【 IM世界選手権ハワイ】チーム “ソダーロ”。挑戦の第二章 / ハワイ注目選手 ②

IM 世界選手権

昨年10月のアイアンマン・ハワイのあと、とりまく環境が最も変わったアスリートといえるのがチェルシー・ソダーロだろう。

フルディスタンス2戦目にしてハワイ初出場だった彼女は、レース前までは有力選手に挙げられることもなかった。しかし、本番ではランパートでのドラマティックな逆転劇でワールドチャンピオンのタイトルを獲得。出産から1年半後での優勝パフォーマンスにも大きな注目が集まったことは記憶に新しい。(※写真をタップするとフルサイズで見られます)

今年4月のアイアンマン70.3オーシャンサイドにて。愛娘のスカイとはレース会場でもいつも一緒だ

オフを経て彼女はバイクやウエア、シューズ、ニュートリションなど多くのメーカー、スポンサーと新たに契約してシーズンに挑んできている。 
それはすなわち、今まで以上に注目を集め、結果を求められる立場になったことを意味している。レース会場では必ずメディア対応に追われるなど、感じるプレッシャーも以前とは比べ物にならないはず。

チェルシーの2023シーズンはこれまでとは違った景色でのスタートとなっている。

6月に行われたチャレンジ・ロートのバイクチェックイン。2023シーズンのニューバイクにも注目は集まる

期待をかけられ、結果を残し続けるーー。
シンプルな表現ではあるが、プロとして求められるタスクであり難しさだ。これを乗り越えた者のみがプロアスリートのトップとしての地平を切り開いていくことができる。

一方で今年の彼女のリザルを並べて見ると、
・4月1日/アイアンマン70.3オーシャンサイド → 2位
・5月6日/PTOヨーロピアン・オープン(ミドル)→ リタイア
・6月25日/チャレンジ・ロート → リタイア
・8月19日/PTOアジアン・オープン → 3位(写真下)
と決して満足といえる結果を残せているわけではなかった。PTOアジアン・オープンのフィニッシュ時の表情(タイトル写真)は、そういった心境も表していたのかもしれない。

しかし、過程がどうであれチェルシーのこの競技、そしてレースに臨む姿勢には一貫してブレないものがある。
それは女性として、母親として、自身の競技キャリアを高め続けていくこと。そして、女性アスリートのスポーツでの活躍の場、可能性をさらに広げていくフロントランナーとしての歩みを止めないこと。

そんな中、彼女は今年4月1日に行われたアイアンマン70.3オーシャンサイドのレース前に、獲得した賞金を、銃や暴力から家庭を守るために活動する公共安全機関に寄付すると発表(獲得賞金は5,000ドルだった)。自身のポリシーを様々なかたちで表現している。

スポーツを追求し、母親としての役割を同時に担える環境は、適切なサポートがあれば誰も得ることができる。すべての女性たちにはその時間と空間を得る権利があることを知ってほしい、と発信し続けているチェルシー。

そんな彼女がレースで最も望むのは、家族のため、愛娘スカイのため、さらにはチェルシーの競技活動を支え続けるスタッフたちのために、与えられた舞台で最高のリザルトを残すことだ。
その次なるクライマックスはもうすぐ。
“チーム・ソダーロ” の新たな挑戦がスタートする。

〜チェルシー・ソダーロの決戦バイク〜
【キャニオン/Speedmax CFR】

今シーズンからキャニオンへとスイッチしたモデルはもちろん Speedmax CFR。ヤーン・フロデーノやパトリック・ランゲといったロングのトップ選手を中心に活躍するファストバイクで、彼女のほか、2023年に新たにサポートを受けるアスリート も多い。

写真は今年6月25日にドイツで実施されたチャレンジ・ロート時のもの。
特徴としては、多くのロング・トップ選手がノウハウ提供を受ける SWISS SIDE(スイスサイド)の、ポジショニングやアタッチメント・セッティングを反映させている点だ。

ホイールには、その SWISS SIDE とつながりの深い DTスイス の『ARC 1100 DICUT(フロント/ディープリム、リア/ディスク)』をメインに使用。
そして、ドイツ・ロートで彼女が使用した唯一無二のパーツがディレイラー。見ての通り、セラミックスピード・OSPWディレイラーのカバーにスカイ&チェルシーが描かれており、彼女の足元に大きなパワーを与えていた。

そして、ハワイでは特別仕様(カラーリングなど/写真下)のモデルが登場。ウエアも統一されたデザインのものが用意され、そのパフォーマンスともにハワイのコースに映える存在となるだろう。

※チェルシー・ソダーロのインスタグラムより

>> アイアンマン世界選手権ハワイ&ニース の特集ページ ※リンク

>> 2022年アイアンマン世界選手権/チェルシー・ソダーロのコラム

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  2. 賞金総額 “4億円” のシリーズ戦。2022シーズンの新基軸に加わる注目の “PTOツアー”

  3. 『トリプルクラウン』クリスティアン・ブルンメンフェルトが70.3ワールドタイトルも獲得 / アイアンマン70.3世界選手権・男子プロが開催

  4. 【IMニース世界選手権・特集】 IRONMAN Village・大会エキスポ探索 ① 〜アイアンマン・グッズ編〜

  5. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト①

  6. レースの原風景 ~ the origin ~/ PTOヨーロピアン・オープン2023

  7. 水郷潮来トライアスロン2020【動画リポート】

  8. 【Challenge Roth 特集】チャレンジ・ロート2023 のトップ選手会見が開催 /「世界でこんなトライアスロンはないと思う」(マグナス・ディトレフ)

  9. 【コリンズ・カップ特集】五輪メダリスト5名 vs. アイアンマン世界選手権覇者4名 vs. 70.3世界選手権チャンプ3名 / 規格外の “コリンズ・カップ 2022” が開催

  10. They are ready to battle! / DAZN でコリンズ・カップがライブ配信される!

  1. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  4. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  5. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  6. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  7. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  9. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  10. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

TOP