アイアンマン主催者が、世界選手権へのロシア、ベラルーシ・アスリートの参加を認めず

ロシアのウクライナ侵攻はスポーツ界においても多くの批判声明、アクションを生んでいるが、3月2日にアイアンマン・グループは、今年のアイアンマン世界選手権2大会と70.3世界選手権へのロシア、そしてベラルーシからのアスリートの参加を却下すると発表した。
7月17日にロシア・サンクトペテルブルクで予定されていたアイアンマン70.3もキャンセルされる。
国際オリンピック委員会とワールドトライアスロンの国際大会参加に関する勧告にも同調し、直ちに判断を下した。

さらには、2022年のすべてのアイアンマン・シリーズ戦に同諸国のプロ選手の参加を認めず(今週末3月5日のアイアンマン70.3ドバイ大会から適用)、エイジグループについては、ロシア、ベラルーシ国選手(国旗下での参加)としての受け入れを拒否する処置がとられることに。
シリーズ主催者は、「ロシア、ベラルーシのトライアスリートには困難な状況をもたらしてしまうことを認識しているが、アイアンマン・トライアスロンの高潔さを保つためにも必要な処置であると信じている。アイアンマン・グループはウクライナと連携、支援していく」という声明をアナウンスし、そして今後、ウクライナ・アスリートの参加をサポートすべく、様々なオプションを講じていくという。

これらはトライアスロン界にもさらなるアクション、影響を与えていくこととなるだろう。

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  2. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

  3. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  4. ツール・ド・フランス2021特集 タデイ・ポガチャルのTTバイクをチェック 〜コルナゴ/K.ONE 〜

  5. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

  6. 〜 IMセントジョージ・大会レポート① 〜 勝者の風格

  7. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト②

  8. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  9. IMセントジョージ特集 / 注目選手⑤ 【動画】で見るキャメロン・ワーフ & ピナレロ・BOLIDE TR +

  10. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

  1. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  2. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  5. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  6. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  7. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  8. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  9. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  10. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

TOP