いよいよ2021フルディスタンス・アイアンマンがNZからスタート

    当初予定の3月6日から新型コロナウイルスの影響で延期となっていたアイアンマン・ニュージーランドが3月27日、3週間遅れて開催された。1985年にオークランドでスタートし、99年に北島中部のタウポに場所を移して開催し続けられているアイアンマンNZ。今回、異例ともいえる対策が施されたわけだが、オリジナル・アイアンマンのひとつともいえる大会オーガナイザーの熱意がレースを完遂。2021シーズンに明るい光をもたらしてくれた。
    この記念すべきアイアンマンを制したのは男子がブレイデン・カリー、女子がハンナ・ウェルズ。ニュージランドもいまだ厳しい入国制限が敷かれ、プロ参加者は自国選手のみとなったが優勝タイムが男子7時間57分12秒、女子9時間01分49秒といずれも高速レースとなった。
    自身初のアイアンマンで勝利を納めたハンナ・ウェルズは、今回の難しい国内情勢の中、レースを成立させたオーガナイザーに感謝の意を述べた。「この意味は非常に大きいです。このコロナ渦でもフレキシブルに対応し続けてきた大会主催者、そして私のスポンサーと家族にありがとうといいたいです」(ウェルズ)

    スイム2位フィニッシュからバイクでトップに立ち圧勝したウェルズは今後のアイアンマンシーンでも注目される存在になっていくだろう

    バイク終了時にトップ3人が秒単位のトランジションを経るという接戦となった男子は、ランニングで地力を見せたブレイデン・カリーが優勝。
    「厳しいレースになるだろうと思っていました。ランではとにかく自分のペースを保とうと。そして30km地点で歯を食いしばり、テンポを上げていったんです」(カリー/表彰台写真の中央)
    「本当にタフなレースでした。今後もアイアンマンはますますタフになっていくでしょう」と、優勝タイムが表すように激しい争いとなった。
    なお日本でも人気のキャメロン・ブラウンが8位を獲得している点にも注目しておきたい。
    このアイアンマン・シリーズのバトンはニュージランド大会に続き、5月2日のオーストラリア(ニューサウスウェールズ州・ポートマッカリー)へと引き継がれていく。

    【男子プロ結果】
    1.Braden Currie        NZL 7:57:12
    2.Mike Phillips          NZL 8:06:38
    3.Kyle Smith             NZL 8:08:53
    4.Jack Moody            NZL 8:18:23
    5.Ben Phillips            NZL 8:19:59
    6.Simon Cochrane     NZL 8:24:39
    7.Lucas Duross          NZL 8:51:26
    8.Cameron Brown     NZL 8:58:47
    【女子プロ結果】
    1.Hannah Wells         NZL 9:01:49
    2.Rebecca Clarke       NZL 9:15:38
    3.Emily McNaughtan NZL 9:38:42
    4.Melanie Burke       NZL 10:05:12

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    2. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    3. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    4. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    5. 編集日記 〜劇的な再会〜

    6. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    8. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    9. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    10. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP