グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

先週末の7月23日と24日、カナダ・エドモントンでPTOカナディアン・オープンが開催された。
PTOツアー2022の開幕戦となったこのレース。今年のツアーはカナディアン・オープン、コリンズ・カップ(8月20〜21日/スロバキア・ブラチスラヴァ)、PTO・USオープン(9月17〜18日/アメリカ・ダラス)の3大会となる。

そしてカナディアン・オープンの賞金総額は男女ともそれぞれ100万ドル(約1億3,500万円)。ミドルディスタンス(スイム2km、バイク80km、ラン18km)ながら破格となる賞金レースで世界から注目を集めていた。

まず7月23日に行われた女子のレース。
前評判では、アイアンマンで女子のレコードホルダーとなったローラ・フィリップ(写真上)やホリー・ローレンス(いずれもドイツ)、地元カナダのポーラ・フィンドレー、オリンピック・デュアルメダリスト&先月のエキシビションレースでフルディスタンス8時間切りを達成したニコラ・スピリキ(スイス)などに注目が集まった。

メイン会場はエドモントンの中心地に位置するホーレラック公園で、スイムはその公園内にある貯水池を泳ぐ。

続くバイクはダウンタウンも走り抜ける20kmを4周回。ここでトップに立ったのが地元の声援の後押しを受けたポーラ・フィンドレー(写真上)だった。

バイクコースは市街地の一部も走るエキサイティングなレイアウト

しかし公園内のコースを4往復するランに入ると、今年3月のクラッシュ・マイアミを制したオーストラリアのアシュリー・ジェントル(写真下)が追い上げを見せ、7.5km地点でフィンドレーをパス。
そのまま PTOツアーの栄えある最初の勝者となった。

優勝賞金10万ドルを獲得したジェントルは、「もともとはお金のためにスポーツを始めたわけではなかったのですが、今はプロトライアスリート。だから非常に意義のある勝利でした。プロにとって、PTOが主催する総額100万ドルのレースは、間違いなく注目を集めていくでしょう」と、今後のツアーの発展を期待している。

今年限りで引退を表明しているニコラ・スピリキは10位でフィニッシュ。大きな声援を受けていた

【女子上位】
1位 Ashleigh Gentle (AUS)  3:30:54
2位 Paula Findlay (CAN)   3:33:16
3位 Chelsea Sodaro (USA)  3:34:56
4位 Laura Philipp (GER)   3:35:10
5位 Julie Derron (SUI)    3:36:18

翌日25日には男子のレースがスタート。
こちらも、クリスティアン・ブルンメンフェルト(写真上)とグスタフ・イデン(ともにノルウェー)、地元のライオネル・サンダース、アリスター・ブラウンリー(イギリス)やセバスチャン・キーンレ(ドイツ)など、注目のラインアップを見せた。

レースはバイクフィニッシュで先行したアリスター・ブラウンリー(写真上)がトップでランに移るも、脚のコンディション不良でランの練習量が積めていなかったこともあり、途中で一旦ストップ。
そのブランウンリーを横目にトップに立ったのが、ランスタート時から並走を突けていたふたりのノーウィージェン、ブルンメンフェルトとイデン(写真下)だった。

スタート前の選手紹介など昨年のコリンズカップ同様、魅せるための演出を随所に見ることができたレースだった

予想されていた盟友のデッドヒート。アイアンマン世界選手権チャンピオンとアイアンマン70.3世界選手権チャンピオンとの争いは、ほかのビッグネームの走りとも明らかにスピードが違うもだった。

しかし、その後ブルンメンフェルトも突如ストップしてしまう。大腿部にけいれんを起こしてしまったのは、それだけふたり走りが激しかったからだろう。
これによりイデンが逃げ切って優勝した。

フィニッシュ前の花道の装飾もカナダバージョンに

しかし、まわりを驚かせたのはブルンメンフェルトが再び走り出し、最大1分半あった差を27秒まで追い上げて2位に入ったこと。さながらターミネイターのようだとギャラリーを盛り上げた。

2位のブルンメンフェルトは、「あれだけのトラブルがあっての7万ドル(2位の獲得賞金)は悪くはないよね。次もがんばるよ」とのこと。
一方イデンは、「PTOが立ち上げたこのツアーレースで、多くのトッププロと争えるのは素晴らしいこと。皆が最高のパフォーマンスを見せられるよう、駆り立てられているでしょう」と、このレースの可能性に期待を寄せている。

ブルンメンフェルトのいう次とはそう、8月のコリンズカップ(スロバキア)だ。

地元エントリーとなったライオネル・サンダースは7位。今年もコリンズカップに出場してくるだろう

【男子上位】
1位 Gustav Iden (NOR)  3:10:48
2位 Kristian Blummenfelt (NOR) 3:11:15
3位 Aaron Royle (AUS)  3:14:26
4位 Sam Laidlow (FRA)  3:14:47
5位 Frederic Funk (GER) 3:14:56

完全復活を目指すセバスチャン・キーンレは納得のレースになったという。次のコリンカップではさらにコンディションを上げてくるはずだ

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  6. 6

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【4K動画レポート】スワコ エイトピークス トライアスロン2022/注目ミドル大会のコースの魅力を徹底紹介

  2. 《Hawaii 特集》チェルシー・ソダーロ / アメリカン・ニューヒロイン誕生の瞬間 〜アイアンマン・ハワイ女子プロレースレポート〜

  3. 《Hawaii 特集》10月7日、9日(日本時間未明)にアイアンマン・ハワイが開催 / ダニエラ・リフの世界選手権通算6勝なるか?(女子プロ有力選手展望)

  4. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト②

  5. アイアンマン・セントジョージ特集 / 写真で見るチャレンジングなコース。タフなバイクパートが勝負を分ける

  6. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  7. 沖縄キッズトライアスロン【動画リポート】

  8. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  9. 【動画レポート】第40回 全日本トライアスロン皆生大会

  10. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  1. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  2. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  5. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  7. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  8. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  9. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  10. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

TOP