2022年アイアンマン・シーズンが南米チリでキックオフ / ギリシャ、ノルウェーとさらに広がる70.3シリーズ

2022年のトライアスロン・シーズンが南半球から本格スタート。
国土の南北距離が約4,500kmに及ぶチリの首都・サンティアゴから南へ650km、観光地で有名なプコンで『アイアンマン70.3 Pucon』が1月9日に開催された。
この注目レースのプロ男子を制したのはスペインのハビエル・ゴメス(写真上)。バイク終了時までは5人でポジションを争ったが、21kmのランを1時間10分4秒でカバーし、後半は独走で勝利した。
昨年の東京オリンピックは25位と振るわなかったが、51.5kmの世界チャンピオンに幾度も輝きアイアンマン70.3世界選手権はこれまで2度制覇、フルディスタンスのアイアンマン(2019年マレーシア)でも優勝実績をもつゴメス。5月のアイアンマン世界選手権(アメリカ・セントジョージ)も視野に入れており、2022年注目しておくべきアスリートのひとりだ。

プロ女子のレースは、こちらも昨年の東京オリピックに出場(32位)したブラジルのルイザ・バプティスタがトップでフィニッシュ。同レースを5度制している地元のバルバラ・リベロス(チリ/写真上)を抑えて、今季のオープニングレースを飾っている。
<プロ男子リザルト>
1位 Javier Gomez (ESP) 3:50:54
2位 Lucino Taccone (ARG) 3:52:51
3位 Reinaldo Colluci (BRA) 3:58:12
<プロ女子リザルト>
1位 Luisa Baptista (BRA) 4:17:12
2位 Barbara Riveros (CHI) 4:25:16
3位 Romina Palacio (ARG) 4:42:54

【さらに活況を呈する70.3シリーズだが・・】
これと前後してアイアンマンの主催者は今年、ヨーロッパで新たに2つの70.3レースを開催すると発表。7月3日のノルウェー・サンネスと10月23日のギリシャ・ヴォウリアグメ二大会で、いずれも2023年8月末にフィンランド・ラハティで開催される70.3世界選手権の出場枠が当然与えられることとなる。
サンネスはフィヨルドへの玄関口に位置する申し分のないロケーション。そして特筆すべきはギリシャのヴォウリアグメ二で、首都アテネから約20km南下するこの街は、2004年のアテネ・オリンピックのトライアスロン会場となった歴史的な場所だ。
スイムコースこそ(オリンピックと)異なるが、ランの一部はアテネで海岸線を走ったバイクコースと重なるなど、風光明媚でメモリアルなレースを満喫できることだろう。
ちなみにではあるが今般の2大会誕生で、2022年のアイアンマン70.3シリーズは、開催日未発表も含めると実に全世界で50以上を数えるまでとなった。引き続く世界的な人気&ネットワークを誇るといえるのだろうが、その一方でますます加速する拡張路線に、一家言を持つ向きもいるのではないだろうか。
そのあたりの見立ても今後コラムとしてまとめ、紹介していくこととしたい。

2004年アテネ・オリンピックの舞台となったヴォウリアグメ二のロケーションはこの上ないものといえる

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  3. 3

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  4. 4

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  5. 5

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  6. 6

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  10. 10

    ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

おすすめ記事 過去の記事
  1. ブルンメンフェルトが駆る “CADEX・トライアスロンバイク”/2022シーズンを席巻するか

  2. 九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  3. IMセントジョージ特集 / 注目選手⑤ 【動画】で見るキャメロン・ワーフ & ピナレロ・BOLIDE TR +

  4. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. アイアンマン・セントジョージ特集 / 写真で見るチャレンジングなコース。タフなバイクパートが勝負を分ける

  6. ツール・ド・フランス2021特集 タデイ・ポガチャルのTTバイクをチェック 〜コルナゴ/K.ONE 〜

  7. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

  8. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク① 〜ローラ・フィリップ & キャニオン・Speedmax CFR 編〜

  9. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  10. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  1. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  2. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  3. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  7. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  8. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  9. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

  10. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

TOP