トライアスロンのグラミー賞 “GTA ’s” が開催 / ニナー賢治がルーキーオブザイヤー・アスリートにノミネート!

海外レース情報

トライアスロン界の新たな試みがスタートする。
グローバル・トライアスロン・アワード(GTA ’s)。今週末、1月20日(日本時間21日/土曜日)にフランス・ニースで開催されるセレモニーだ。

2022シーズンに最も活躍したトライアスリートを表彰。さらにはルーキー・アスリートや、競技発展に貢献して殿堂入りとなる関係者や組織、また優れた機能・話題性を提供したベスト・プロダクツ部門(バイク、スイムギア、サプリメントなど)なども設けられている。

距離や種目関係なく2022年活躍したアスリートすべてが表彰の対象に。ワールドトライアスロン・チャンピオンシップシリーズ、スーパーリーグ・トライアスロンなどで活躍したジョージア・テイラー – ブラウンももちろんノミネート

アスリート部門で注目すべきは、距離、種目を問わず “今年一番” の選手を決めようというガイドラインだ。
オリンピアン、アイアンマン、パラアスリート、ロングディスタンスやショート、エクステラなどなど、トライアスロン界を形成するすべてのジャンル、競技者が表彰の対象。
これとあわせてコミュニティ全体の発展も大きな目標に掲げたセレモニーになるという。

そんなグローバル性を裏付けるように、イベントパートナーとしてワールド・トライアスロン、スーパーリーグ・トライアスロン、PTO(Professional Triathletes Organization)などの団体や機関、そしてプロダクト・メーカーが名を連ねている。
まさにトライアスロン界のグラミー賞と表現できるだろうか。

グローバル・トライアスロン・アワードの会場はフランス有数のリゾート地・ニースにある五つ星ホテル、ハイアットリージェンシー・ニースだ

各賞の選出方法は、一般投票(公募)をもとに選手・メーカーなどをノミネート。そして評議員としてティム・ドン(ITU世界選手権優勝、オリンピック3度出場)などの元選手やトライアスロン識者が参加し、1月20日のセレモニーで最終ジャッジするという流れになる。

たとえば、ベスト女性トライアスリートのノミネートには、

・フローラ・ダフィ(東京五輪・個人金メダル/写真上・先頭)

・チェルシー・ソダーロ(2022アイアンマン・ハワイ優勝)

・ルーシー・チャールズ – バークレー(WTロングディスタンス世界選手権優勝、ハワイ2位)

・アシュリー・ジェントル(PTOツアー2勝)
・ジョージア・テイラー – ブラウン(スパーリーグ・シリーズチャンピオン、東京五輪・個人銀メダル)
がラインアップしている。

男子に目を向けると、ヘイデン・ワイルド(写真上)、グスタフ・イデン、クリスティアン・ブルンメンフェルト、アレックス・イー(下)など、こちらも2022年の顔といっていいアスリートたちの名が並ぶ。

これらの中から、
1)世界レベルのチャンピオン・イベントで少なくとも年間3回の表彰台を獲得している
2)本人がトライアスロン発展のためのアンバサダーとしてどれくらい活躍したか
をそれぞれ50%の要素として、評議員たちが総合的に判断・選出するという。

日本人アスリートも選考対象に
さて、そんな数ある賞の中で特筆すべきは、ルーキーオブザイヤーのアスリートにニナー賢治選手がノミネートされていることだ。

彼のほかを見ると、
・サム・レイドロー(アイアンマン・ハワイ2位/写真下)

・チェルシー・ソダーロ
・コナー・ベントレー(WTチャンピオンシップ・ファイナル・U21/1位)
など、そうそうたるメンバーの中に名を連ねている点にも大いに注目が集まるところだ。

セレモニーの進行役には、スーパーリーグ・トライアスロンのコメンテイターなどを務めるウィル・マクロイ、そしてスペシャルゲストとしてマラソン元世界記録保持者、ロンドンマラソン3度優勝のポーラ・ラドクリフを迎えるという華やかさ。

初開催、そしてオフトレーニングの最中ということもあり、ノミネートされた選手すべてが現地に足を運ぶというわけにはいかないだろう。しかし一方で、セレモニー翌日には現地でクリスティアン・ブルンメンフェルトやサム・レイドロー、アンネ・ハウク(アイアンマン・ハワイ3位)などを交えたブレックファストランなどが予定されているようだ。

そんなイベントも控えた注目のセレモニー、グローバル・トライアスロン・アワードは、一体どのような歴史を刻むのか。その模様はストリーミングでライブ配信されるのでぜひともチェックしてみよう。

【ライブストリーミング・サイト】 ※日本時刻/1月21日・午前4時セレモニー開始
>> face book Live 
>> TriathlonLIVE.tv ※いずれもリンク

グローバル・トライアスロン・アワード(GTA ’s)の HP】 ※リンク


関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  5. 5

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  6. 6

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  7. 7

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  10. 10

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

おすすめ記事 過去の記事
  1. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  2. 編集日記 〜劇的な再会〜

  3. ツール・ド・フランス2021特集 バイクシェア1位。キャニオンの新モデルに注目 <キャニオン/エアロードCFR Disc>

  4. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

  5. 【コリンズ・カップ特集】五輪メダリスト5名 vs. アイアンマン世界選手権覇者4名 vs. 70.3世界選手権チャンプ3名 / 規格外の “コリンズ・カップ 2022” が開催

  6. IMセントジョージ特集 / 注目選手④ 〜クリスティアン・ブルメンフェルト & グスタフ・イデン/ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO 編〜

  7. 《Hawaii 特集》ダニエラ・リフ / シーズン・マネジメントの集大成を 〜アイアンマン・ハワイ最有力アスリート紹介〜

  8. They are ready to battle! / DAZN でコリンズ・カップがライブ配信される!

  9. 【BOULDER】オープンウォータースイムゴーグル 〜レースに特化したデザインが魅力〜

  10. ブルンメンフェルトがアイアンマン70.3世界選手権に出場 / ノーウィージェン・デュオの熱戦再び

  1. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  2. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  3. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  4. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  5. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  6. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

  9. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  10. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

TOP