2024年アイアンマン世界選手権ニース(女子レース)の出場枠獲得の新たなフロー & シリーズ全大会の男女スロット内訳を公表

IRONMAN

10月14日に女性だけで開催された アイアンマン世界選手権ハワイ。来年はフランス・ニース(9月22日)に場所を移して実施されるわけだが、そのレースへの出場枠の獲得方法が新たに加えられることが主催者から発表された。

今年9月10日に初めてフランスで開催されたアイアンマン世界選手権(男子レース)

これまでと同じく世界で40大会以上開催される各アイアンマンに与えられる年代別などの出場枠(スロット)に加え、“招待枠” として下記3つが新たに2024世界選手権(女子レース)へのスロットとして設定されている。

1)2023年アイアンマン選手権のエイジグループ・トップ10招待枠
今年10月に行われたアイアンマン選手権ハワイの、各エイジグループでトップ10に入った選手に招待枠としてスロットが用意されることとなる。
ただし、ロールダウン制度は適用されない。

10月14日に実施された世界選手権ハワイ。来年、女性アスリートの舞台はフランス・ニースへと移る

2)アイアンマン70.3招待枠
今回、主催者が指定したアイアンマン70.3(内訳は こちら を参照)にて、各年代別の上位5人にスロットが用意されることとなった。こちらもロールダウン制度は適用されない。

3)2023年エイジグループ・ランキング1位の招待枠
各国で行われるアイアンマン、またはアイアンマン70.3のレース結果によって算出されるエイジグループ・ランキングポイントの、(各人がマークした)上位3大会のポイント合計により順位化されているエイジ・グループランキング。
2023年のランキングは、来年1月末に発表されるとのことだが、その各年代別1位に招待枠が用意される。

以上が新たに設定された世界選手権出場スロットだ。繰り返しになるがこのシステムが適用されるのは女性アスリートとなる。

ところで、今回の発表を見て注目したいのが(2)の『アイアンマン70.3招待枠』だ。
これを額面どおりに受け取ると、アイアンマン70.3のエイジ区分もフルディスタンスと同じく5歳刻みであることから、指定された1大会で50ほどのスロットが用意される計算となる。

これは配分方法は違うものの、2024年フルディスタンスのアイアンマン1大会に充てがわれるスロットとほぼ同数、そして大会によっては上回る数となる。例を挙げると来年4月21日に開催されるアイアンマン・南アフリカのスロットは女子25枠だ。

また、今回指定されている70.3大会にはアイアンマンと同日に実施されるフルディスタンス・イベントもある。
たとえば今年12月3日に開催されるアイアンマン・西オーストラリアと70.3西オーストラリア。フルディスタンス50(確定)に対し、70.3大会に50前後の枠が新たに設けられることになり、過去に例のないスロット・バランスでのレース開催になるといえるだろう。
現状、アイアンマン世界選手権ニースへの招待枠設置レースに指定されている70.3大会は20あるので、(2)の出場枠は約1,000人分の計算となる。

来年9月22日に女性だけで開催されるニースの舞台にはどのような光景が待っているのだろうか

あわせて、これまで2023年終了分まで公表されていた各シリーズ大会の男女スロット内訳が、2024年シーズンの対象レースまで発表(10月24日時点)。下記にて確認できる。
ちなみに来年のアイアンマン世界選手権・男子レース(ハワイ)は10月26日に行われる。
>> 2024年アイアンマン世界選手権のシリーズ戦出場枠

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  2. 2

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  3. 3

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  7. 7

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  8. 8

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【IMニース特集】アイアンマン世界選手権 Men・ニース大会のプロ出場選手リストが発表

  2. 【Challenge Roth 特集】世界最大のトライアスロン大会エキスポ。チャンレンジ・ロート発信のアイテムをチェック ①

  3. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  4. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】ブルンメンフェルトが選ぶ世界最高基準のエアロロード / ジャイアント PROPEL ADVANCED SL

  5. 6月16日にアイアンマン・ケアンズが開催。プロシリーズ戦に参加する上田藍選手、巖淵知乃選手、そして寺澤光介選手を応援しよう! ライブストリーミングも実施 / 今週末はアイアンマン・フランス(ニース)にも注目

  6. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  7. 【動画リポート】アイアンマン70.3 東三河ジャパン in 渥美半島 <レースダイジェスト>

  8. PTOとワールドトライアスロンが提携してロングディスタンス世界選手権ツアーを来年開催

  9. 宮塚英也のトライアスロン“EYE”/ ますます高速化するアイアンマン。最速ライディングフォーム&走りを解析する

  10. 【レースアーカイブ】 石垣島トライアスロン2021《動画レポート》

  1. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  6. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  7. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  8. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  10. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

TOP