ブルンメンフェルトがアイアンマン70.3世界選手権に出場 / ノーウィージェン・デュオの熱戦再び

ハワイ2022

10月8日にハワイ島コナで実施されたアイアンマン世界選手権(ハワイ)の男子プロ3位となったクリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー)が、10月28、29日にアメリカ・ユタ州セントジョージで開催されるアイアンマン70.3世界選手権に出場予定であることが分かった。

実現すれば、すでに同レース参戦を表明しているグスタフ・イデン(写真下)との最強ノーウィージェン・デュオの再戦が早くも見られることとなる。(※写真をタップするとフルサイズで見られます)

今後、両名とも2024年のパリ五輪へターゲットを絞っていく予定の中、ブルンメンフェルトは今回ハワイのレース後記者会見で、3週間後の70.3セントジョージ参戦については名言を避けていた。
しかし、ここにきての出場表明の理由については、想像の域を超えないがふたつ考えられる。

ひとつは、このあとロングディスタンスからショートへトレーニングメニューを移行していく過程の中、ミドルディスタンス参戦は、比較的マネジメントしやすいスケジューリングが可能ということ。
ハワイ後、その疲労度を考慮しても、セントジョージで十分にパフォーマンスが発揮できるという手応えを感じているのだろう。

そしてもうひとつはハワイで味わった悔しい想いが、同月末実施の70.3世界選手権へのモチベーションを掻き立てたとうことだろう。

同胞で友人でもあるグスタフ・イデンのハワイ初優勝には素直に祝福&嬉しい気持ちはあるものの、そこはお互い、個人リザルトが活動価値として明確に評価されるプロトライアスリートの世界。
「コナでのレースは素晴らしかったが、まだボクは結果に枯渇しているようだ」とその後コメントしているように、新たなるタイトル獲得に向けて2022シーズンのアクセルを緩めないつもりのようだ。

これで70.3世界選手権連覇を目指すイデン(2021年大会優勝)、ブルンメンフェルト両名とも、ハワイ島からアメリカ・メインランドへ舞台を移し、再びハイレベルなパフォーマンスで競い合うこととなる。

もちろん、セントジョージでは70.3世界選手権として多くの有力選手がズラリと名を並べるが、話題の中心はやはりこの2人になるだろう。

目が離せない女子のトップ3対決

一方で70.3世界選手権・女子のレースでは、今回ハワイ2位に入りケガからの完全復活を果たしたルーシー・チャールズ-バークレー(イギリス/写真上)、今シーズン、ミドル3度目の挑戦となる東京オリンピック金メダリストのフローラ・ダフィ(バミューダ/写真下)の直接対決に注目が集まる。
チャールズ-バークレーはハワイの疲労度、ダフィはその後母国で行われるワールドトライアスロン・チャンピオンシリーズに向けてのコンディションの関係で、出場について若干の不確定要素は考えられるが、70.3世界チャンピオン獲得への意欲はやはり並々ならぬものがあるはず。

さらには、8月のコリンズ・カップでダニエラ・リフ(スイス)に続く女子全体の2位のタイムをマークし、PTOカナディアン・オープン、USオープンを征し、今ミドルで一番実績を積み重ねているオーストラリアのアシュリー・ジェントル(写真下)との、ハイレベルな三つ巴の争いが予想される。

またチャールズ-バークレーにも70.3世界選手権連覇の期待がかかっており、いずれにせよ、アイアンマンシリーズの(70.3を含む)シーズン・クライマックスはまだまだ続くこととなる。

関連記事一覧

おすすめ記事

過去の記事ランキング

  1. 1

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  2. 2

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道。2024年9月15日(日)開催を目指し実行委員会が立ち上がる / 日本にフルディスタンスのアイアンマンが帰ってくる!

  3. 3

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  4. 4

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  5. 5

    2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  8. 8

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  9. 9

    アイアンマン ジャパン みなみ北海道 の2024年9月15日開催が正式にアナウンス / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  10. 10

    アイアンマン70.3東三河ジャパン in 渥美半島 が6月10日(土)に開催!/ 世界選手権への道(フィンランド・ラハティ)も日本から!

おすすめ記事 過去の記事
  1. コリンズ・カップ2022がキックオフ / オープニングセレモニー【動画】ダイジェスト

  2. アイアンマン世界選手権ニース 写真集 / Galerie de ONOGUCHI 〜ギャレ・ドゥ・オノグチ〜

  3. 【Harry’s Shots】 全日本トライアスロン宮古島大会 〜レース前日編〜

  4. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  5. 【IMニース世界選手権・特集】キャメロン・ワーフという異端 /『レース本番に大きな手応えを感じている』 〜 出場プロ注目選手 ② 〜

  6. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

  7. 【 IM世界選手権ハワイ】ダニエラ・リフ。孤高の道程 / ハワイ注目選手&バイク ①

  8. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク③ 〜ダニエラ・リフ & フェルト・IA 2.0 編〜

  9. アイアンマン&アイアンマン70.3のアスリーツチョイス・アワードが発表

  10. 『完全レース』 テイラー・ニブが70.3ワールドチャンピオンに / アイアンマン70.3世界選手権が開催

  1. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  2. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  3. 躍進するシマノ。今年のツール・ド・フランスにも注目

  4. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  5. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  6. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

  7. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  8. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  9. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  10. トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 エアロロードという選択肢

TOP