アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

IRONMAN

 9月18日(土)にユタ州南西部のセントジョージで開催されるアイアンマン70.3世界選手権の、プロカテゴリーの出場者リストが発表された。当初予定していた2日間開催から9月18日のみの実施となった同大会。これは、いまだ世界的な終息の見通しが立たないコロナウィルス感染の影響により、主には出場資格をもった各国エイジグループの選手たちの海外渡航が困難な状況を考慮しての変更だった。2019年大会では2日間で男女5,700人を超える参加者を数えていたが、今年はその半分となる約3,000人と大会関係者は予定している。
 一方、10月9日に開催予定だったアイアンマン世界選手権が来年2月に延期になったこともあってか、発表されたプロカテゴリーのメンバーは豪華なものとなっている。
 たとえば女子のフィールドでは、昨年のディフェンディングチャンピオンであり同70.3世界選手権を5回、そしてフルディスタンスのアイアンマン世界選手権も4度制している絶対王者、ダニエラ・リフ(スイス)や今年のアイアンマン70.3欧州選手権の覇者であるルーシー・チャールズ-バークレイ(イギリス)。さらには2016年の70.3世界チャンピオンのホリー・ローレンス(イギリス)、東京オリンピック女子トライアスロン出場のテイラー・ニブ(アメリカ)などの注目選手がずらりと並んでいる。
 ちなみに彼女らは先週末の8月28日(土)に実施された世界最高レベルの賞金レース、コリンズ・カップ(スロバキア)に出場しており、月をまたいでのビッグレースへのチャレンジとなる。チャール-バークレイはすでにヨーロッパから経由地となるアメリカ・ラスベガスに到着しており準備は万端のようだ。

今年の70.3欧州タイトルも獲得しているチャールズ-バークレイ(写真)と絶対王者といえるリフとの対決は大会ハイライトのひとつとなる

ブルンメンフェルトは今シーズンでの主役となれるか
 男子の注目はやはり東京オリンピック男子トライアスロン優勝のクリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウエー)だろう。8月にワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズのタイトルを獲得したあと、今年のアイアンマン・フィールドに目標を設定。その最初のトライアルとなる。特別招待を受けていたハワイのアイアンマン出場はお預けとなったが、ブルンメンフェルトは2019年にバーレーンで開催されたアイアンマン70.3中東選手権でも勝利を挙げており(タイトル写真)、今回優勝の最翼といえる。51.5km、ハーフアイアンマンでビッグタイトルを獲り2020年シーズンの主役に就くことになるだろうか。
 ほかオリンピック金メダリストのアリスター・ブラウンリー(イギリス)、2019年にフランスのニースで開催された70.3世界選手権覇者のグズタフ・イデン(ノルウエー)など、こちらも目が離せないレースとなるのは必須。レースの模様は下記にてライブ配信される予定なので当日、ミドルディスタンスの最高峰レースを堪能しよう。
>> アイアンマン70.3世界選手権のライブページ ※クリック

女子プロ・出場者リスト> ※抜粋

BIBLASTFIRSTCOUNTRY
101RyfDanielaCHE
102LawrenceHollyGBR
103SimmondsImogenCHE
104SodaroChelseaUSA
105Charles-BarclayLucyGBR
106Pallant-BrowneEmmaGBR
107SvenskSaraSWE
109MatthewsKatrinaGBR
110
137
Findlay
Knibb
Paula
Taylor
CAN
USA

<男子プロ・出場者リスト>

BIBLASTFIRSTCOUNTRY
1IdenGustavNOR
2BrownleeAlistairGBR
3Von BergRudyUSA
4BlummenfeltKristianNOR
5GomezJavierESP
6AppletonSamAUS
7WeissBradleyZAF
8KanuteBenUSA
9SandersLionelCAN
10ReedTimAUS

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  6. 6

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. アイアンマン世界選手権ハワイ & ニース【動画レース紹介】

  2. IMセントジョージ特集 /【動画】で見るトップ選手のレース前ウォーミングアップ

  3. 【Challenge Roth 特集】世界最大のトライアスロン大会エキスポ。チャンレンジ・ロート発信のアイテムをチェック ②

  4. ツール・ド・フランス2021特集 TTバイク速攻リポート

  5. 『 T100 』 サンフランシスコ大会が開催 /【女子レース】テイラー・ニブ。パリ五輪へ視界良好 【男子レース】同タイムで着差アリ。史上まれに見るデッドヒートに

  6. 『トリプルクラウン』クリスティアン・ブルンメンフェルトが70.3ワールドタイトルも獲得 / アイアンマン70.3世界選手権・男子プロが開催

  7. 『完全レース』再び! テイラー・ニブがアイアンマン70.3世界選手権を連覇 / プロ女子レース分析

  8. 【Harry’s Shots 2024】 全日本トライアスロン宮古島大会

  9. They are ready to battle! / DAZN でコリンズ・カップがライブ配信される!

  10. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  1. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  2. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  3. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  4. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  5. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  6. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  9. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

TOP