【プロダクツ】躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

    バイクプロダクツにおいてトライアスロン界でも圧倒的なシェアを誇るシマノ。革新的な機能、そして抜群の信頼性を誇る数々のプロダクツが代名詞ともいえる日本の自転車パーツメーカーは今年、創業100周年を迎えた。トライアスロンバイクでは近年のバイクトレンドのひとつ、ブレーキのディスク化でもシマノのアドバンテージが大きいのは周知のとおり。サーヴェロはフラッグシップモデルとなるP5などにいちはやく導入、今シーズンから本格展開しているキャニオン、スコットの新たなトライアスロンモデルもシマノ製ディスクを標準装備する。

    今やツール・ド・フランスでのシマノ・コンポーネンツの使用率は群を抜いているといえる

    ヨーロッパのサイクルシーンでも注目度は加速している。そのひとつの理由が、フランスのA.S.O.(アモル・スポル・オルガニザシオン)が主催するすべてのレースのニュートラルサポートを今年からシマノが担っている点だ。これには世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャ、そしてパリ〜ルーベといった数多くのメジャーレースが含まれている。
    サイクルロードレースにおけるニュートラルサポートとは、競技者すべてに中立の立場でサービスを提供することで通常、ホイールなどのパーツを積んだ自動車やオートバイがレースに帯同して行う。前出のツール・ド・フランスを筆頭とした欧州メジャーロードレースでは長年マヴィックが務めてきており、TV放送で黄色い車両が随行するシーンをイメージする人も多いのではないだろうか。そのマヴィックはフランスに本社を置くメーカー。ある意味お膝元といえるのだが、それが日本メーカーにスイッチしているというわけだ。多様性といった世界的な流れを見ると取り立てて騒ぐニュースではないのかもしれないが、今年108回の実施を数え、サイクルロードレース界でもっとも権威があるグランツールのひとつ、ツール・ド・フランスで青いシマノの車両が駆け抜けるということは、やはりインパクトは大きい。実際のところ2020年のツール・ド・フランスを見てみると、出場全22チームのうち実に13チームがシマノをメインコンポーネンツに採用している点も見逃せないだろう。
    いよいよ6月26日に開幕を迎える今年のツール・ド・フランスに、シマノがどのようなコンポーネンツを投入してくるのか? またTTバイクに新たなムーブメントを起こすのか? 今後も目が離せないシーズンとなりそうだ。

    チーム&メカニックカーなどレースに随行する車列に今年はブルーのサポートカーが加わる(写真上)

    昨年のツール・ド・フランスのコース上風景。長年、欧州主要レースの顔にもなっていたマヴィックのニュートラルサポートカー

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    2. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    3. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    4. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    5. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    6. 編集日記 〜劇的な再会〜

    7. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    8. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    9. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    10. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP