ヨーロッパのレースから見る世界のアイアンマン・シーン

アイアンマン・グループは10月末、欧州では18番目のアイアンマン(IM)レースとなる「アイアンマン・マヨルカ」を2021年5月15日にスペインのマヨルカ島で開催すると発表した。
地中海西部のバレアス海に位置し、冬でも温暖な気候で有名なマヨルカ島は、ヨーロッパのトライアスリートやサイクリストのオフのトレーニング地としても知られている。実はこの島では2014~16年までアイアンマンが行われていたのだが、来季は新レースとしてのスケジューリングとなる。
アイアンマン(フルディスタンス)やIM70.3など、今や世界5大陸に渡り年間で170以上を数えるシリーズレース。しかし今年は新型コロナウィルスの影響で軒並み延期、あるいは中止となっているのは周知のとおりだ。10月に入り、大陸やエリアによっては開催日やスケジュールの調整などを経て実施される大会も徐々に出てきているが、世界的に見るとまだまだ難しい状況といえる。
そんな中、来春の新しいレース開催の発表、しかもスペインをはじめ欧州全域でコロナウィルス感染が再拡大し、フランスでは全土で外出規制や都市封鎖などの政策がとられる中、11月5からエントリーを開始するという。日本では少し考えられないスタンスといえるだろう。

マヨルカ島はトライアスリートやサイクリストの練習場所としても有名だ
Photo by Bryn Lennon/Getty Images for IRONMAN

ヨーロッパでは8月末から実施されたツール・ド・フランスをはじめとする3大グランツールや、主要なクラシック・サイクルロードレースが、再調整されたスケジュールどおり開催されてきた。
しかしながら時を同じくして欧州の感染拡大も進行しており、当初予定の6月末から2カ月遅れで始まったツール・ド・フランスの現場では、レースの途中打ち切りもあり得るという雰囲気が強かったようだ。ツール・ド・フランスに関わる人は選手・メカニックや運営スタッフ、報道などを含めて約4000人といわれている。その4000人規模のイベントが23日間、しかもフランス国内を縦断しながら開催され続けたことに、奇跡と評するジャーナリストもいたくらいであった。

Photo by Bryn Lennon/Getty Images for IRONMAN

しかし現時点の欧州自転車界を見ると、スペインで行われるグランツール(Grand Tour)が国境をまたぐルートを変更し、さらには感染状況を鑑みて中止とするレースも出てきている。実際、「いまやパンデミックの中心部」となっているヨーロッパのスポーツシーンは、再び先が見えない厳しい状況に見舞われているといえる。
そんな中での新しいレースの開催発表は、アイアンマンを主戦場とする、あるいは目標とする世界のトライアスリートの不安を払拭し、この先のシリーズをとめないというアイアンマン主催者の強い意志の現れともとれるだろう。
アイアンマンのヨーロッパ・中東・アフリカ担当マネージングディレクターは、「マヨルカ大会はこの地域で18あるフルディスタンスのアイアンマンのキックオフになると同時に、欧州シーズンの幕開けの大会になる。トライアスリートに素晴らしいロケーションを提供するだろう」と自信を示す。
そんな想いの表れか、北米を中心に年内に予定されている8つの大会も開催の姿勢を変えておらず、来季、チリから始まるシリーズも募集を継続中、あるいはすでに定員に達している大会も多い。
いうまでもなくアイアンマン・シリーズは世界のトライアスロンシーンに大きなインパクトをもたらすイベントのひとつである。それだけに、今後の各国のシリーズ・レースの実施可否は、例年、春先からスタートするシーズンがまだ見通しにくい日本国内にも少なからず影響を与えるはずだ。
そういった状況を踏まえ、まずは来月(11月)以降に予定されている各国レースの動向に注目しておこう。

関連記事一覧

過去の記事ランキング

  1. 1

    トライアスリートのためのツール・ド・フランス特集2020 速攻TTバイクリポート

  2. 2

    国内大会からまたハワイへの道が開かれる日が!2023年日本でアイアンマン開催実現に期待しよう!

  3. 3

    フェルトの新型トライアスロンバイク 2022年の注目モデルをチェック

  4. 4

    世界のアイアンマン・2021シーズンの今

  5. 5

    九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  6. 6

    最速TTバイク/五輪を制した “サーヴェロ・P5” を検証する

  7. 7

    ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【前篇】/宮塚英也のトライアスロン“EYE” 〜トライアスロン・トレーニングの鉄則〜

  8. 8

    クリスティアン・ブルンメンフェルト アイアンマン・7時間21分12秒の衝撃 / 世界記録を更新

  9. 9

    ブルンメンフェルトが利用する最先端ウエアラブル・センサー “CORE” 次世代トレーニング・アイテムに注目

  10. 10

    ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク① KTM/TEAM TT

おすすめ記事 過去の記事
  1. 〜 IMセントジョージ・大会レポート① 〜 勝者の風格

  2. 九十九里トライアスロン2021【動画リポート】

  3. アイアンマン・セントジョージ特集 /3年ぶりの王座を獲得するのは誰か? 出場者リストが発表

  4. ブルンメンフェルトの強さ&速さの秘密とは?【後編】/宮塚英也のトライアスロン“EYE”  〜クリスティアンのトレーニグ改革〜

  5. 【コリンズ・カップ】レースフォト・ダイジェスト②

  6. ツール・ド・フランス2021特集 タデイ・ポガチャルのTTバイクをチェック 〜コルナゴ/K.ONE 〜

  7. IMセントジョージ特集 / 注目選手&決戦バイク③ 〜ダニエラ・リフ & フェルト・IA 2.0 編〜

  8. 【コリンズ・カップ特集】五輪メダリスト5名 vs. アイアンマン世界選手権覇者4名 vs. 70.3世界選手権チャンプ3名 / 規格外の “コリンズ・カップ 2022” が開催

  9. 【動画特集】3軸スイムの極意(指導/八尾彰一監督)

  10. ツール・ド・フランス2021特集 注目の新興TTバイク② ファクター/SLICK

  1. ツール・ド・フランス2021に見る東京五輪を走るバイク② 〜ドリアン・コニン編〜

  2. 東京五輪のコロナ対策でフォーカスすべき “Bubble (バブル)” とは?

  3. ツール・ド・フランス2021特集 2年目の『バブル』を迎える世界最大の自転車レース

  4. ツール・ド・フランス 2021に見る東京五輪を走るバイク③ 〜アレックス・イー編〜

  5. ツール・ド・フランス2021特集 レースを支える応援者は“もうひとりの主役”

  6. グスタフ・イデンとアシュリー・ジェントルがツアー開幕戦を勝利 / PTOカナディアン・オープンが開催

  7. 【動画】チーム&クラブ訪問/Team BRAVE 編(兵庫)

  8. 2023年のアイアンマン・ハワイも2日開催に。シリーズ全17大会で女性スロットを拡充

  9. 賞金総額1億3,500万円! PTOカナディアン・オープンがいよいよ開催

  10. 自転車大国フランスではトライアスロンももちろん人気

TOP