2月18日に誕生45周年を迎えるアイアンマン /“Celebrating 45 Years of IRONMAN”

IRONMAN

ハワイのオアフ島で最初のアイアンマンが実施されたのが1978年2月18日。つまり今年でアイアンマンが誕生して45年目を迎える。
スイマー、サイクリスト、ランナー。誰が一番優れたアスリートかを決めようと、酒場での議論から始まったとされるアイアンマンの逸話。トライアスリートにとってあまりに有名な話だが、このときに行われた2.4マイルのスイム、112マイルのバイク、そしてラン26.2マイルの合計140.6マイルのレースを12人が完走し、アイアンマンの歴史がスタートしたわけだ。

写真は1979年(第2回)大会のときのもの(左は男子優勝のトム・ウォーレン)。この年から初めて女性アスリートがレースに参加している。タイトルにある写真のライダーは第1回、2回大会で2位に入ったジョン・ダンバー(左)

1980年までオアフ島で実施されたレースは、ホノルルでの交通影響などにより81年から舞台をハワイ島へ移行。約40年間アイアンマンの聖地として、参加者各々のドラマ、ストーリーの舞台となってきた。
そして今シーズン、シリーズの頂点となるアイアンマン世界選手権は、ハワイとフランス・ニースとで分割開催されることが決定。この座組は2026年まで続き、新たな歴史を刻んでいくこととなる。
先にある50年目にはどのような未来が待っているのだろうか。

2022年プロ女子のレースを征したチェルシー・ソダーロ。今年10月のハワイは女性アスリートの舞台となる

そして、現在シリーズレースを運営するアイアンマン・グループは、記念の日に向けて “Celebrating 45 Years of IRONMAN” として2月13日(月)より大会スポンサーでもある EKOI、HOKA、Wahoo などの商品を抽選で毎日45人にプレゼントする企画を発表している。
最終日となる2月18日には、IRONMAN または IRONMAN70.3大会への出場資格を含むスペシャルパック(グッズ、アイアンマン・ストアーでの1,000ドル分購入権など)を用意するとのこと。<2月13日〜17日までの日替り賞品は下記>

DateDaily Prizes ✕ 45人
2/13Santini トライスーツ
2/14EKOI エアロヘルメット 
2/15HOKA Rincon 3 Sneakers 
2/16FulGaz 1年会員 
2/172023 IRONMAN or IRONMAN70.3の出場資格

抽選は、2023年のアイアンマン、アイアンマン70.3、あるいは5150レースにエントリーしているアスリートに対してランダムに行われるという。大会プロモーションの一環でもあるのだろうが、詳細は下記にて確認できるので興味ある方はチェックを。
>> Celebrating 45 Years of IRONMAN ※リンク

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 《Hawaii 特集》アイアンマン・ハワイ / プロ選手レース記者会見【動画レポート】

  2. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

  3. 水郷潮来トライアスロン2020【動画リポート】

  4. ヨーロッパ発のトライスーツ特集 / アイアンマン世界選手権ニース で見た欧州先端ウエア 〜エキスポ編 ②〜

  5. 【Harry’s Shots 2024】 全日本トライアスロン宮古島大会

  6. アイアンマン70.3世界選手権がフィンランド・ラハティで開催 / 8月26日 13:30 からプロ女子、27日 13:30からプロ男子がスタート(日本時間)

  7. 【Harry’s Shots】ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ 横浜2023

  8. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  9. IMセントジョージ特集 / 注目選手⑤ 【動画】で見るキャメロン・ワーフ & ピナレロ・BOLIDE TR +

  10. 22歳のボーゲンがIM70.3世界選手権の史上最年少チャンピオンに輝く / 男子プロの表彰台はドイツ勢が独占

  1. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  7. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  8. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  9. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  10. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

TOP