【Challenge Roth 特集】チャレンジ・ロート2023 のトップ選手会見が開催 /「世界でこんなトライアスロンはないと思う」(マグナス・ディトレフ)

チャレンジ・ロート

6月25日にドイツ・ロート市で行われるロングディスタンスのビッグレース、チャンレジ・ロートのプロ選手の会見が行われた。

登場したのは、女子はチェルシー・ソダーロ(アメリカ・写真上/2022アイアンマン世界選手権優勝)、ダニエラ・リフ(スイス/アイアンマン世界選手権5勝)、アンネ・ハウク(ドイツ/2022チャレンジ・ロート優勝、2019アイアンマン世界選手権優勝)、ローラ・フィリップ(ドイツ/アイアンマン女子・世界レコードタイム保持者)など。

男子は、サム・レイドロー(フランス/2022アイアンマン世界選手権2位、PTO世界ランク4位)、マグナス・ディトレフ(デンマーク/2022チャレンジ・ロート優勝、PTO世界ランク3位)、パトリック・ランゲ(ドイツ/アイアンマン世界選手権2勝、2022チャレンジ・ロート2位)、セバスチャン・キーンレ(ドイツ・写真上/2014年アイアンマン世界選手権優勝)などのトップランカーたちだ。

会見では、出場者それぞれがレースの抱負や目標などを答えていた中、特に印象的だったのが全選手が、このロート大会に対してのリスペクトと大きな期待の念を抱いているということだった。

昨年、初出場での優勝を果たしたマグナス・ディトレフ(写真上)は、「今まで、これほど多くの観客をレースで見たことがなかった。この世のもののトライアスロンとは思えない興奮を覚えましたね」と衝撃を受けたことを語り、ダニエラ・リフ(写真下)は、「トライアスロン界において、ロート大会の歴史は最も価値のあるもの。それは出場者として感じたことです」と、このレースに戻ってきた理由を述べている。

昨年女子優勝のアンネ・ハウク(写真下)は、「すべてにおいてレースの雰囲気は最上で、私の力を100%引き出してくれる大会なのです」と、やはり特別してしているようだった。

合計参加者5,000人超のロングディスタンス大会、そして決して大きくはない規模のロートの街に、25万人の応援者が詰めかける大会は、エイジはもちろん、トッププロたちにも間違いなく大きな吸引力を発してる。
その一端が垣間見れる会見でもあった。

少し突っ込んだ話しをしよう。
このロート大会が行われる6月25日、同じヨーロッパの地ではアイアンマン・ニースが実施される。周知のとおり、ニースでは9月にほぼ同じレースレイアウトでアイアンマン世界選手権が初開催されることになっており、特にロングの男子選手には気になる存在だったはず。
そんな中でも彼らがこのレースをチョイスした事実は、いかにロート大会の存在感が際立っているかという証左ともとれるだろう。

この会見後も多数のTVクルー、メディアが注目選手たちのインタビューに時間を費やし、イベント自体はなかなか終わりの見えない流れにもなっていた。

TRIATHLON LIFE昨年優勝の マグナス・ディトレフ の動画コメントをキャッチできたので、下記のカンファレンスのダイジェストを含めたムービーもご覧いただきたい。(↓会見模様&インタビューの動画)

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【Harry’s Shots】ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ 横浜2023

  2. 【IMニース特集】アイアンマン世界選手権 Men・ニース大会のプロ出場選手リストが発表

  3. 【 IM世界選手権ハワイ】テイラー・二ブ。無限の可能性を秘めたタレント / ハワイ注目選手 ③

  4. 《Hawaii 特集》アイアンマン・ハワイ / プロ選手レース記者会見【動画レポート】

  5. 【Challenge Roth 特集】世界最大のトライアスロン大会エキスポ。チャンレンジ・ロート発信のアイテムをチェック ①

  6. アイアンマン世界選手権ニース【動画レビュー】

  7. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編②】 ヴィンゲゴー VS ポガチャル / 雌雄を決する高次元のファストTTバイク

  8. BMCの新型トライアスロンバイク “Speedmachine(スピードマシーン)” 登場 / マックス・ニューマン、アリスター・ブランリーが駆る! 

  9. 【 IM世界選手権ハワイ】ダニエラ・リフ。孤高の道程 / ハワイ注目選手&バイク ①

  10. 【Challenge Roth 特集】世界最大のトライアスロン大会エキスポ。チャンレンジ・ロート発信のアイテムをチェック ②

  1. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  2. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  3. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  4. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  5. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  6. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  9. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  10. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

TOP