ダフィ、ブルンメンフェルトがアイアンマン世界選手権の特別招待を受ける

     アイアンマンの主催者は8月6日、フローラ・ダフィ(バミューダ)とクリスティアン・ブルメンフェルト(ノルウェー)の東京2020オリンピック金メダリストふたりを、今年10月9日に行われるアイアンマン世界選手権に特別招待すると発表した。
     ブルンメンフェルトは東京五輪が終わったあと、彼のもうひとつの大きなミッションであるアイアンマン世界選手権制覇を目指すというコメントを残している。そしてブルンメンフェルトとダフィは当初、9月にアメリカ・ユタ州セントジョージで実施されるアイアンマン70.3世界選手権もターゲットにしていたという。すでにダフィは2020年バッファローシティで開催されたアイアンマン70.3南アフリカで優勝、ブルンメンフェルトはバーレーンで開催されたアイアンマン70.3中東選手権で勝利を挙げており、セントジョージでの世界選手権の出場権は獲得していた。
     そんな中、アイアンマン主催者はこのスロットをハワイへの特別招待枠として取り扱うことに決定。今回の発表となったわけだ。

    2020年に開催されたアイアンマン70.3南アフリカで優勝しているダフィはハワイへの出場権も獲得した ©Chris Hitchcock for IRONMA

    「男女ふたりのオリンピック金メダリストの揃い踏み。ショートディスタンスからロングディスタンスへの挑戦。今回のふたりのビッグチャレンジは、ショートのトップレースも含めたトライアスロン全体の発展にも大きな役割を果たすでしょう」とアイアンマン主催者は期待を表している。
     今回の突然の発表にまだふたりの公式コメントは発せられていないが、このアイアンマン主催者のオフィシャル・リリースは両者合意の下であることが前提なのはいうまでもないだろう。

    東京五輪後のブルンメンフェルトの視線の先にはハワイのフィニッシュラインがあった

     オリンピックとアイアンマンのダブル制覇は、周知のとおり現状はヤン・フロデノのみが成し遂げている偉業。女子ではオーストラリアのミケリー・ジョーンズが2000年シドニーオリンピックの銀、そして2006年にハワイで優勝というダブル・メダリストの称号をもつが、同一年で両レースを制したトライアスリートはまだいない。そもそもそういった発想はこれまでなかったといえるかもしれないが、この2名がコナのスタートラインに立つことになれば、アイアンマン70.3の実績からもそんな期待が膨らむことだろう。まさに今年10月のハワイは群雄割拠、世界のトライアスロン界が注目するスペクタクルなレースになることは間違いない。

    アイアンマン70.3中東選手権を制し、それがハワイ出場へとつながったブルンメンフェルト。コナのフィニッシュラインではどういった光景が待ち受けているか ©Getty Images for IRONMAN 

    関連記事一覧

    過去の記事ランキング

    1. 1

      ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    2. 2

      世界のアイアンマン・2021シーズンの今

    3. 3

      【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

    4. 4

      新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    5. 5

      【動画】沖縄キッズトライアスロン

    6. 6

      ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    7. 7

      ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

    8. 8

      ヤン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

    9. 9

      【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    10. 10

      ワールドトライアスロンシリーズ2021が横浜で開幕

    おすすめ記事 最新記事
    1. ツール・ド・フランス2020特集 ブレーキシステムのトレンドを追う

    2. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

    3. 【動画】水郷潮来トライアスロン2020

    4. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

    5. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

    6. ツール・ド・フランス2020特集 エアロロードという選択肢

    7. 【動画】沖縄キッズトライアスロン

    8. 編集日記 〜劇的な再会〜

    9. ツール・ド・フランス2020 <The “Race bubble”>

    10. ツール・ド・フランス2020特集  速攻TTバイクリポート

    1. トレック/新型 Speed Concept ディスク化だけではない注目のファストバイク

    2. フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

    3. 注目度を増すアイアンマン70.3。2024年の世界選手権はNZタウポで開催

    4. アイアンマン世界選手権の2022年予定を変更。2月5日⇒5月7日ユタ州へ。10月はコナで2日間開催

    5. ワールドチャンピオンシップが帰ってきた! アイアンマン70.3世界選手権が開催

    6. オープンウォーターで遊び尽くそう! 湘南ひらつかOWS&ディスタンスチャレンジ2021が10月24(日)に開催

    7. 九十九里トライアスロン2021が10月31日に延期 『レースのある日常』を牽引する大会に期待

    8. アイアンマン70.3世界選手権のスタートリストが発表される

    9. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

    10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

    TOP