ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

TDF for Triathlete

 いよいよ2021年のツール・ド・フランスが開幕した。
今年のコースはフランス北西に位置するブレストからスタートし、国内を斜めに横断するかたちでアルプスへ。アルベールヴィルでの休息日を挟み南部の国境線沿いをなぞるように進んでピレネーに入り、アンドラ公国での二度目の休息日を経て一気に北上。ボルドー、そしてパリへと帰ってくる全21ステージ、3,414kmだ。

 最長となるワンデイの距離は第7ステージの249.1km。最高到達点は第15ステージ後半のアンドラの山岳ポイントで標高なんと2,408kmだ。そんな世界最大のサイクルロードレースを追う(応援する)人たちの規模や数、そして地域さまざまな熱狂度は半端ではない。この初夏のフランスの祭典を盛り上げる観客・応援者たちの観戦スタイルを、これまでに出会った人たちを交えて紹介しよう。

 まずは一昨年前のこと。フランス南部のニームに向かう高速のドライブウエイでパソコンを開いていると、かわいい男の子が声をかけてきた(フランス語なのでもちろん分からない)。4人掛けのテーブルを使っていたので、席を譲ってくれない? と言っているのかと思っていたら、あとからお父さんが来て「ニームに向かうのか?」と問いかけてきた。どうやらこの子、筆者が首にかけていたIDパスを見て「ツールの人なの?」と興味を示してくれていたらしい。聞くと、このファミリーはリヨンの隣にあるサンテティエンヌから同じくニームに向けて移動中なのだという。行程にすると約250km。もちろんレースを現地で見るためだけにだ。
 こういった観戦のための民族大移動が毎年変わるルートによって、いろいろな地域で起こっているわけだ。親の意向はもちろん、子どもたち主導で見に行きたいというパターンも多くあるようで、沿道で親子そろって観戦しているファミリー姿が多いのもうなづける。

ドライブウエイで会ったちびっ子ツールファン。胸にあるTシャツのマークは地元サッカークラブのサンテティエンヌのウエアとのこと。スポーツが大好きなんだね

 応援スタイルといえば、最大名物のひとつがピレネーやアルプス山岳ステージでの熱狂的なグルーピーだ。特等席をとるために数日前からキャンピングカーで寝泊まりする多数のファンがいるというのは有名な話。また車の交通規制が厳しいので、レース当日は皆自転車でコースを上って観戦にやってくる。その風景はまるで何か別のレースが行われているかのようで壮観だ。

一昨年、ガリビエ峠に向かうステージ前日で同じ宿舎だった粋なシニアサイクリスト。これから観戦のために標高2,000m超を上るという

 プレスのパスを首にかけていると良く声をかけられることのひとつに、「俺を(あるいは私を)撮れ」というリクエストがある。なんか気弱で断ることができなさそうに見えるからか筆者は本当に多い。自分が雑誌、あるいはウェブに載るんじゃないかと思っているのかもしれないが、中には酔っ払っている人もいるので、こちらとしては時と場合によって対応を変えている。
 さらに、たまにあるのが取材車両と知ってか「車に乗せてくれないか?」という要望。いわゆるヒッチハイク感覚なのだろうが、さすがにそれは断るしかない。
 とにかくツールは3週間も続く行程だから毎回何かが起こる。本当にいろいろな人たちの出会いがあり、体験ができるのがこのレースの魅力のひとつなのだろう。彼ら応援者はツールを支えるもう“ひとつの主役”。今年も、テレビには映らないレースの裏側の人たちの様々なストーリーがスタートした。

(写真上)アルプス・ガリビエ峠で「帰りに車に乗せて」と声をかけられたグループ。さすがにそれはできないので記念写真だけで勘弁いただいた (写真下)「とにかく写真を撮れ」と言われ撮ったこれまでカットの中のふたつ

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. 【4K動画レポート】スワコ エイトピークス トライアスロン2022/注目ミドル大会のコースの魅力を徹底紹介

  2. 世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  3. 【Harry’s Shots 2024】 全日本トライアスロン宮古島大会 〜レース前日編〜

  4. 『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

  5. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  6. 【Harry’s Shots】 全日本トライアスロン宮古島大会

  7. 宮塚英也のトライアスロン“EYE”/ ますます高速化するアイアンマン。最速ライディングフォーム&走りを解析する

  8. BMCの新型トライアスロンバイク “Speedmachine(スピードマシーン)” 登場 / マックス・ニューマン、アリスター・ブランリーが駆る! 

  9. アイアンマン世界選手権2023の男子レースはフランス・ニースで開催決定。2026年まで男女レースの舞台をハワイ&ニースで交互開催に

  10. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  1. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  2. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  3. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  4. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  5. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  6. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  7. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  9. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  10. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

TOP