ホノルルで来年5月に笑顔で会おう! ホノルルトライアスロン2021開催順延へ

 海外トライアスロンの雰囲気を満喫できる絶好のロケーション、そしてビギナーの参加のしやすさでも人気の大会で今年11月に開催予定だったホノルルトライアスロンが、2022年5月15日(日)に順延されることになった。
 当初、今年の5月9日に予定されていた日程が、新型コロナウィルスの収束が見えない状況下で半年の延期が決定。7月より米国各州からハワイ州への入国制限が緩和される予定など、入島状況は開放に向かいつつあった。しかし11月時点の日本帰国時の隔離ルールなどの処遇が明確になっていない点など、日本からの渡航のハードルは依然高いのが現状。それらを勘案して2022年5月15日への再順延となった。
 日本国内では徐々に大会が再開されているが、やはりまだ海外となると難しい部分が多く、やむをえない判断といえるだろう。
 しかし、世界的に見てみてもトライアスロン大会がある日常は、徐々にではあるが戻ってきている。それぞれの地域圏内ですでに普段どおりレースを開催している国も多くなってきており、私たちが海外レースを普通に楽しめる日はもうすぐそこまできている。
 来年のホノルル大会は参加者同士、笑顔でハングルース&シャカサイン/アロハポーズでレースを満喫できるだろう。その日が来るのを期待を込めて待ちたい。詳しい情報は下記をチェック。
ホノルルトライアスロンのHP ※リンク

ホノルルでも笑顔でトライアスロンを満喫できる日までもう少し待とう!

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. トライアスリートのためのTDF / ヨナス・ヴィンゲゴーのマイヨジョーヌ獲得をアシストしたサーヴェロ・新型 S5

  2. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  3. 歴史的瞬間を見逃すな! フェニックスSUB7&SUB8 プロジェクト/男女7時間&8時間の壁を打ち破るか?

  4. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  5. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  6. 10月7日、9日(日本時間未明)にアイアンマン・ハワイが開催 / ダニエラ・リフの世界選手権通算6勝なるか?(女子プロ有力選手展望)

  7. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト②

  8. ツール・ド・フランス2021特集 TTバイク速攻リポート

  9. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  10. 〜 IMセントジョージ・大会レポート② 〜 トライアスリートの肖像

  1. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  2. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  3. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  6. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  8. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

TOP