編集日記 〜劇的な再会〜

    話は昨年のツール・ド・フランスの後半、エンブランの町で起きた出来事から始まる。宿泊先のリビングでパソコンを開いていたのだが、0時前になったので明日のステージに向けそろそろ寝ようかと思ったとき、“コンコン” とドアをノックする音が。。。
    「え?」と一瞬背筋が凍り付く。(こんなときあなたならどうします?)
    状況を整理しようとしばらく考えていると、また“コンコン” という音が。
    見たらドアがすでに半開き(鍵をかけていなかった)。なんじゃ、オラ! と意を決してドアを明けてみると、そこにはスキンヘッドの大柄な男の姿が。。。
    ここまで来てボクの取材活動は終わるのだろうか? とっさに何か部屋に棒、あるいは鈍器のようなものがないかと探そうとするが、男は自分の首にかけているIDカードを差し出し「ツール・ド・フランス、ツール・ド・フランス」と話しかけてくる。どうやらツールの関係者で自分は怪しい者じゃない、アピールしているようだ。

    こんな大柄な人が訪ねてきたらどーします?

    「ならばオレもツール・ド・フランスなんやけどなぁ」と思いながらどうしたの? と聞くと、まったく英語が通じない(ワタシも似たようなもんだが)。しょうがないのでスマホを取り出しグーグルの翻訳機を使うと、どうやら自分の予約していた宿が閉まっていて中に入れず困っている、ということだった。ツールの舞台裏ではいろいろな人が運営に関わっていて、彼はオフィシャル車両の運転手のよう。朝4時ごろには次の会場に出なきゃならないという。
    宿の大家さんに電話したのだが、この時間なのでもちろん出ない。困って考えていると、ふと自分の部屋にはふたつベッドがあったことを思い出す。
    いやいやいや。あの狭い部屋でこの大柄な「ツール・ド・フランス」さんと一夜を明かす、というのはありえないでしょ。ここはドライにお断りするしかないと思ったが、見るからに彼は疲弊していて本当に困っているようだった。
    う〜ん、どうしたものかと迷う。でもよくよく考えるてみと、ボクだって初ツールとなるこれまでの行程で、ホントいろいろな人に助けてもらってここまで来られたんだよなぁ、と。
    意を決しもう一度スマホで「ボクはあなたを信用しています」。続けて「ボクの部屋にはベッドがふたつあります」と説明した。すると彼は、いやいやとんでもない、それはいくら何でも申しわけなさ過ぎるというジェスチャー。そして自分のバンの中で仮眠するといい、駐車場へと去っていった。
    ものすごく気になったので、しばらくして彼を見に行くと、エンジンを駆けたまま大きな身体を小さく丸めて運転席に座っていた。
    「役に立てなくてごめんなさい」そう彼に話かけたときに、自分の部屋にあるベッドのひとつをリビングで使ってもらえてばいいじゃないか、というアイデアが浮かぶ。それでも遠慮する彼を説得し、泊まってもらうことにした。
    そして翌朝、リビングへへ行くともう彼の姿はなかった。

    話はまだ続く。
    その二日後、スタート地点のレースパドックを歩いていると、「HEY !」と呼びかけられ、振り返るとあの「ツール・ド・フランス」さんの姿が。彼の名はダミアン。本当に嬉しそうな笑顔で歩み寄ってきて、しばし熱い抱擁を交わした。
    相変わらずちゃんとしたコミュニケーションはとれなかったが、スタート時間が近づいてきたので「また来年のツールでね」とその場で別れる。
    そして今年。第4ステージが昨年の “事件” が起きた町に近いことを思い出し、ダミアンに「今年もツールに来てるんですよ」とメール。すると「うそ? 今ボクもフィニッシュ地点にいるんだよ。どこにいるの?」と返事が。その後、めだたく1年2カ月ぶりの再開となったのだ。
    この世界最大級のイベントは、選手やオフィシャル、メディア、もちろん観客など本当にいろいろな人が関わり、一団となってツール・ド・フランスという大きな車輪を回し続け、パリへと進んでいく。そんなレースを3週間も追い続ければ、良くも悪くもいろいろなことがが起こるわけだ。1人の例外もなく。
    でも、それがこのレースの魅力のひとつでもあるんだな、と思うはボクだけだろうか。

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    2. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    3. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    4. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    5. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    6. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    7. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    8. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    9. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    10. 編集日記 〜劇的な再会〜

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP