3時間26分06秒 & 3時間53分03秒。ファンリール、フィリップが超高速タイムで優勝 / アイアンマン70.3ドバイ

IRONMAN

2022年ヨーロッパ&中東エリアでの、アイアンマン・シリーズのキックオフ戦となるドバイ大会が3月5日に開催された。
世界屈指の観光立国でもあるUAE(アラブ首長国連邦)で行われるレース。年々注目度が増す、新興トライアスロンエリアといえるこの中東で行われたプロ・カテゴリーには男女とも、今年も話題を提供し続けるであろうビッグネームたちがエントリー。それぞれのシーズン開幕を迎えることとなった。

ドバイ大会の大きな特徴のひとつはコースレイアウトだ。突出したラグジュアリー度を誇る公称“7つ星”ホテル、ブルジュ・アル・アラブを臨みながら泳ぐスイム。近未来都市を彷彿とさせる中心街を走り抜ける往復コースのバイク。そしてペルシャ湾をバックに整備されたランニングコースが映えるサンドビーチ沿いを1.5往復する。

スイムはドバイのランドマークのひとつ、ブルジュ・アル・アラブホテルをバックに泳ぐ photo/Activ Images for IRONMAN

注目のプロ・カテゴリーは男女とも、非常にレベルの高いレースとなった。
プロ女子を制したのは2021年のアイアンマン欧州チャンピオンに輝いているローラ・フィリップ(ドイツ/写真中央)。これで自身のアイアンマン70.3の勝利数を、なんと16に伸ばすこととなった。

接戦で2位となったのはアイアンマン世界選手権(ハワイ)で4回、アイアンマン70.3世界選手権で5度チャンピオンに輝いているダニエラ・リフ(スイス/写真下)。昨シーズンはなかなか思うような成績を残せなかったが、今回フィリップに次ぐ3時間56分55秒の快速タイムをマークして完全復活を印象づけている。

また、ローラ・フィリップ、ダニエラ・リフたちは今回のレース賞金を、現在ロシアの侵攻を被っているクライナを支援する諸機関などへ寄付することを事前に公表(1位・2,500ドル/約290万円、2位・2,000ドル/約230万円)。
「我々が戦うべきはスポーツで、決して戦争ではない」を合言葉に、自分たちが今できることを発信している。
こういった行動は今後、アスリート個人だけではなく、大会としてのウクライナ支援への取り組みにも大きな影響を与えていくこととなるだろう。

男子はワールド・トライアスロン・ランキング1位(3月6日時点)、そして東京五輪2020にベルギー代表で出場しているマルテン・ファンリール(写真下)が、昨年のディフェンディングチャンピオンのダニエル・ベェケゴー(デンマーク)とバイク終了までマッチレースを繰り広げたが、その後のランで引き離し初制覇。男子のレコードとなる3時間26分06秒を叩き出した。フラット基調のコースとはいえ、これは世界のライバルたちも注目せざるを得ないパフォーマンスといえるだろう。

なお、レースの中心のひとりになると見られていたクリスティアン・ブルンメンフェルトは、バイクで本来の走力を発揮できず3時間49分07秒の10位に終わっている。
今回のドバイを皮切りに、世界のアイアンマン・シリーズの注目は、次の3月19日のアイアンマン70.3ランサローテ(スペイン)へと向けられていくことになる。

ところで、今回の男女優勝タイムはハーフ・アイアンマンはもちろん、ワールドクラスのミドル〜ロング・レースのさらなる高速化を強く印象づけることになった。それはすなわち、世界のトップトライアスリートたちの進化が、さらなる未踏の領域へと進む可能性を示唆している。
5月にはアメリカ・ユタ州セントジョージでアイアンマン世界選手権が行われるが、このドバイ大会の主役たちも虎視眈々とタイトルを狙っているはず。その後の6月にはドイツの北東部・ドレスデンにてフル(アイアンマン)ディスタンスで男子7時間、女子8時間のタイム切りをターゲットとした『フェニックス・サブ7&サブ8プロジェクト』も実施される。
世界のトライアスロン・シーンの高速化はとどまる留まるところを知らないフェーズに入っているといえる。

【男子プロ結果】
1位 Marten Van Riel (ベルギー)  3:26:06
2位 Daniel Baekkegard (デンマーク) 3:27:54
3位 Pierre Le Corre (フランス)  3:33:01
【女子プロ結果】
1位 Laura Philipp (ドイツ) 3:53:03
2位 Daniela Ryf (スイス)  3:56:55
3位 Lottie Lucas (アラブ首長国連邦) 4:07:03

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

  2. They are ready to battle! / DAZN でコリンズ・カップがライブ配信される!

  3. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク② 〜セバスチャン・キーンレ & スコット・PLASMA 6 編〜

  4. 【特集/トライアスリート的ツール・ド・フランスの視点】ブルンメンフェルトが選ぶ世界最高基準のエアロロード / ジャイアント PROPEL ADVANCED SL

  5. 【 IM世界選手権ハワイ】チーム “ソダーロ”。挑戦の第二章 / ハワイ注目選手 ②

  6. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  7. 《Hawaii 特集》10月7日、9日(日本時間未明)にアイアンマン・ハワイが開催 / ダニエラ・リフの世界選手権通算6勝なるか?(女子プロ有力選手展望)

  8. アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  9. 『完全レース』再び! テイラー・ニブがアイアンマン70.3世界選手権を連覇 / プロ女子レース分析

  10. 沖縄キッズトライアスロン【動画リポート】

  1. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  2. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  5. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  7. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  8. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  9. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  10. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

TOP