フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

今シーズンも終盤。2022年シーズンの足音が聞こえてくる中、新型トライアスロンバイクのリリースも間近に迫ってきている。本来なら10月のアイアンマン世界選手権(ハワイ)の前後にあわせて正式に発表されることが通年なのだろうが、同レースの延期にともないそのタイミングもバイクメーカーによっては押し気味のようだ。
しかしながら各メーカーからサポートを受けるトップアスリートの中には、すでに2022モデルでレースを戦っている選手も多い。ここでは来シーズンの目玉のひとつとなるであろうフェルトの新型モデルをピックアップする。

まず何といっても目につくのはその個性的なフレームデザイン。スペシャライズド/S-WORKS Shiv やキャニオン/スピードマックスに代表されるように、トップチューブがフラットで全体的にシャープなフォルムが主流となりつつあるトライスロンバイクの中にあって、それに逆行するような大幅に湾曲したトップチューブや、トライアングルフレームでは過去に例がないほどのボリューミーなフロント&リアまわりなど独創的なフォルムを見せる。
写真は8月末にスロバキア・シャモリンで行われたコリンズ・カップでダニエラ・リフ(スイス/写真下)が使用したバイクだが、同じトランジションにセットされたバイクの中でも異彩を放っていた。

現行のフェルトのトライスロンバイク「IA」もボリュームのあるダウンチューブとシートチューブが特徴のひとつだったが、新型はまったくの別物といえる。ちなみに IA とは「Integrated(統合) Aero」の略とのことだが、次世代のトライアスロンバイクを創出するにあたり、フェルトが熟考し生み出したカタチがこのエアロシェイプ・デザインということなのだろう。

気になる空気抵抗値などのスペックはメーカー発表を待ちたいが、外見から判別できるのはまず大型のフューエルシステムをトップチューブ前方に装備している点。容量を確保しながらもフレーム形状と一体化させたデザインは先代コンセプトとなる “Integrated” を踏襲したものととれるだろう。シートチューブのリアタイヤ部分の処理も、これ以上ないくらいギリギリの幅に沿って成形され、後輪回転による空気の巻き込み軽減を狙っている。

フェルトといえばロングディスタンスの最高峰、ハワイ(アイアンマン世界選手権)でみると2013年から2018年まで6年連続で女子優勝バイクに輝いているブランド。過去には1980年後半から90年代に活躍し、ハワイ女子で8勝を挙げているレジェンド、ポーラ・ニュービー – フレイザー(写真下)が駆っていたという歴史もあり、ロングディスタンスを中心に注目を集めるモデルとなるだろう。
今回の先鋭的ともいえるブランニュー・バイクが市場にどう受け入れられるのか。大いに興味が湧くところだ。

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク③ 〜ダニエラ・リフ & フェルト・IA 2.0 編〜

  2. トライアスリートのためのTDF / ヨナス・ヴィンゲゴーのマイヨジョーヌ獲得をアシストしたサーヴェロ・新型 S5

  3. 水郷潮来トライアスロン2020【動画リポート】

  4. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  5. 歴史的瞬間を見逃すな! フェニックスSUB7&SUB8 プロジェクト/男女7時間&8時間の壁を打ち破るか?

  6. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  7. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  8. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  9. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク② 〜セバスチャン・キーンレ & スコット・PLASMA 6 編〜

  10. “BOULDER/メッシュバッグ”  あらゆるシーンにフィットする多機能ストレージが登場

  1. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  2. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  3. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  4. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  5. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  6. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  7. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  8. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  10. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

TOP