【プロダクツ】ツール・ド・フランス注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

     2007年に航空宇宙産業やモータースポーツといった最先端の工学技術を専門とするエンジニアリング会社から誕生したイギリスのブランド、FACTOR(ファクター)。2017シーズンから、ツール・ド・フランスにも出場するAG2R(アージェードゥゼール/フランス)へのサポートを開始したことで一気に有名になり、2020年からは新興イスラエルチームのイスラエル・スタートアップネーションにバイクを供給。あのクリストファー・フルーム(イギリス)が今シーズンから所属しているチームでもある。
     山岳ステージ向けの超軽量バイクや、エアロバイクでありながら軽量オールラウンドの要素を兼ね備えるモデルなど意欲的なラインアップが目を引く中、それら技術の粋を取り入れたTT&トライスロンバイクが SLICK だ。
     外見の特徴としては同社のロードモデルの最高峰ともいえる超軽量エアロロード、オストロVAM(写真下)を、さらに空気抵抗の削減を目的としたフォルムに発展させたフレームデザインといえる。

    空力を意識したエアロロードバイクでありながらフレーム重量が780gというオストロVAM

     パーツ類もトライムトライアル(TT)の要素を考慮したチーム独自のアッセンブルが見られる。メインコンポーネンツはシマノ・デュラエースだが、セラミックスピード社のビッグプーリーやブレーキのディスクローターがスイストップ製など細部でカスタマイズされている。パワーメーターはシマノ・デュラエースのクランクセットをベースとした4iiii(フォーアイ)、ホイールは選手によってHEDとブラックインク製とを使い分けていて、いずれもフロントにディープリム、リアにディスクの組み合わせだった(写真下)。

      DHバーは他チーム同様、カスタマイズされたアップライトなポジションが目についたが、ヘザー・ジャクソンなどが使用するトライアスロン専用DHバー『51 SPEEDSHOP』製の MONO-RISER AEROBAR が装着されたバイクがあったのもトピックのひとつといえる(写真下)。

    トライアスロン専用といえる『51 SPEEDSHOP』製の MONO-RISER AEROBAR は要チェックだ

     もちろんこれらのバイクはUCIの規格内に収まっているわけだが、フレーム形状、パーツアッセンブルを含めてツール・ド・フランスに出場している中で、非常にトライアスロン色が強いバイクを採用しているチームのひとつといえる。
     1回目の個人TT(6月30日)ではトップのタディ・ポガチャル(スロベニア/UAE チーム エミレーツ)から4分20秒遅れと、復調にはまだ時間がかかりそうなフルームが、7月17日の2回目の個人TTでどのような走りを見せるのかにも注目しておきたい。

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    2. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    3. 編集日記 〜劇的な再会〜

    4. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    5. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    6. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    7. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    8. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    9. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    10. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP