アイアンマン世界選手権2023の男子レースはフランス・ニースで開催決定。2026年まで男女レースの舞台をハワイ&ニースで交互開催に

IM 世界選手権

1月5日。アイアンマンの主催者から今年のアイアンマン世界選手権の男子レースをフランス南東部・ニースで実施すると発表された。開催日は9月10日。
女子のレースは現行どおり10月14日にハワイ島カイルア・コナで実施される。

そして2024 年には、男子が10月26日にハワイで、女子が9月22日にニースでと開催地を入れ替えて実施。このローテーション(交互開催)は 2026 年まで続くこともあわせて発表。昨年11月末に男女レースの開催地を別にするというアナウンスがあり、トライアスロン界に大きなインパクトを与えたがその全容が明らかになった。

ニースのバイクコース。幾度となく自転車レースのステージにもなっている起伏の大きい山岳ルートだ photo by Jan Hetfleisch, Getty Images for IRONMAN

同地では2005年からアイアンマンが行われており(現在はアイアンマン70.3と併催)、さらには2019年にはアイアンマン70.3世界選手権が実施。昨年5月、初めて世界選手権として開催されたアメリカ•ユタ州セントジョージと似通ったプロフィールという見方もできる。
そして何よりもニースという街はスポーツイベントに関しての理解度が非常に高い。

毎年3月には世界トップランクのサイクルロードレース『パリ〜ニース(写真上)』が実施されており、近年では2020年ツール・ド・フランスのグランド・スタート地点にも選ばれている。
さらには、2024年ツールの最終ステージ・フィニッシュをニースで行うと昨年末発表され、自転車界からも大きな注目を集めていた。
まさにワールド・イベント開催地としては申し分のないロケーションといえるだろう。

ニースの人気モニュメントをバックに。写真中央はアイアンマン世界選手権8勝のレジェンド、ポーラ・ニュービー-フレイザー。左がアイアンマン・グループCEOのアンドリュー・メシック氏 photo by Tulio M Puglia, Getty Images for IRONMAN

昨年、初めてハワイ島コナで2日間(10月6、8日)開催された同レース。その形式が踏襲されることは早々にアナウンスされていたが、今回の変更発表により世界各国で行われるアイアンマン・レースが有する世界選手権へのスロット(出場枠)の割り当てが見直されている。

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

  10. 10

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 《Hawaii 特集》アイアンマン・ハワイ / プロ選手レース記者会見【動画レポート】

  2. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  3. 歴史の継承。【IMニース世界選手権2023・レビュー】

  4. アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  5. 【Challenge Roth 特集】“チャレンジ・ロート” 動画レースダイジェスト

  6. 【ミヤヅカの提言】理想的フォーマットだった今年の宮古島大会 / “宮塚英也のトライアスロン EYE”

  7. ヤーン・フロデーノが帰ってくる。ラストイヤーで完全復活なるか / 6月のドイツでロング・トップの豪華共演

  8. 【Challenge Roth 特集】チャレンジ・ロート2023 のトップ選手会見が開催 /「世界でこんなトライアスロンはないと思う」(マグナス・ディトレフ)

  9. 22歳のボーゲンがIM70.3世界選手権の史上最年少チャンピオンに輝く / 男子プロの表彰台はドイツ勢が独占

  10. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク② 〜セバスチャン・キーンレ & スコット・PLASMA 6 編〜

  1. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  2. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  3. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  4. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  5. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  6. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  7. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  9. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  10. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

TOP