【プロダクツ】トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

    第3ステージを走るログリッチ(右) ©A.S.O._Pauline_Ballet

     昨年個人総合2位のプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)を擁するユンボ・ヴィズマは今シーズンからからバイクをビアンキからサーヴェロへとスイッチしている。
     トライアスリートにとってサーヴェロは馴染みのメーカーといえるが、P5といったトライアスロン&TTバイクをイメージする人が多いだろう。しかし、エアロロードバイクのS5にも注目しておきたい。その理由は数あるロードモデルの中にあって、空気抵抗削減のためのデザインが突出しているところ。ロードレースでは主に平坦ステージで投入されており、それは直進走行性能の高さを示す表れといえる。
     デザインの特徴はシートチューブが後輪タイヤの輪郭に沿ってシェイプされているだけでなく、大胆な扁平形状の大型ダウンチューブも同様の形状に加工され、タイヤの回転よる空気の巻き込みをできるだけ削減。さらにはバイク前面で受ける空気抵抗を下げるため、Y字型デザインのステムを採用した専用バンドルと、ヘッドまわりをカバーするユニークな形状のフロントフォークを生み出した。そしてすべてのケーブル類をフレームに内装化するなど徹底的に空力性能を高めている。つまりはロードバイクの規格で収まりながら、P5のコンセプト、流れを踏襲したモデルともいえるだろう。 

    スタート前の出走サインに向かうプリモシュ・ログリッチ

    ステムはY字形状のデザインでハンドルを支え、フロントフォークとヘッドが一体化した形状もユニーク

     コンポーネンツはシマノ・デュラエースがメインで基本的にはオーソドックスなスタイルといえる。
     特に目につく点といえば足回り。ログリッチはこれまでのR5の純正ともいえるデュラエースのホイールではなく、リザーブ製のカーボンエアロホイールを使用しているところだ。
     リザーブはもともとはMTBホイールで有名なブランド。ラフなコースで高く評価された剛性テクノロジーを、サーヴェロのサポートのもとブラッシュアップして高い空力性能と剛性を兼ね備えたロードホイールも展開するようになった。そのラインアップを見てみると、リム高が35mm、40&44mmの前後セット、50mm、60mmの4種類があり、主に50mm、60mmがトライアスロンも意識したモデルとなっている。今後、注目しておくべきメーカーだ。

    トライアスリートにも人気が出そうなリザーブのホイール

     このホイールは、ツールでは以前チーム・サンウェブ(当時)が使用するサーヴェロのバイクに2020年から一部セットされていた(メイン使用は同じくシマノのホイール)。ユンボ・ヴィズマでもステージの特性や個人の走りにあわせて同じ組み合わせ(リザーブかシマノ)を踏襲しているが、サンウェブ時代と比べるとよりリザーブを使う選手率が増えている点も注目したい。

    昨年、チーム・サンウェブがリザーブのホイールを一部で採用。関係者の注目を浴びていた

     ちなみに昨年ユンボ・ヴィズマが使用していたビアンキのバイクはチームの方針などでリムブレーキだったが、今年はサーヴェロに変わり必然といったかたちでディスクになっている。
     今回ログリッチが主に使っているのはリム高50mmのモデル。使用するタイヤの幅は最近の傾向に沿った太い26-28mmだ。トライアスロンでもそうだったが、以前はタイア幅は細ければ細いほうが抵抗を削減できて速く走るために向いているとされていた(その分乗り心地は固くなる)。しかし実はそうでなく、ある程度幅があったほうが転がり抵抗が低く抑えられることが分かり、かつ乗り心地も良くなるので今やロードレースの定番となっている。

    近年のロードレースでは極太モデルといえるタイヤが主流になっている

     今回はエアロロードモデルにフォーカスしたが今後レースが進み山岳ステージが始まると、より軽量な純ロードモデルといえるR5が投入されるだろう。
     ちなみに、ログリッチなどのスペアバイクのタイヤに青いカラーのモデルが装着されていたので、メカニックに聞いてみると「性能は(黒モデルと)まったく同じだよ。片輪の色が違っているのってオシャレだろ」とのこと。
     バイクのアッセンブルにも洒落っ気を感じさせるところは欧州プロサイクリングチームならではだ。

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    2. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    3. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    4. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    5. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    6. 編集日記 〜劇的な再会〜

    7. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    8. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    9. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    10. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP