編集日記 〜身体に染みついたもの〜

2020年のツール・ド・フランスにて想いに耽ったこと。
考えてみると社会人になってからずっとスポーツに携わる仕事をしてきている。いや小学校の野球に始まり中学時のサッカー(マラドーナ世代です)、その後陸上競技と子どものころかららスポーツが日常にあった。その過程の中でいくつか、心を揺さぶられる、背中を雷に打たれたような衝撃を受けた瞬間がある。
たとえばオリンピック。2004年のアテネ(トライスロン)、2008年の北京(競泳)に取材に行ったときや、2002年の日韓ワールドカップを観戦したとき。あのときはドイツ×アイルランド戦が最も印象に残っていて、アイルランドのロビー・キーンが同点ゴールを決めたときのスタジオが揺れる地響きのような歓声に鳥肌が立った。
そしてツール・ド・フランス。
世界3大スポーツはオリンピック、ワールドカップサッカー、そしてツール・ド・フランスといわれている。最近では昨年の盛り上がりもあってか、五輪、W杯サッカー、ワールドカップラグビーと称する人もいるようだが、我々の世代は断然ツール・ド・フランスだ。
それをこの目で確かめたかったことが昨年、ツールを追った理由のひとつでもあったのだが、予測をはるかに上回る圧倒の連続だった。
ツールをほかの2大イベントと比べ、フランス国内(とその周辺国)だけのレースじゃないか、と指摘する向きもいるかもしれない。しかし競技人口は本場ヨーロッパはもとよりアジア、オセアニア、北米、中南米、そしてアフリカとサッカーと同じく5大陸に渡っている。その中のトップ中のトップがフランスに集まり最高峰を目指すレース、つまり「The top of the cycle road race. The top of the cyclist」なのである。

そんなレースでは観客にも目を奪われる。老若男女、乳母車に乗せられた子どもからお爺ちゃん、お婆ちゃんまで、一瞬で通り過ぎるライダーたちを心待ちにし、3時間以上も前から沿道に陣取るのはあたり前。勝負どころとなるピレネーやアルプスでは、数日前からキャンピングカーで寝泊まりする多数のグループがいるというのは有名な話だ。そして、選手が通過する前に訪れるキャラバン隊が振る舞うスポンサーグッズやお菓子、そして一番人気であろう水玉Tシャツやサイクルキャップ(ワタシも欲しい!)を子どもに混じり大人も我が先にと無邪気に拾う姿に、ちょっと日本人にはない文化だなとも感じる。そりゃそうだ。100年以上の歴史をもつレースの中で、彼ら大人たちも幼少時に親に連れられてレースを見ていたのだから。いわば物心がつく前から自転車が身近にあり、身体に染みついているスポーツといえるのだろう。

ああ、何か筆が止まらなくなってきた。
強引なたとえになるが、野球ではワタシはタイガースファンだ。年に1,2回は甲子園に足を運んでいるが、そこには何と表現していいのか、独特の味を出している観客や、思わず笑けてしまうオッチャン、オバチャンなどが東京の球場と比べても圧倒的に多い。
そしてここでも目につくのが子どもの姿。コテコテのトラ吉オッサンに連れられてきているのだろう。ある意味、英才教育といえるが、それはスポーツのあるべき姿として間違ってはいないと思うのだ。彼ら、彼女らは生涯阪神タイガースを背負っていくのであろう。
話を戻そう。
そんなワタシの経験の中でひとつ、絶対に忘れられないレースがある。それが95年のハワイだ。一般的にハワイというとオアフ島の観光地をイメージするのだろうが、我々のハワイというのはハワイ島・コナで行われるアイアンマンのことを指す。
今から25年前、まだ編集部1年目でトライスロンの何たるかも知らない状況で目の当たりにしたハワイ。今思えばちょっと段階を飛び越し過ぎていたような気もするが、まさに子どもが、理屈を越えたとてつもないパワーをもった競技に魅了されたようなものだった。そして、大げさにいうとこの先、本気でスポーツを生業にし続けていこうと決意したレースでもあった。
その地に来年、15年ぶりに行く。さてどんな感情が湧いてくるのだろうか。

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. 世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  2. ツール・ド・フランス2021特集 トライアスリートはログリッチの足まわりに注目せよ <サーヴェロ/S5 Disc>

  3. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  4. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト②

  5. 編集日記 〜身体に染みついたもの〜

  6. 【コリンズ・カップ特集】五輪メダリスト5名 vs. アイアンマン世界選手権覇者4名 vs. 70.3世界選手権チャンプ3名 / 規格外の “コリンズ・カップ 2022” が開催

  7. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

  8. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

  9. IMセントジョージ特集 / 注目選手④ 〜クリスティアン・ブルメンフェルト & グスタフ・イデン/ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO 編〜

  10. トライアスリートのためのTDF / ヨナス・ヴィンゲゴーのマイヨジョーヌ獲得をアシストしたサーヴェロ・新型 S5

  1. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  6. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

  7. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  8. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  9. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  10. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 ブレーキシステムのトレンドを追う

TOP