エコイ(Ekoï ) ✕ アイアンマン / ヨーロッパシリーズのオフィシャルサプライヤーに

ヨーロッパのサイクルシーンを中心にシェアを拡大し、トライアスロンでもプロ選手などへ精力的なサポートを手掛ける Ekoï (エコイ)が2022アイアンマン・ヨーロッパシリーズのサプライヤー・パートナーとしてプロダクト展開することとなった。

2001年にフランスで誕生したエコイは、ヘルメットやアイウエア、アウターなどを中心に商品をリリースしている新興サイクル・ブランド。主にヨーロッパ市場で評価を高め、輩出されてきたレーシング・エキップメントは多くのアスリートに支持されている。
代表的なのはやはりサイクルロードレース界での存在感。たとえば世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスに2021年出場した全23チーム中、4チームがエコイのヘルメットを採用し、メーカー別トップ・シェアを誇るなど本場プロ・サイクリングチームの信頼を得ている。

ツール・ド・フランス2021の出場チーム内でのシェアはナンバーワン。写真左は個人タイムトライアルに向け準備するナイロ・キンタナ(コロンビア)

日本ではまだあまり知られていないブランドかもしれないが、トライアスロン界ではパトリック・ランゲ、アンネ・ハウグのアイアンマン世界選手権チャンピオンや、東京オリンピックに出場し、同レースで金メダルを獲得したクリスティアン・ブルンメルフェルトとチームメイト(ノルウェー)のカスパー・ストルネスなど多くのプロトライアスリートが使用していることは有名だろう。
そういったアスリートからのフィードバックをさらなる商品開発に反映させている点も、メーカーアドバンテージにつながっているという。

2021年のチャレンジ・ロートを走るパトリック・ランゲ(写真上)/初開催となった昨年のコリンズカップ出場アスリートに選ばれたアンネ・ハウグ(下)

ところで、世界のトライアスロン界においては今回のリリースに関わらず、ヨーロッパのマーケットが再び注目すべきフェーズに入っているといえる。
その理由のひとつとして挙げられるのが、欧州発信のトライアスロンイベントの活況、そして先鋭性だ。

たとえばアイアンマンのシリーズ戦を見てみると、全世界で200大会強ある中で欧州開催は68レースを数え、これは北米エリアの61を上回る数となっている。
その一方で、ヨーロッパを拠点とする複数のトライアスロン機関が新たなイベント&プロジェクトなどを発信。賞金総額4億円となる PTOツアー の開催や、アイアンマンディスタンスで男子7時間、女子8時間切りを目指す フェニックス・プロジェクト など、各国のトライアスロン・メディアが注目する新たな基軸が創出されていることからも、欧州トライアスロン・シーンの動向から目が離せない2022シーズンとなることは間違いない。

>> Ekoï のアイアンマン・オフィシャル告知ムービー ※クリックでアクセスできます

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  3. 3

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  4. 4

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  5. 5

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  6. 6

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  7. 7

    ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  8. 8

    ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  9. 9

    新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  10. 10

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

おすすめ記事 過去の記事
  1. IMセントジョージ特集 / 注目選手④ 〜クリスティアン・ブルメンフェルト & グスタフ・イデン/ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO 編〜

  2. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  3. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  4. 沖縄キッズトライアスロン【動画リポート】

  5. アイアンマン・セントジョージ特集 / 写真で見るチャレンジングなコース。タフなバイクパートが勝負を分ける

  6. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  8. “BOULDER/メッシュバッグ”  あらゆるシーンにフィットする多機能ストレージが登場

  9. 【レースアーカイブ】 石垣島トライアスロン2021《動画レポート》

  10. 賞金総額 “4億円” のシリーズ戦。2022シーズンの新基軸に加わる注目の “PTOツアー”

  1. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  7. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

  8. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  9. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  10. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

TOP