【プロダクツ】ツール・ド・フランスに見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

     東京五輪のトライアスロン男子のレースは7月26日(月)にスタートする。その舞台を彩るバイク最前線コーナーの第2回目は、今年のワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ横浜大会にも出場したドリアン・コニン(フランス)が駆るラピエールの新型モデルだ。
     一方、現在行われているツール・ド・フランス(TDF)でラピエールを採用しているチームは、同じフランスのグルパマ・エフデジ(GROUPAMA-FDJ)。このトリコロールカラーのジャージが映えるライダーたちは、どういったバイク・ラインアップで戦っているのか? その最前線を現地からお伝えする。

    ドリアン・コニン(フランス)
    <使用バイク>ラピエール/Aircode DRS

     東京オリンピックの男子有力選手のひとり、バンサン・ルイと同じくフランス代表としてお台場に登場するドリアン・コニン。彼はフレンチメーカーのラピエール『Aircode DRS』をチョイスしている。
     先代モデルからさらに改良され、時速50kmでの走行時で最大13%の出力ワット軽減(前モデル比)を可能としたバイクは、カテゴリーとしてはすでに新ジャンルとして確立されているエアロロードとなる。しかし、そのフレーム形状を見てもわかるように、サーヴェロ/S5やキャニオン/エアロードCFRのように、ボリュームのあるダウンチューブの扁平率やシートチューブの“えぐれ度合い”(リアホイールの形状に沿ったラウンドカット)など、いわゆる極端なエアロロード・デザインの潮流とは一線を画している。最大限のエアロ効果を追求しつつ、いわゆる「オールランドモデル」的な幅のある走行性能を兼ね備えたバイクといえるだろうか。そういった点も、ドリアン・コニンがオリンピックディスタンスのレースで採用している理由なのだろう。(写真下が Aircode DRS)

    <ツール・ド・フランスで使用するチーム>
    ・グルパマ・エフデジ/GROUPAMA-FDJ(フランス)

     フランス期待のチーム、グルパマ・エフデジとラピエールのタッグは長く、同チームのバイクといえばフレンチトリコロールをあしらったフレームカラーをイメージする人も多いのではないだろうか。
     代表的なモデルとしてはやはり、軽量オールラウンドバイク Xelius SL(写真下)が挙げられる。昨年も地元の人気ライダー、ティボ・ピノ(今年はツールには出場していない)が活躍するなどして、チームを象徴するバイクといえるだろう。特徴はシートポストを支える部分のフレームデザイン。シートステーがトップチューブに直接溶接されシートチューブ、トップチューブ、シートステーが交差し、小さな三角形を形成しているところだ。他に類を見ないオリジナリティ豊かなフレンチ・デザインといえるが、これは見た目だけではなく、クッション性能を高める狙いがある。まさに機能美と表現できるだろう。

    現行モデルとなる Xelius SL。シートピンまわりの小さな「三角形」に注目。トップチューブのエンド部分が「跳ね上がった」形状もユニークだ

     Aircode DRS は軽量オールラウンダーの Xelius SL からさらにエアロ効果を高めたモデルで、昨年のツールでブランニューデビューを果たし、大きな注目を浴びていた。今年のステージでは、個人タイムトライアルにも強いステファン・キュング(スイス)が使用するなど、存在感を高めている。
     グルパマ・エフデジはシマノとの関係が深く、使用するパーツはオール・シマノといっていい。コンポーネンツやホイールはデュラエース、ハンドルやステムなどはPROが採用されている。

    シマノグローバルサポートチームの最翼といっていいグルパマ・エフデジ。当然、バイクはシマノのコンポーネンツで固められている

     ちなみに今年もグルパマ・エフデジは Xeliusモデルをメインとしているが、細部をよく見るとカタログラインアップにはないバイクを投入していることが伺える。具体的にはこれもシートピンまわりのフレームデザインで、トップチューブのエンドが跳ね上がっていない(下がっている)タイプなど、全体的にコンパクトにまとめられたフレーム形状のバイクが多いのが目につく。これらは Xelius シリーズのバージョンアップ・モデルなのだろうか。今後のラインアップの展開にも注目しておきたい。

    今年はシートピンまわりの「小さな三角形状」が現行モデルとは違う Xelius が投入されている

    右がステファン・キュングが乗る Aircode DRS。左が今年チームがメインで採用している Xelius

    ツール第11ステージ、モン・ヴァントゥの頂上を駆け上がるキュング。タイムトライアルのスペシャリストでもあり第20ステージの個人TTにも期待が集まる

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    2. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    3. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    4. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    5. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    6. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    7. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    8. 編集日記 〜劇的な再会〜

    9. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP