セントジョージに向けて視界良好か / アイアンマン・テキサスを制した男女優勝者が世界タイトルを狙う

5月の IRONMAN World Championship(セントジョージ)の2週間前に行われたアイアンマン・テキサス(4月23日)で優勝した男女が、同じく世界選手権でのビッグタイトルを狙うーー。
今シーズン、北米エリア初のフルディスタンスのアイアンマンとなるレースでは、この型破りなスケジュールに挑戦するふたりのパフォーマンスに注目が集まった。

【プロ男子】タフなスケジュールでセントジョージに挑むホフマン
男子のレースは2014年アイアンマン・ハワイ2位、2019年4位、そして同年のアイアンマン・アフリカ選手権(南アフリカ)1位などの実績を持つアメリカのベン・ホフマンが、ランで大逆転劇を演じて優勝した。先述のとおり、彼は来月7日にアメリカ・ユタ州セントジョージで行われるアイアンマン・ワールドチャンピオンシップにも出場する。
常識外れといえるかもしれないが、そんなタフなスケジューリングはホフマンも織り込み済み。2012年は同じ地で行われたアイアンマン・セントジョージで優勝しており、そのパフォーマンスに期待が集まるところだ。

優勝したホフマン(写真中央)、2位のディトリウ(同右)と3位のジャスパー・スヴェンソン(スウェーデン/同左)。ホフマンの2週間後のレースに注目しよう

2位はバイク途中までトップを快走していたマウヌス・ディトリウ(デンマーク)。不運なパンクに見舞われ順位を落とすこととなったが、集中力を切らざすホフマンと同様にランで挽回。最後は彼とのデッドヒートとなったがラスト200mで離され、勝負が決着した。
《男子リザルト》
1位 Ben Hoffman (USA)   7:57:58
2位 Magnus Ditlev (DEN)   7:58:12
3位 Jesper Svensson (SWE) 8:08:54
4位 Cody Beals (CAN)    8:09:55
5位 Tomasz Szala (POL)   8:15:38

【プロ女子】
スイムを3位でアップしたアメリカのジャスリン・マコウリー(タイトル写真)が、得意のバイクでトップに躍り出ると付いていけるライバルはおらず、ランコースに出たとき後続に7分の差をつけることに成功。そのままリードを広げ、2週間後のセントジョージに向けて幸先の良い結果をものにした。

3位に追い上げたのはランで3:02:53のトップタイムをマークしたジョアナ・ライター(スイス/写真上)。そして今季、アイアンマン70.3ジーロング、70.3オーシャンサイド大会 を経てアイアンマン初挑戦となった上田藍(リソル・稲毛インター)は、3:05:46のランラップをマークして追い上げ、7位を獲得している。
《女子リザルト》
1位 Jocelyn McCauley (USA) 8:58:13
2位 Lauren Brandon (USA)  9:10:43
3位 Joanna Ryter (SUI)    9:13:24
4位 Rachel Zilinskas (USA)  9:23:36
5位 Jen Annett (CAN)     9:25:52
7位 Ai Ueda (JPN)       9:37:27

アイアンマン・テキサスが行われたのはアメリカの南部、メキシコ湾を臨むヒューストンからほど近い計画都市のザ・ウッドランズ。
彼ら(男女優勝者)はそこから約1,200km北西に位置するセントジョージに移動し、レースに挑むこととなる。
>> IRONMAN World Championship セントジョージ特集 ※リンク

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. IMセントジョージ特集 / 宮塚英也のトライアスロン“EYE” 『今週末のアイアンマン世界選手権の注目点はここだ』

  2. ヤーン・フロデノがフルディスタンスの世界記録を更新 〜ZWIFT トライ バトル ロワイヤル〜

  3. 人類はどこまで速くなれるのか? フルディスタンスで “サブ7&サブ8” を目指すプロジェクトの意義とは

  4. トライアスリートのためのTDF【TTバイク編③】 ジャイアント・TRINITY ADVANCED PRO TT / ブルンメンフェルトがアイアンマンレコードを叩き出したファストバイク

  5. アイアンマン・セントジョージ特集 / 写真で見るチャレンジングなコース。タフなバイクパートが勝負を分ける

  6. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク③ 〜ダニエラ・リフ & フェルト・IA 2.0 編〜

  7. ツール・ド・フランス2021特集 TTバイク速攻リポート

  8. 賞金総額 “4億円” のシリーズ戦。2022シーズンの新基軸に加わる注目の “PTOツアー”

  9. 【動画特集】練習パフォーマンスを高める 簡単&速効ストレッチ

  10. 九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  1. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  2. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  3. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  4. コリンズ・カップはトライアスロンの新たな歴史を刻んだか?

  5. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  6. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  7. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク① 〜バンサン・ルイ編〜

  8. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  9. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

  10. 新しい地平を開くコリンズ・カップ。賞金総額1億6千万円のレースが開催

TOP