編集日記 〜水中撮影〜

編集日記

 もう10年以上前の話になるが、筆者がサラリーマンだったときトライアスロン誌の編集を12年勤めたのち水泳雑誌を2年間担当させてもらったことがあった。トライアスロンでも水泳記事は重要であるが、水泳誌は当たり前だがスイム企画のみで1冊を仕上げる。そんな中、試行錯誤したのが水中撮影。古い話で恐縮だが、当時は高性能の防水カメラ、無論ムービーなどはなく苦労が絶えなかった。
 ではどうやっていたかというと、「ハウジング」という防水カバーをカメラにセットして撮影するケースが多かった。このハウジングはカメラごとの専用設計でしかも高額。所有しているカメラマンさんも少なく、彼らのスケジュールにあわせて撮影日を組むこともしばしば。さらにはごく希にセットが甘くカメラが水没してしまうことも。。。
 何がいいたいかというと、今回チームブレイブの取材に GoPro HERO8 を使用したのだがその性能に愕然。完璧な防水で4K動画が簡単に撮れ、しかも素人(筆者)でもなかなかの水中撮影が可能なのだ。今をときめくユーチューバーなどには「今ごろ何言ってんの?」てな感じだろうが、昭和生まれのワタクシには感動の連続というわけだったのである。このGoPro、秋には新型が出るらしいのだが、8K動画に進化するのも時間の問題だろう。もう8Kやら5Gやら。オジサンにはついて行く(行けてない?)のがやっとというのが実情である。

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  6. 6

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  10. 10

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

おすすめ記事 過去の記事
  1. 編集日記 〜劇的な再会〜

  2. 《Hawaii 特集》チェルシー・ソダーロ / アメリカン・ニューヒロイン誕生の瞬間 〜アイアンマン・ハワイ女子プロレースレポート〜

  3. ツール・ド・フランス2021特集 タデイ・ポガチャルのTTバイクをチェック 〜コルナゴ/K.ONE 〜

  4. 《Hawaii 特集》ブルンメンフェルトが語る “カデックス TRI” / アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介 & 注目バイクチェック

  5. ツール・ド・フランス2021特集 TTバイク速攻リポート

  6. アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  7. 〜 IMセントジョージ・大会レポート② 〜 トライアスリートの肖像

  8. 賞金総額 “4億円” のシリーズ戦。2022シーズンの新基軸に加わる注目の “PTOツアー”

  9. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

  10. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  1. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  2. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  6. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  7. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  8. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  9. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  10. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

TOP