最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

ハワイ(アイアンマン世界選手権)で使用されるバイクのシェアNo.1であるサーヴェロ。トライアスロン&TTバイクのフラッグシップモデルとなるP5は、トップ選手を中心に高い人気を誇る。
同じくトライアスリートに人気が高いキャニオンやスペシャライズドは、レースのレギュレーションも考慮しトライアスロンバイク、タイムトライアル(TT)バイクそれぞれのラインアップがあるが、サーヴェロ/P5はUCI(国際自転車競技連合)の規格内に収まっているので、ツール・ド・フランスなどサイクルロードレースの個人TTステージでも使用されている。

今年のブエルタ・ア・エスパーニャでプリモシュ・ログリッチが使用したP5

さらにはこのP5は今夏に行われた東京オリンピック・男子個人ロードTTのウイニング・バイクに輝いている。
そのバイクを走らせたのはもちろんプリモシュ・ログリッチ。ブエルタ・ア・エスパーニャ3連覇、2020ツール・ド・フランス個人総合2位など輝かしい実績をもつスロベニアの英雄だ。実はこの個人ロードTTで2位に入ったトム・デュムラン(オランダ)とログリッチはオランダに籍を置くワールドチーム(ユンボ・ヴィスマ)の同僚。つまり、東京五輪のワンツー・TTバイクがP5ということになる。まさにオリンピックTT最速モデルだ。

プリモシュ・ログリッチが所属するユンボ・ヴィスマは今シーズンを通してサーヴェロのバイクを使用している。軽量オールラウンダーのR5、エアロロードのS5、そしてP5だ。
その中でログリッチ、さらには同チームが投入したP5を検証していくと、この先のファストバイクの新たな潮流を見て取ることができる。そのポイントを今年のツール・ド・フランスのバイクを中心に紹介していこう。

まず目につくのはフロントホイールのさらなるエアロ化だ。たとえば、これまでのツール・ド・フランスを見てみると、リム高が60〜80mm前後を利用するTTバイクが多い中にあって、今年のユンボ・ヴィスマはイギリス/エアロコーチ製のリムハイト100mmのフロントホイールを用意していた(下の左写真)。
実戦ではログリッチはフロント高80mm弱のモデル(右写真)を使用していたが、状況によっては100mmハイトのエアロホイールで走ることも想定していた。ほかにも同じエアロコーチ製ホイールを導入していたチームがいくつかあり、実際に使用していたライダーも数名いた。

こういったリムハイトが高いホイールは、風や起伏など、レースによる使用環境が限られるのだろうが、リスク承知でタイムを削り出す武器として準備しておくのが狙いといえる。これは今年のトレンドのひとつだった。

グラン・ツール(ロードレース)におけるTTは長いステージでも30kmを超える程の距離が多く、トライアスロン(特にロングディスタンス)での走り、ましてや前後にスイム、ランを行うレースとの比較は単純にはできないだろう。しかし「バイクを速く走らせる」ための要素において、100mmハイトのエアロホイールの登場は今後注目しておくべき流れだといえる。

ログリッチのTTバイクのフロントまわりには、もうひとつの特徴がある。それはディスクブレーキのローター径だ。今(2021年10月時点)となっては前モデルとなるデュラエースのディスクローターは直径160mmと140mmの2種類があり、フロントにはより高い制動力が得られる160mmを利用することが一般的。
しかしログリッチ(ユンボ・ヴィスマ)のTTバイクには前後とも140mm径のローターがメイン装着されていた(写真下)。これは東京五輪でも同じ組み合わせであった。

この理由のひとつと考えられるのが軽量化だ。わずか十数グラムの差だが、それでも極限の走りの中でのアドバンテージを狙ったものではないだろうか。ほかの要因としては、小径ローターのチョイスにより、フロントまわりの取り回しが軽く感じられ、DHポジション走行により集中できるということも推測できる。
これらはライダーの感覚的な領域になるのかもしれないが、非常に気になったのは、ほかにもこの(140mmディスクローターの前後の)組み合わせを取り入れていたのが数チームあったことだ。
いずれにせよ、よりシビアなブレーキコントロールが要求されることになるが、それもトップサイクリストだからこそ可能なアッセンブルといえるだろう。

ログリッチのDHポジションにも注目したい。アタッチメントの取り付け位置が高く、アップライトなフォームはここ数年の主流となっているスタイルと変わりはない。さらには、ヒジ曲がりの角度が大きく、前腕が前上がりになっている。これにより上体にかかるテンションが緩和されやすくなるのだが、ログリッチはその方向性を好むのだろう。
こういったフォームは近年、トライアスロンでは多く見ることができるが、実際に同じようなポジションを可能とするDHバーも市販されてきているので、エイジグループの選手もチャンスがあれば試してみてはどうだろうか。

ちなみに、東京オリンピック後に行われたブエルタ・ア・エスパーニャのTTステージでは、フロントフォークやメーカーロゴなどをゴールドにペイント。さらには五輪のデザインをあしらった、金メダリストゆえに許される特別仕様のP5が登場していた。(写真下)

ここまでTTバイクのP5を紹介してきたが、プリモシュ・ログリッチはロードの平坦ステージではエアロロードのS5をメインに使用している。
エイジグループの選手の中にはロードモデルにDHバーを装備し、エアロホイールなどカスタマイズしてトライスロンの決戦用としてレースに臨んでいる人も多いはず。そういった視点でもログリッチのロードバイクは参考になる部分が多々あるのでそちらもチェックしてもらいたい。

>> トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  3. 3

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  4. 4

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  5. 5

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  6. 6

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  7. 7

    ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  8. 8

    ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  9. 9

    新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  10. 10

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

おすすめ記事 過去の記事
  1. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  2. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  3. 【BOULDER】オープンウォータースイムゴーグル 〜レースに特化したデザインが魅力〜

  4. “BOULDER/メッシュバッグ”  あらゆるシーンにフィットする多機能ストレージが登場

  5. ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  6. ツール・ド・フランス2021特集 バイクシェア1位。キャニオンの新モデルに注目 <キャニオン/エアロードCFR Disc>

  7. アイアンマン・セントジョージ特集 /3年ぶりの王座を獲得するのは誰か? 出場者リストが発表

  8. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  9. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  10. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  1. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  2. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  3. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  6. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  7. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  8. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  9. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  10. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

TOP