『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

2022年のアイアンマン70.3世界選手権の女子プロレースが、アメリカ・ユタ州セントジョージで10月28日に開催された。

『Crushing(完全な)Race』。この日、レース解説者がそう評するほどの圧勝劇を見せたのが、アメリカのテイラー・ニブ(写真下)だった。
今シーズンの序盤、4月のアイアンマン70.3カリフォルニア大会で優勝。5月のワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ横浜大会でもスピードあるパフォーマンス(6位)見せていたニブ。
しかし実はその後、コンディションを大きく落としシーズン予定を修正。8月にノミネートされていた コリンズ・カップ もキャンセルせざるを得ない状況に陥っていた。

「ここまでの環境下で多くのことを学びました」
レース前にそうコメントしていたように、昨年からはらミドルディスタンスにも挑戦し(コリンズカップ2021出場/18人中1位など)、今年はミドル出場のためにトライアスロンバイク(TREK・Speed Concept)も導入。

出場ブランクが明けた9月の PTO・USオープン では2位に入り、再びトップシーンに返り咲いている。
ショート、そしてミドルに向けたレース準備&コンディショニングや、トライアスロンバイクでのパワーメーター出力管理。さらには思い通りにいかなったシーズン途中での経験なども含め、自ずと自身の引き出しが増えていくことも実感してのコメントだったのだろう。

水温17℃というコンディションの中、レースをリードしたのはやはりルーシー・チャールズ-バークレー(イギリス/写真左)だった

そんな確信がレースで存分に発揮される。
スイムはレースウィークに入ってから低温気候が続き、距離が短縮されるのではないかという情報もあったコンディション。水温17℃の中で当日レースがスタートした。

厳しいレース条件に、自ずと出場者たちのコンディション維持も難しくなる。
バイクパートではほとんどの選手が寒さ対策のためグローブやアームウォーマーを使用。各自、対策を施してレースを進める中、ニブはバイクジャケットまでも導入していた(写真下)。

それも効奏したのか、スイム終了時には、3週間前に行われたアイアンマン世界選手権(ハワイ)でダントツのスイムラップをマークしていたルーシー・チャールズ-バークレーとほぼ同位(トップ集団)につけバイクスタート。
その後すぐに独走劇を演じることとなる。

出場トップ選手の中でも高い安定性を感じさせるポジション。そして大きな出力を維持し続けるペダリングなど、バランスのとれたニブのバイクフォームは、今回の “完全レース” を成立させるための大きなピースになっていた。

バイクパートはフローラ・ダフィ(バミューダ)、ポーラ・フィンドリー(カナダ)との2位集団でフィニッシュしたチャールズ-バークレー(写真上)。ランの追い上げが期待されたが3週間前のハワイでの疲労、そして(ハワイとユタとの)寒暖差が影響したのか? 中盤から徐々に遅れをとり4位という結果に

結果、ニブはバイク90kmで2時間14分41秒という他を寄せ付けないラップをマークし、後続に約7分の差をつけて難コースが待ち受けるランパートへと進んでいく。
さらに、ニブは身長169cmのダイナミックなフォームから繰り出す推進力で、ラン序盤でもリードを拡大。もう誰にも付け入るスキを与えないレースプランを完成させつつあった。

ポーラ・フィンドリー(カナダ/前)、フローラ・ダフィ(バミューダ/中央)、チャールズ-バークレー(後)のランパートに入っての激しい2位争い。このあとダフィの走りは精細を欠き5位へと後退してしまう

しかし急な上りやゴルフコース内を走るクロスカントリー区間など、「すべての要素が詰め込められたコース」(解説者)を2周回するランでは、さすがに後半のペース維持は難しかったよう。
「10kmを過ぎてからは本当に苦しかった」と少しピッチを落とすものの大勢にはまったく影響なく、2位に5分半の差をつけてトータルでの完成度を見せつけて圧勝した。

バイクの途中では後続との大きなタイム差を確認し、「セーフティ・ファーストを心がけていました」(ニブ)と、本人が自認する以上にレース経験値も上げたようだった。

プロ女子レースのポディウム。優勝したニブ、2位にポーラ・フィンドリー(カナダ/左)、3位にはランで猛追したエマ・パレント-ブラウン(イギリス/右)が入った

「(この厳しいコンディションの中)スイム、バイク、ランを上手くこなせたことに感謝しています。セントジョージの皆さんの応援が私をこの場(1位)に連れてきてくれました。本当にありがとうございます」
心技体ーー。24歳で70.3世界チャンピオンの座を獲得したニブは今シーズン、さまざまな経験を経て大きな充実期を迎えている。

レース会場は5月に行われたアイアンマン世界選手権と同じ。フィニッシュ地点後方に見えるアイアンマン・モニュメントが街のシンボルとなっている

さて、気になるのは今後の彼女ベクトルがどこに向かっていくのかということだ。オリンピックを目指すのか、ロングへと舵を切っていくのか。
優勝インタビューではそのことには触れられなかったが、いずれにせよ今回「完全な勝利」を納めた彼女の、来シーズンの動向に注目が集まるのは間違いない。

【プロ女子レース結果】
1位 Taylor Knibb (USA)  4:03:20
2位 Paula Findlay (CAN)  4:08:57
3位 Emma Pallant-Browne (GBR) 4:10:45
4位 Lucy Charles-Barclay (GBR) 4:11:24
5位 Flora Duffy (BER)   4:13:33
6位 Holly Lawrence (GBR) 4:14:15
7位 Jackie Hering (USA)  4:15:05
8位 Nikki Bartlett (GBR)  4:15:38
9位 Tamara Jewett (CAN) 4:15:57
10位 Anne Reischmann (GER) 4:16:50

《プロ男子レースのリポート》 ※リンク

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  6. 6

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

おすすめ記事 過去の記事
  1. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  2. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  3. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  4. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  5. トライアスリートのためのTDF / ピナレロ史上最速のTTバイク “BOLIDE F” はハワイでも見られるか?

  6. コリンズ・カップは世界トッププロたちの重要ターゲットになり得たか

  7. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク③ 〜ダニエラ・リフ & フェルト・IA 2.0 編〜

  8. 《Hawaii 特集》ブルンメンフェルトが語る “カデックス TRI” / アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介 & 注目バイクチェック

  9. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  10. 九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  1. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  2. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  3. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  4. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  5. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  6. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  7. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  8. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  9. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  10. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

TOP