2023年のアイアンマン70.3世界選手権はフィンランドで開催

少々気の早い話かもしれないが、2023年のアイアンマン70.3世界選手権が8月26、27日にフィンランドのラハティで実施されるとアナウンスされた。 ラハティは、EU(欧州連合)の最北&最東端の首都であるヘルシンキの北東約100kmに位置する都市。EUから2021ヨーロッパグリーン首都賞を受賞するなど、いわゆるカーボンニュートラルを標榜してきたフィンランド随一のグリーン都市としても注目を集めている。
2019年にフランス・ニースで実施されたあと、アイアンマン・ハワイと同様2020年大会は実施されなかった70.3世界選手権。2021年はアメリカ・ユタ州(セントジョージ/2021年9月17、18日)、2022年はニュージーランドのタウポ(2022年12月10、11日)と予定されていたカレンダーに、再びヨーロッパの都市が掲載されることになった。

ラハティではこれまでに7回のFISノルディックスキーワールドカップが開催されるなど、元来スポーツの街としても知られており、アイアンマングループの社長兼最高経営責任者であるアンドリュー・メシック氏は「「2023年のこのイベントでフィンランドとその豊かなスポーツの歴史、そして美しい風景を世界に紹介できることは、私たちの大きな喜びでもあります」とコメント。そのことばどおり、数多くの湖に隣接した自然豊かなロケーションでレースは予定されている。
新型コロナウィルスの影響でまだまだ先が見通しにくい世界のトライスロン界にとっても明るいニュースとなるはずだ。

【大会告知動画】

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  2. 最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  3. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  4. トライアスリートのためのTDF / ヨナス・ヴィンゲゴーのマイヨジョーヌ獲得をアシストしたサーヴェロ・新型 S5

  5. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  6. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  7. 世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  8. IMセントジョージ特集 / 注目選手⑤ 【動画】で見るキャメロン・ワーフ & ピナレロ・BOLIDE TR +

  9. 編集日記 〜劇的な再会〜

  10. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編①】 ファクター・HANZO / フルームが魅せる新型TTモデル

  1. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  2. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  3. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  4. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  5. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  6. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  7. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  8. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  9. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  10. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

TOP