【プロダクツ】ツール・ド・フランス注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

     KTMというブランドをご存知だろうか? 世界的に知られているのはモーターサイクル・プロダクツで、オートバイレーシングの世界選手権である Moto GP グランプリにも参戦し、近年トップカテゴリーで躍進中。またモトクロス、ラリーなどのオフロードレーシングにも精力的にバイクを投入する傍ら、バリエーション豊かな市販モデルを展開しているオーストリアのメーカーだ。
     そのプロダクツにBICYCLEラインがあることは、日本では一般的にはあまり知られていないと思われるが、欧州では言わずと知れた自転車メーカーでもあるのだ。このコラムのタイトルに「新興」と冠してしまたが、あくまで日本からの目線ということで本来、自転車でも長い歴史をもつ。一方、昨年からツール・ド・フランスに参戦している BB ホテルズ P/B KTM が同社のモデルを採用していることから、注目している人もいるだろう。
     そのラインアップにはロードバイクだけでなくe-バイク、マウンテンバイク、シティバイクなど数多くのカテゴリー&モデルがあり、そこにはTTバイク、さらにはトライアスロンバイクも含まれている。これは気にならないわけがない。

    今後チェックしておきたい『SWISS SIDE

     そして今回のツール・ド・フランス(TDF)の第5ステージ、個人タイムトライアルで BB ホテルズ が導入したのが KTM/TEAM TT だ。外見の印象としてはきわめてバランスのとれたコンパクトなフレームレイアウト、そしてスペーサーの使用によるDHバーの高さ調節が容易な点など。ただ一般向けとしてはフレームセット販売のみなので、これ(スペーサー使用)はチームの独自アッセンブルだろう。

    シマノのコンポーネンツ+チーム独自のパーツアッセンブルが目立った

     コンポーネンツのメインはシマノだが、クランクまわりはフルスピードアヘッド、ペダルはルックなどチーム独自のアッセンブルが見てとれる。またディスクローターもシマノのロードモデル用ではなく、選手によってはリムブレーキ仕様もいた。

    ホイールやブレーキシステムなど各選手の好みが優先されていたようだ

     注目すべきはホイール。DTスイスがメインなのだが、よく見るとホイールの縁に「エアロダイナミクス by SWISS SIDE(スイスサイド)」とある。このスイスサイド社とはF1の元エンジニアが創設したメーカー。最先端の風洞実験やコンピュターでの流体解析を駆使し、とことんエアロダイナミクスを追求したプロダクツの製作やテクノロジーの供給を行っている。トライアスロンではアイアンマン・ハワイの優勝経験をもつパトリック・ランゲが採用していることでも有名だ。

    ホイールの縁に「SWISS SIDE」とのコラボレーションを示すロゴが見られる

     また、このTTラインアップにはシート角度が立ったトライアスロン専用モデルも用意されている。
     とはいえ、残念ながらKTMの自転車自体が国内での取扱がないのが現状だが、今後海外のアイアンマン・シーンなどでトップトライアスリートが利用する姿を見ることができるかもしれない。

    >> ツール・ド・フランス2020 TTバイクリポート

    >>ツール・ド・フランス2021 TTバイクリポート

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    2. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    3. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    4. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    5. 編集日記 〜劇的な再会〜

    6. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    7. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    8. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    9. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    10. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP