トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

プロダクト

コルナゴ/K-ONE TIME TRIAL

 な、な、なんと衝撃的な逆転でマイヨジョーヌを確定させたタデイ・ポガチャル(スロベニア)。同胞ログリッチとスロベニアン・エクスプレスとして雌雄を決したタイムトライアル後の熱い抱擁の感動が冷めぬ間に、UAEチーム・エミレーツ(アラブ首長国連邦)が今年も投入したコルナゴのTTバイクをピックアップ。
イタリアの名門メーカーがラインアップするTTバイク“K-ONE TIME TRIAL”は気がつきにくいが仕様を見ると、トップチューブが若干のスローピングデザインで、トライアスロンを前提としたアタッチメントも用意されている点が目を引く。トライスロンでコルナゴといえば、90年代後半から2000年前半までアイアンマン界を席巻したルク・ヴァン・リルデ(ベルギー)をイメージする人も多いだろうが、これを機に欧州のトライスロンシーンでフューチャーされることは間違いないだろう。 UAEチーム・エミレーツのコンポーネンツはもちろんカンパニョーロ。イタリア×イタリアの勝利というのはイタルデザインの自転車マニアにはたまらないのではないか。
細部を見ると、両翼をなすピナレロとはまた違ったコダワリ、造形美が見てとれる。DHバーはすでにポピュラーとなった各選手にあわせたカスタマイズプロダクツであろう。

|

KTM

まずお詫びします。言い訳になるのだが、今回の撮影コンディションがよりによってこれまでの20ステージ中、最悪だったので編集部がある意味一番注目していたKTMのTTバイクはシッカリ確認できなかった。KTMといえば日本ではモータサイクル界ではポピュラーといえるのだが、欧州ではスポーツサイクルの評価も高いとのこと。ただ写真のバイクはメーカーの公式ラインアップには確認できなかったモデル。なので一般的に入手するのも難しいだろう。バイクデザインはロード、エアロバイク、TTバイクともフロントフォークなどの直線的なデザインと、シートポストなどの少し洒落っ気のある湾曲したデザインの融合が印象的だった。

|

ビアンキ/AQUILA CV

今日の個人TTでマイヨジョーヌ確定が濃厚(違っていたらスミマセン)なプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)をエースとするユンボ・ヴィスマ(オランダ)はチェレステカラーに仕上げられたビアンキ AQUILA CV を投入。コンポーネンツにシマノ・デュラエース&シマノPROで固め必勝体制で挑む。写真は強力アシスト陣のひとりセップ・クス(アメリカ)のバイク。フレームサイズが小さいモデルはトップチューブを湾曲させ、コンパクトなデザインに仕上げている点も特徴のひとつだ。

|

キャニオン/スピードマックス CF SLX

モビスター(スペイン)とチーム アルケア・サムシック(フランス)のTTバイクは、トライアスリートに高いシェアを誇るキャニオンの スピードマックス CF SLX だ。残念ながらブレーキのディスク化はまたもやお預けとなったが、ツールではウィリエール、スペシャライズドと並び参加2チームが採用するブランドでもある。モビスターのキャニオンのコンポーネンツはスラム、アルケア・サムシックはシマノというのが大きな相違点。昨年までモビスターに所属していたナイロ・キンタナ(コロンビア)が今年アルケアに移籍、それと同じくしてアルケアがキャニオンにバイクをスイッチした点も何かの因縁か? 特に興味深いのはアルケアの各選手のDHバーのハイト。近年、アップライトなポジションをとる選手が増えていて、その高さも幅が広いのが特徴だが、キンタナはそのトレンドとは逆行する腰を折りたたむような低いポジション(写真左上)を好んでいる。

|

<スペアTT & 登坂用軽量バイク搭載のチームカー多数>

すでにTVで放映されているのであろうが、コース後半にある坂での乗り換えを想定し、軽量ロードバイクを搭載するチームカーがほとんど。これは事前に予測されていたことだが、まだ総合下位〜中位選手のスタート時でこのサポート体制ということは、上位選手でも確実に同じ組み合わせとなるだろう。

|

スコット/PLASMA

ミッチェルトン・スコット(オーストラリア)は今年も PLASMA をTTバイクにチョイス。こちらも昨年同様、コンポーネンツにシマノ、そして選手の要望にあわせフロントホイールにデュラエース、シマノPROの2種類を用意している。性能とは直接関係ないが、スコットのロゴの色が光のあたる角度によって変化する「カメレオンカラー」は今年のトレンドのひとつとなっている。

|

スペシャライズド/S-Works Shiv TT Disc

昨年のツールを大いに湧かしたジュリアン・アラフィリップ(フランス)が所属する、ドゥクーニンク・クイックステップ(ベルギー)は引き続き S-Works Shiv TT Disc を投入。メインコンポにシマノ・デュラエース、定評高いロヴァールのホール等をはじめとするエキップメントは昨年と変わらず。ボーラ・ハンスグローエもほぼ同じモデル、仕様を採用しており、さらには両チームともロードバイク、エアロバイク、TTバイクの3モデルともディスクブレーキを装備している点も注目ポイントだ。

>> ツール・ド・フランス2021 TTバイク特集

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  2. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  3. 《Hawaii 特集》ダニエラ・リフ / シーズン・マネジメントの集大成を 〜アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介〜

  4. アイアンマン世界選手権ハワイ & ニース【動画レース紹介】

  5. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

  6. 《Hawaii 特集》アイアンマン・ハワイ / プロ選手レース記者会見【動画レポート】

  7. 世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  8. 【コリンズ・カップ特集】五輪メダリスト5名 vs. アイアンマン世界選手権覇者4名 vs. 70.3世界選手権チャンプ3名 / 規格外の “コリンズ・カップ 2022” が開催

  9. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

  10. 【Challenge Roth 特集】“チャレンジ・ロート” 動画レースダイジェスト

  1. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  2. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  5. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  6. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  10. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

TOP