【BOULDER】オープンウォータースイムゴーグル 〜レースに特化したデザインが魅力〜

    1980年代中盤から2002年の現役引退まで日本トライアスロン界のトップを走り続け、アイアンマン・ハワイ(アイアンマン世界選手権)で2度トップ10入りするなど世界を舞台に活躍した宮塚英也。その卓越したトレーニング理論と分析力、そしてコーチング実績を活かし選手時代に設立したトライアスロンブランド“BOULDER”から新たなオープンウォーター(OW)用スイムゴーグルが発売された。
    特長はレースでの使用を想定した機能とデザイン。特筆すべきはやはり視認性で、大きめのレンズがアスリートに安心の視界とフィット感を約束してくれる。ただ視界を確保するだけならばデザインは大きいに越したことはない。しかしレースでの取り扱いやすさやフィット感を考えるとコンパクトさも捨てがたいところだ。その視点でも、このゴーグルはバランスのとれたシェイプが魅力的。トライアスリートに映えるスマートなモデルといえるだろう。

    <写真左/ミラーレンズタイプ>アロパホUVミラーイエロー:3,960円(税込)※ほか2タイプあり
    <写真右/ノーマルレンズタイプ>ガンバレル/グレー:2,970円(税込)※ほか2タイプあり

    OWでの安心感がアドバンテージを生む

    では実際の使用感はどうなのか? 3月27日に神奈川県鎌倉市で実施されたイベントの参加者に聞いてみた。
    <筒井貴之さん/トライアスロン歴8年>
    ミラーレンズタイプ、クリア(写真はスモーク)レンズタイプの両方を試しました。個人的な好みはクリアタイプ。視界がより広く感じられて使いやすかったです。OWが舞台のレースでは視認性が一番大事だと思っているので、かなり気に入りましたね。
    これまでのレースでも比較的大きめのモデルを利用していたのですが、それを上回る見やすさでした。
    <尾崎恵子さん/トライアスロン歴7年>
    海だったのでミラータイプを使用しました。普段使っているものと比べてサイドの部分まで視界が広くとれて圧迫感がなかったです。今日はそれほど強くなかったのですが、日差しもしっかりガードしてくれて安心感があって泳ぎやすかったですね。バンドのホールド性は引っかかりがよくて、締め付けが私にはちょうど合っていました。太めと細めの2本のストラップ(ミラータイプ)のバランスがうまく滑りを止めているのか、フィット感が高く水が(レンズ内に)入ってくるんじゃないかという不安もなかったです。

    【OWでの操作性を動画でチェック】

    (写真上)“BOULDER”のマークがトライアスロン仕様を強調
    (写真下)ボタンを押して長さ調節が可能なフィッティング機能は慣れれば非常に便利。【写真下左】ミラーレンズモデル 【写真下右】ノーマルレンズモデル

    ボタン式のユニークなデザインのアジャスターを採用し、フィッティングの強弱はワンタッチで調節可能。トレーニング中は緩めに、レースではしっかりとホールドさせるなどフレキシブルな操作性も魅力的だったようだ。
    スイムゴーグルはレース時のスタートダッシュに重要な役割を担うグッズ。2021年シーズンの開幕を目前に、“目元のアイテム”をリニューアルするのもいいだろう。

    【販売&問い合わせ】※リンク先
    ハイディアオンラインショップ

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    3. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    4. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    5. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    6. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    7. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    8. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    9. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    10. 編集日記 〜劇的な再会〜

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP