【 IM世界選手権ハワイ】ダニエラ・リフ。孤高の道程 / ハワイ注目選手&バイク ①

IM 世界選手権

時に勝ち、時に学びます。
完璧な準備を行っても成功が保証されているわけではありません。それが面白いのです。
(一昨日行われた)女子のレース・ショーを楽しんでもらえたことを望みます。この私たちのスポーツに接する時間は素晴らしいーー。

昨年のアイアンマン世界選手権ハワイ(10月6日開催)のレース後に、ダニエラ・リフ(スイス)が公に発信したコメントだ。5月のセントジョージ大会でアイアンマン世界選手権5勝目を挙げ、70.3大会とあわせてワールドチャンピオンシップのタイトルを10度獲得しているリフ。
このときハワイのレース直前も、マウイ島での調整トレーニングが順調に進んでいたようで、本番レースの優勝にもっとも近い選手と目されていた。(※写真をタップするとフルサイズで見られます)

昨年のアイアンマン世界選手権ハワイのスタート前。絶えずメディアの注目を集める存在となるのは今年も同じのようだ

しかし、結果は先にある彼女のコメントの後者のほう。6度目のアイアンマン・チャンピオンに輝くことはなかった(結果は8位)。

そのキャリア、実績から出場するレースで常に注目される存在となる彼女。
今回、10月14日に行われるアイアンマン世界選手権ハワイでも、多くのタレントがラインアップする中、優勝候補のひとりとしてフォーカスされることになる。
結果はもちろんではあるが、目標に向かっての過程を最重要視している彼女。それでも自身のシーズンスケジュールや、レース会場での一挙手一投足に話題が集まることに対し、施さなければならないマネージメントの負担は相当なものだろう。

昨年5月のアイアンマン世界選手権(セントジョージ/写真上)の前。ダニエラ・リフはシーズン序盤の不調によって、メディアからそのパフォーマンスに疑問を投げかけられたこともあり、中には辛辣なコメントを発する識者もいた。
それを跳ね返して示してみせた完勝劇に、これまでに見せたことがないのではないかというほどの感情を顕にしている。

その根源をたどっていくと、多くのスポーツ選手がそうであったように、コロナ禍のスポーツイベント中止期間による価値観の変化が大きく影響していたようだ。
これまで数々のタイトルを獲得し、第一線を走り続けていた中でのパンデミックによる世界の停滞。そんな中、彼女は「スポーツがなくなってしまうと、自分の人生に多くのものがないことが痛いほど明らかになった」というプレッシャーを感じたことを後日、トライアスロンメディアに語っている。

今年6月にドイツで行われたチャレンジ・ロートのレース前記者会見。リフ(左)、アンネ・ハウク(中央)、ローラ・フィリップのドイツ勢はいずれも今年のハワイの優勝候補に挙げられている

その後、彼女はトレーニング環境を変え、さらには大学院に籍を置き、ビジネス心理学の学位取得などに取り組んでいる。
それは、この先も続く自身のトライアスロン・キャリアのためでもあったのだろう。
実際、彼女はパンデミックの中でもレースシーズンがスタートしつつあった 2021年3月のアイアンマン70.3ドバイ で優勝したとき、トライアスロンでの自身の居場所を再確認できた喜びを語っている。

チャレンジ・ロートのフィニッシュライン・パーティーにて。男子優勝のマグナス・ディトレフ(右)とレースを振り返る

今シーズン、彼女がさらなる注目を集めるきっかけとなったのは6月25日にドイツで実施されたチャレンジ・ロート。
そこでリフは8時間08分21秒をマークし、フルディスタンスの世界記録を10分も更新する。

その1カ月半前に出場した PTOヨーロピアン・オープン(スペイン・イビザ島)では胃の調子が悪く、レース途中でリタイアすることとなったが、地元開催となる6月11日のアイアンマン70.3スイスで優勝。コンディションを立て直しての快挙となった。

その間も、彼女はトレーニングだけでなく、使用エキップメントなどの変更やブラッシュアップに意欲的に取り組み、進化しようという姿勢を止めようとしない。
そこには、信頼するチームと共に未踏の地を乗り越え、さらなる高みへ進むという彼女のフィロソフィーがあるのではないか。

チャレンジ・ロートでのレース前。地元メディアを中心とした取材に対応するリフ

ロートのレースあとは、ハワイのアイアンマンに向けた準備へとシフト。
これまで以上に高地トレーニングを取り入れた、ハードワークゆえの体調変化の波にも直面したが、それらすべてを受け止めてシーズンの5戦目、ハイライトとなる舞台へと向かう。

〜ダニエラ・リフの決戦バイク〜
【フェルト/ IA 2.0】

昨年10月のハワイで正式に発表。当時「ようやく」といった形容詞がついたのには、2021年からすでにリフなどが使用しており、その全容が待ち望まれていたから。国内では今夏に実車発表が行われている。

今年6月のチャレンジ・ロートでは、DHアタッチメントをなど細部にわたりパーツを進化させていた

以下に過去の使用モデル遍歴を写真で見てみよう。
【2021年のリフ・使用モデル】

【2022年のリフ・使用モデル】

外見はほぼ変わらないものの、もちろん細部でブラッシュアップされてきている。
なんといっても特徴的なのはトップチューブ上部に一体化デザインされたストレージとハイドレーション・システム(2021年モデル参照)。上面に200mlの容量をもつ補給食&小物入れ、その下に900mlのタンクが設置可能で、突出したロングライド対応性を誇る。

一方で、2022シーズンの彼女はそのフレーム一体型のストレージ&タンクを外して使用するケースが多く見られ、出場レースに合ったスタイルを追求していたように見てとれた。(写真下は2022年ハワイ)

2023シーズンは、3度による風洞実験により3Dプリント生成された SWISS SIDE(スイスサイド)のDHアタッチメント(写真下)や、KOGEL のディレイラー&ビッグプーリーなど細部までパーツを厳選。
バイク走行時の抵抗値の徹底的な削減を目指し、ロート大会での4時間22分56秒(180.2km)というタイムを叩き出している。

また、リフはウエアにおいてもタイム向上を目的に、イタリアの高性能サイクリングアパレルブランド『Q36.5』のレーススーツを使用。さらにはシューズメーカを HOKA にスイッチし、“ROCKET X 2” を使用して2時間51分55秒のランタイムを(ロートで)マークしている。
常に進化することを探求し続ける彼女の、6度目のハワイ制覇に向かうパフォーマンスに注目しよう。

>> アイアンマン世界選手権ハワイ&ニース の特集ページ ※リンク

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. トライアスリートのためのTDF / ピナレロ史上最速のTTバイク “BOLIDE F” はハワイでも見られるか?

  2. アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  3. 【Challenge Roth 特集】〜チャレンジ・ロート 大会ムービー for Japanese triathletes〜

  4. 【4K動画】アイアンマン70.3 東三河ジャパン in 渥美半島 <コース詳細リポート>

  5. BMCの新型トライアスロンバイク “Speedmachine(スピードマシーン)” 登場 / マックス・ニューマン、アリスター・ブランリーが駆る! 

  6. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編①】 ファクター・HANZO / フルームが魅せる新型TTモデル

  7. アイアンマン・プロシリーズが4月に開幕。今シーズン、PTOの “T100” レースとの2大シリーズが誕生

  8. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク① 〜ローラ・フィリップ & キャニオン・Speedmax CFR 編〜

  9. 《Hawaii 特集》“ラッキー・ハット”/ コナの王座をつかみとったグスタフ・イデン

  10. 『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

  1. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  4. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  5. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  6. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  8. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  10. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

TOP