ヤーン・フロデーノが帰ってくる。ラストイヤーで完全復活なるか / 6月のドイツでロング・トップの豪華共演

海外レース情報

アイアンマン世界選手権(ハワイ島コナ)3度優勝。ハワイのレコードホルダー(2019年)でもあったヤーン・フロデーノ(ドイツ)が、満を持して今シーズンのレーススケジュールを発表した。

昨年はアキレス腱のケガにより5月のアイアンマン世界選手権(アメリカ・ユタ州セントジョージ)をキャンセル。7月にドイツ・ロスのチャンレジレースで復帰を果たすも、故障を再発させてランスタート後にリタイアしており、その後、再復活を目指すもバイクトレーニング中に事故に遭うという不遇の2022シーズンを過ごしていた。(※写真をタップするとフル画像で見られます)

『ラストイヤー』と昨年から公言していたフロデーノ。今回のスケジュール・アナウンスでは “完全なプロとして”、と若干の含みをもたせた内容になっているが、2023年はアイアンマン、そしてPTO(Professional Triathletes Organization)レースを含めた下記5レースを予定している。
・4月1日/アイアンマン70.3オーシャンサイド(アメリカ) ・5月6日/PTOヨーロピアン・オープン(ミドル) ・6月4日/アイアンマン・ハンブルク(ドイツ) ・8月6日/PTO・USオープン(ミルウォーキー) ・9月10日/アイアンマン世界選手権(フランス・ニース)

特に注目を集めそうなのがニースのアイアンマンだろう。今年、世界選手権・男女交互開催のレースとして新たに誕生した9月のコート・ダジュールの舞台に、フロデーノは早々と参戦表明したひとりとなった。

「ついに今年のレーススケジュールを発表できてすごく興奮しているよ。ハンブルクは自分にとってITUレース(51.5km)時代から馴染み深い場所、そして想い入れのあるカリフォルニア、さらにはタフなバイクコースで非常に大きなチャレンジになるニース。フルシーズン、そしてこれまで進化してきたレースの舞台で戦うことを楽しみにしている」
並々ならぬ想いで42歳のシーズンを迎える彼のパフォーマンスに注目しよう。

ロング・シーズン前半のハイライトとなるドイツのチャレンジレース
一方、2023年のロングディスタンス・シーズン前半で間違いなく注目を集めるのが、6月25日にドイツで行われるチャンレンジ・ロスだ。
昨年に開催20年の節目を迎え、新たな歴史を刻む今レースのプロフィールドには、これまで培ってきたスカウティング力も発揮させ目を見張るラインアップを発表。
レース単体としては、男女分割開催となったアイアンマン世界選手権に替わり、ロングの世界最高峰イベントといっても過言ではない内容として実施される。とにかく主要出場者リストを見てほしい。
【女子エントリー】
・アンネ・ハウク(ドイツ/2022チャレンジ・ロス優勝、2019アイアンマン世界選手権優勝)

・ダニエラ・リフ(スイス/アイアンマン世界選手権5勝)

・チェルシー・ソダーロ(アメリカ/2022アイアンマン世界選手権優勝)

・ローラ・フィリップ(ドイツ/アイアンマン女子レコードタイム保持者)

【男子エントリー】
・サム・レイドロー(フランス/2022アイアンマン世界選手権2位、PTO世界ランク4位)

・パトリック・ランゲ(アイアンマン世界選手権2勝、2022チャレンジ・ロス2位)

・マグナス・ディトレフ(デンマーク/2022チャレンジ・ロス優勝、PTO世界ランク3位)

・セバスチャン・キーンレ(ドイツ/2014年アイアンマン世界選手権優勝)

以上はそのビッグネームたちの一部。
2月上旬のプロフィールド・リストのアナウンス後、各国のトライアスロンメディアがざわついたのもうなずける。
いずれにせよ世界のロング・トライアスロンシーン前半は6月のドイツが話題の中心となり進んでいくはずだ。
>> チャレンジ・ロス大会のホームページ ※リンク

ロス大会のハイライトのひとつ、ツール・ド・フランスの山岳ステージを彷彿とさせるソーラー・ベルク(丘)。今年はこの名物坂道に、歴代最多の観客が押し寄せることになるだろう ©Challenge Roth 2022/Lars Pamler

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  2. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  3. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】タデイ・ポガチャルの注目決戦バイクをチェック

  4. レースの原風景 ~ the origin ~/ PTOヨーロピアン・オープン2023

  5. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】ステージ4勝バイクから得る “速く走る” ためのエッセンス

  6. 22歳のボーゲンがIM70.3世界選手権の史上最年少チャンピオンに輝く / 男子プロの表彰台はドイツ勢が独占

  7. 【Harry’s Shots】 全日本トライアスロン宮古島大会

  8. 歴史の継承。【IMニース世界選手権2023・レビュー】

  9. BMCの新型トライアスロンバイク “Speedmachine(スピードマシーン)” 登場 / マックス・ニューマン、アリスター・ブランリーが駆る! 

  10. 歴史的瞬間を見逃すな! フェニックスSUB7&SUB8 プロジェクト/男女7時間&8時間の壁を打ち破るか?

  1. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  2. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  3. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  6. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  7. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  10. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

TOP