?!

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    2. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    3. 編集日記 〜劇的な再会〜

    4. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    5. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    7. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    8. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    9. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    10. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP