【 IMハワイ&ニース特集】2024年のアイアンマン世界選手権。ニースは9月22日、ハワイ10月26日に開催

IM 世界選手権

来週の10月14日にアイアンマン・ハワイが実施されるが、2024年アイアンマン世界選手権のスケジュールもすでに発表されている。
開催日は来年9月22日に世界選手権ニース(Women)、10月26日に世界選手権ハワイ(Men)。今年8月5日のアイアンマン・タリン(エストニア)から2024年ハワイの、そして8月20日のアイアンマン・ビシー(フランス)からはニースの出場スロットが充てがわれたシリーズレースがスタートしており、エイジ、プロを含め来年の世界選手権大会へのプログラムは始まっている。

先月の9月10日に行われた フランス・ニース大会 は、周知のとおり、開催地も含め男女別レースとなったアイアンマン世界選手権の MEN’Sイベント。

スイムは真っすぐ延びた海岸線を背にしてのフローティングスタート。バイクは獲得標高2,400mのマウンテンコース。そしてランはフラットではあるものの街部、さらには美しい海岸線を望みながら4往復する組み合わせで、1981年からハワイ島カイルア・コナで行われ続けてきたコースとは全くといっていいほど別物の大会となる。

この新たな世界選手権に今年は2,000人を超える男性トライアスリートが集結し、アイアンマンの新たな歴史をスタートさせた。
そして来年9月のニース、コート・ダジュールの地は女性アスリートの舞台に。このローテーションは少なくとも2026年まで続くことになる。

世界選手権ニースのプロ男子を制したフランスのサム・レイドロー(中央)。2位に追い上げたパトリック・ランゲ(ドイツ/左)、そして3位のマグナス・ディトレフ(デンマーク)。レイドロー24歳、ディトレフ25歳という若手たちの活躍が際立ったレースでもあった

ウミガメを眺めながら泳ぐのがアイアンマン・ハワイなら、ニースはクラゲ? フォトショットも対照的といえるか

世界で40レース以上行われるアイアンマンのふたつの頂点
そして、今年初めて女性だけで行われるハワイのアイアンマン世界選手権。
プロはかつてないレベルの高い戦いになること必至の中、こちらもニューカマーとなる東京オリンピック銀メダリスト(混合リレー)の テイラー・二ブがフルディスタンスに初挑戦する など、さらに注目を集めている。

まだ2024年の全詳細は発表されていないようだが、これらふたつのアイアンマン最高峰への道を目指すとするならば、例年ならばニース(女子の世界選手権)は7月のアイアンマン・レークプラシッド(アメリカ)。そしてハワイ(男子の世界選手権)が8月のコペンハーゲン(デンマーク)あたりまでのスロットが、2024世界選手権出場の切符となるであろう。

昨年のハワイはチェルシー・ソダーロというニューヒロインが誕生。アメリカ人女性として26年ぶり、そして出産後1年半を経ての優勝という、フロントランナーとしての活躍にも注目が集まった。
2023年大会はどんなストーリーが待ち受けているのだろうか。

次回の70.3世界選手権はタウポで開催
一方で、2024年のアイアンマン70.3世界選手権はニュージーランドのタウポで開催。まだ1年以上期間があるが来年12月14日に女子レース、15日に男子レースが予定されている。

過去をさかのぼると、もともと70.3世界選手権は2019年にフランス・ニースで実施されたあと、タウポで翌年(2020年)行われる予定だったのだが、新型コロナウイルス・パンデミックの影響でキャンセルに。2021年のアメリカ・ユタ州セントジョージ のあと、ニュージーランド・タウポは2022年開催に延期となっていた。

その後、2023年の70.3世界選手権がフィンランドのラハティで8月に実施されると決定。アフターコロナのレーススケジュールは固まったかに思えた。

8月26日・27日にフィンランド・ラハティで行われた70.3世界選手権。舞台はラハティのランドマークとなるスキー・ジャンプ台を背景に、そしてフィヨルド湖をスイムコースにして実施された

しかしその後、コロナウイルス感染の世界的な情勢は大きくは改善せず、70.3世界選手権は確実性も鑑みて アメリカ・セントジョージで2022年も実施する ことを主催者は判断。
これらの経緯を経て、NZタウポは2024年への再延期となっており、来年12月に、2016年オーストラリア大会以来、満を持してのオセアニア開催となる。

【9月10日開催の アイアンマン世界選手権ニース のレースムービー】下記タップしてください(↓)

>> アイアンマン世界選手権ハワイ&ニース の特集ページ ※リンク

 《 TRIATHLON LFE

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. アイアンマン世界選手権2023・ニース大会。そのレースプロフィールに迫る ①

  2. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  3. “BOULDER/メッシュバッグ”  あらゆるシーンにフィットする多機能ストレージが登場

  4. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】ブルンメンフェルトが選ぶ世界最高基準のエアロロード / ジャイアント PROPEL ADVANCED SL

  5. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  6. 宮塚英也のトライアスロン“EYE”/ ますます高速化するアイアンマン。最速ライディングフォーム&走りを解析する

  7. 【 動画レースダイジェスト】アイアンマン世界選手権ハワイ

  8. トライアスリートのためのTDF / ヨナス・ヴィンゲゴーのマイヨジョーヌ獲得をアシストしたサーヴェロ・新型 S5

  9. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  10. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  1. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  2. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  5. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  7. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  9. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

TOP